ホテヘルに来店される高齢者ってみんな年金か生活保護かな?

ホテヘルで働いていると、若い男性だけではなくシニアのお客さんもお店に来ることがあります。
若い男性はほとんどの場合サラリーマンなどで自分で稼いでいることが多いのですが、高齢者の場合は年金や生活保護を受給している方もたくさんいます。
高齢者は体力も精力も、若いお客さんとは違いますので気を使って接客をしなくてはいけません。
高齢者の方は若い男性よりも性的なサービスに対する執着が薄く、その分精神的な満足感を求める傾向があります。

この記事では、ホテヘルに来店する高齢者の方がどんな人なのか、そしてサービスをする時にはどういう扱い方をしなくてはいけないのかということをご説明します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ホテヘルに来る高齢者ってどんな人?

ホテヘルには高齢者の男性も訪れることがあります。
高齢者の方は若い男性と比べて体力も下がっていますし性欲も弱まっている傾向にあります。
ですから実は風俗業界で高齢者の方が来る可能性が最も高いのはホテヘルではなく、性感マッサージだと言われています。

マッサージ高齢者の方の場合自分が積極的に女の子を責めるというよりも、女の子にいろいろしてもらって癒されたいという方が多いのです。
もちろんホテヘルにも高齢者の方は来ますが、若いお客さんのようにガツガツ攻めて来ることは少なく、受け身な方が多いということは覚えておきましょう。
お店に高齢者の方がどれくらいくるのかというのは、土地柄によってかなり変わります。
繁華街にあるようなホテヘルでは高齢者の方が来ることはめったにありません。

一方で繁華街からちょっと離れたような住宅地が多い地域のホテヘルでは、高齢者のお客さんの割合が多くなっていきます。
お店によっては、面接の時に家は「高齢者の方が多いけど大丈夫ですか」と聞かれることもあります。
もし高齢者の方がよく来る地域のホテヘルで働く場合には、その高齢者の方がどういう人なのかということを理解しておかなくてはいけません。
自分が働いているお店に来る高齢者の方がどのタイプなのか見極めることによって、お客さんにあった対応を出来ます。

ホテヘル高齢者の方は主に以下の3つのパターンのどれかに当てはまります。

年金や生活保護で生活している

高齢者のお客さんで最も多いのは、年金を受給しているか生活保護をもらって生活をしている方です。
年金や生活保護は、基本的には生きていくための最低限の金額しか支給されていません。
ですから、そのような高齢者の方にとってはホテヘルで遊ぶというのは月に1回程度しかできない豪勢な遊びなのです。

たくさん稼いでいる若い男性のように頻繁に通ってくれることはありませんが、このような高齢者から指名を取れるようになれば月に1回は必ず年金や生活保護の支給日に来てくれるというようなパターンになりやすいのです。
お客さんにとってもホテヘル遊びは少ないお金の中から何とか捻出してやるものなので、出来る限り精一杯接客をして満足してもらえるようにしましょう。

お金持ちの富裕層

高齢者の中には財産を持っていてお金持ちの富裕層もいます。
このようなお客さんは高級店に来店することが多く、指名をする時には長時間のコースを選ぶ傾向があります。

長時間のコースをとっても高齢者の場合1回射精すれば十分という方が多いので、時間のほとんどを会話で済ませるという方も珍しくありません。
また、若い男性のようにホテヘル嬢に対してがっついてくることも少なく、温和な方が多いのでお客さんとしては扱いやすいと言えます。
お金に余裕があるので、支払った金額分の元を取ろうとしつこくサービスを求めてくるようなこともありません。
高級店に勤めているのであればこのようなお客さんをできるだけたくさん確保するのが非常に重要です。

自分で稼いでいる人

稼ぐ最近ではシニアであってもまだお仕事をしているという方も珍しくありません。
そのような方は、既に引退して年金をもらって生活している高齢者の方よりも見た目も体力も若い傾向があります。
ただし、それなりの年齢でもまだ働いているということは財産はあまりなく、若い頃に年金支払いを怠っていたなどの事情があるため基本的にはお金持ちという方はいません。
そして、自分で働いて稼いでいるという意識がある分、支払った金額に見合うようなサービスを求めてくる方が多いです。

男女ともに年齢が高くなると頑固になるのが人間という生き物なので、このようなお客さんに対して失礼な接客をしてしまうとめんどくさいクレームが入る可能性があるので気をつけましょう。

ホテヘルに来る高齢者にサービスする時の扱い方

高齢者の方は、若い男性とは体力も精力も違うので扱い方に気をつけなくてはいけません。
高齢者の方の接客をする時には以下の様なことを気をつけましょう。

しっかりと会話をする

精力が弱まっている分、女の子とのコミュニケーションを求めてホテヘルに来る高齢者の方も多いです。

ですから若い男性を接客する時よりも、お客さんの話をしっかり聞いてコミュニケーションをとるように心がけましょう。
高齢になると「女の子に話を聞いてもらう」という機会すらほとんどないので、ホテヘル嬢が話をしっかり聞いてくれるという理由だけでもお客さんは幸せな気分になれます。
高齢者の方の場合、お金を払って性的なサービスを受けずに会話だけして帰る方もいるのです。
だから高齢者のお客さんに対しては肉体的に満足させることよりも、精神的に満足させられるように接客するほうが指名をもらえる可能性は高くなります。

楽しい雰囲気を出す

高齢者の方がホテヘルに来るのは単純に性欲を解消したいだけではなく、若い女の子とコミュニケーションをとることによって明るい気分になりたいという気持ちもあります。
高齢者の方にとっては若い女の子が元気に喋って笑っているということだけでも十分な癒やしになります。
ですから高齢者のお客さんに対してはできるだけ明るく楽しい雰囲気になるように心がけると指名を取れる可能性が高くなります。

出来るだけ自分が動くようにする

高齢者の方は基本的に体力がないので、あまり激しく動くこともできません。

プレイをする時には出来る限り自分が動いてお客さんを気持ちよくさせるという意識を持つようにしましょう。

勃起や射精をしなくても気にしない

女性 笑顔高齢者の方は体調次第では勃起をしないこともありますし、勃起をしても射精をせずに終わってしまうこともあります。
その時に重要なことは、勃起しないことや射精出来なかったことに対して謝りすぎてしまい暗い雰囲気になるのは避けるということです。
高齢者の方は自分の性力が弱まっていることをよくわかっていますので、勃起や射精をしなくても若い男性ほど気にしません。

それよりも、そのことによって女の子が暗い雰囲気になってしまうことに対して悲しい気持ちになってしまうのです。
高齢者の方が勃起で射精をしなかった場合には、暗くならずにできるだけ明るいトーンで会話を楽しんでいただけるように心掛けましょう。

まとめ

ホテヘルに来店する高齢者の方がどんな人なのか、そしてサービスをする時にはどういう扱い方をしなくてはいけないのかということをご説明しました。
高齢者の方は基本的に年金や生活保護で生活している方が多く、費用を捻出してホテヘルに来ています。

そして高齢者の方は若い男性よりも体力も精力も低いのでこの記ことで紹介したような扱い方で接客をするようにしましょう。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする