デリヘルの詳しい仕事内容、給料システムなどを解説!

風俗は沢山のジャンルが存在していますが、風俗のスタンダードなジャンルといえば、デリヘルになります。
これから風俗業界で働こうとされている女性の中でもデリヘルは聞いたことがあるでしょう。
ここではデリヘルの仕事内容や給料システムなどを紹介していきましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

デリヘルってどんな風俗?

疑問デリヘルは「デリバリーヘルス」の略称でその名のとおりヘルスサービスをデリバリーするという風俗ジャンルになります。
ヘルスサービスとは、キスやフェラチオ、シックスナインや全身リップ、素股などのサービスを提供しますが、本番行為は禁止になっています。
またオプションプレイとしてソフトSM系のプレイや、コスプレなどを着用したイメージプレイ。
AF(アナルファック)などを提供しているヘルス店も存在しています。

それらのサービスをデリバリー、つまり配達するわけですから風俗店という店舗を構えることなく、お客さんから指定された場所へと出向きヘルスサービスを行っていくわけです。
デリバリー先はラブホテルからビジネスホテル、シティホテルや高級ホテル、相手の自宅などまで幅広く対応する必要があります。
ただし身元バレが嫌だという方が多いので基本的にはホテルに呼び出すのがスタンダードな利用方法になります。
呼び出されたプレイ場所でヘルスサービスを提供し、希望のプレイ時間が終了すればお店に電話をして迎えに来てもらい待機場所に帰るということを繰り返します。

これが大体のデリヘルという風俗のシステムになります。

デリヘルの仕事の流れ

デリヘルはどのような流れで仕事をするのでしょうか。
まず指名をされたらホテルや自宅など相手が指定したプレイ場所へと赴きます。

到着したらその旨を伝えるのですがインターフォンは鳴らさないでだとか、ホテルに入る前に一報が欲しいなど細かい要求がある場合があります。
それをしっかりと守りましょう。
お客さんと対面したら挨拶をし、プレイをするのかチェンジをするのかキャンセルなのかの確認をします。
また当初予定していたプレイ時間に変更がないかも確認し、料金を徴収したらシャワー。

そこで消毒などをしてベッドに戻りヘルスサービスを提供するといった流れです。
その後射精させたらピロートーク→シャワーで衣服を着用してバイバイになります。

デリヘルで働くためには?

デリヘルで働くためにはどのような条件を満たしておく必要があるのでしょうか?

まず18歳未満の方は働くことが出来ないようになっています。
18歳になっていても女子高生というステータスでは入店することは出来ません。
18歳以上であればどんな女性でも働くことは出来ますが、面接をしお店のコンセプトにマッチしないと判断された場合には、残念ながら不採用にされることもあります。
このためどういったコンセプトのデリヘルなのか。

自分のキャラクターとマッチしているのかを事前にリサーチしてお店選びをする必要があるのです。
風俗業界の中でも最も人気が高く、需要も高いジャンルであり、人手不足傾向にあるデリヘルですが、やはり他店との差別化が図れていないデリヘルはどんどんと淘汰されている時代です。
このため各デリヘル店もオリジナルさを追求してお店づくりをし宣伝をしていますから、事前に知っておくことが採用されるためのポイントになってきます。

どうやってデリヘル求人を探す?

デリヘルで働こうとする場合、どうやってお店に応募をすればいいの?
という疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。
大きく分けて4つの方法が存在します。
Number, 4まずは自分の活動したいエリアのデリヘル店のホームページに設置してあるリクルートページから応募をすること。
二つ目は風俗求人サイトなどに掲載されている求人から応募をすること。
3つ目は繁華街などに設置されている高収入求人情報誌でお店を見つけて電話などをして応募をすること。
最後に繁華街などで活動をしている風俗スカウトを介して紹介してもらうといったことです。
それぞれにメリットやデメリットが存在します。

例えばお店のホームページからの面接よりも、風俗求人サイトを介した方が交通費が支給されたり、入店祝い金などが発生するケースが多くあるためメリットが高いといったもの。
スカウトマンを介すると自分の売上によってスカウトマンの報酬が変わるため、なかなか移籍したりすることができないなどのデメリットもあるわけです。
こういったメリットとデメリットを把握した上で一番自分がいいなと思える応募方法を採用しましょう。

給料は完全歩合制

デリヘルの給料体系はどのようになっているのか。
ソフト系風俗やカンパイワークのニュアンスが強い風俗店の場合には時給制を敷いているところもありますが、通常のデリヘルの場合にはもれなく完全歩合制の給料体系を採用しています。
完全歩合制とは、お客さんを接客した分だけ報酬を貰うことができるということ。
人気嬢になりプレイ時間が90分だの120分だのと長い時間になってリピーターが増えればそれだけ稼ぎも良くなります。

またデリヘル店によってはオプションプレイが充実しているところも多いため、NG指定していないプレイが多ければ多いほどにオプション料金で稼ぐことが出来ます。
より具体的に説明すると、例えば60分のプレイ時間で利用料金が1万4000円だとしましょう。
このお店のバック率が50:50の折半だったとすれば、このお客さんを相手にした場合7000円が自分の報酬になるというシステムです。
お店によって雑費としてプレイ指定場所までの送迎代やイソジンやローション、大人のおもちゃなどのレンタル代などを請求されるケースもあります。

つまり利用料金×バック率-雑費=あなたの報酬になるわけです。
バック率はそれぞれのお店によってまちまちですし、人気嬢なのか売れない嬢なのかによっても割合は変わってきます。
バック率はデリヘルのみならず、折半(50:50)か60:40というのが一般的です。
超売れっ子になりお店の売上にかなり貢献してくれており、他のお店に移籍された場合には大打撃なんて評価をされているデリヘル嬢の場合には、70:30で女性側が優遇されるということもあり得ます。

雑費に関してもしっかりと差し引くお店と、より良いキャストを集めるために「なし」にしているお店も存在しています。
デリヘルなどはまだ良い方で昔からあるソープなどの場合には「ご祝儀代」と言われるものや「タバコ代」「ドリンク代」などと銘打って色々な「経費」が報酬から引かれるシステムが採用されているのです。
領収書こういったことも考慮して所属するデリヘル店を決めていきましょう。
あまり詳しくない女性の場合、客単価つまり一人のお客さんを相手にして貰えるバック率ばかりを重要視している方がいますが、経費が高ければバック率が低い風俗店よりに払い額は低くなってしまいます。

こういった初心者が陥りやすい間違いを知っているか否かで稼げる金額は全く違ってきますから、覚えておいて損はありませんよ。

簡単なのに稼げる風俗ジャンル

デリヘルは完全歩合制の給与体系で、特定の店舗を持たずお客さんが望むプレイ場所に赴いてヘルスサービスをする風俗ジャンルです。
特別な許可がいらないことから、続々と各地に誕生し最も多く集客があり、需要が高い風俗ジャンルになります。

とにかく風俗業界で高い報酬を稼ぎたいと思うのであれば、デリヘルで自分が風俗に合っているのかを確かめることも一つの方法と言えるでしょう。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする