障害者デリヘルの仕事内容やメリット・デメリットを徹底解説

障害者デリヘルに興味を持ち、働いてみようか検討しようにも、周囲に経験者がいなければわからないことだらけですよね?
障害者にももちろん性欲があります。ただ障害者の方が普通の風俗を利用するにはいくつものハードルがあるでしょう。そこで近年注目を集めているのが、障害者に特化した風俗サービスです。障害者向けの風俗は近年増加傾向で、一つのジャンルとして確立しました。

そこで今回は、障碍者専用のデリヘルに関して、働く上でのメリットや求人の探し方を紹介します。障碍者デリヘルで働きたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

障害者デリヘルのバイトとは

障害者向けの風俗として人気なのはデリヘルサービスです。障害者デリヘルの特徴や働くことのメリットデメリットについて、以下で詳しく紹介します。

障害者も当然性欲は溜まる

障害者は健常者とは性に対する価値観が違うイメージを持つ人は多いでしょう。しかし障害者にも性欲がありますし、自分で手を動かせる程度の障害であれば、オナニーすることもあるでしょう。しかし中には手が不自由な障害者の方もいます。この場合自分で性欲処理するのは難しく、性欲は溜まる一方になってしまいます。

障害者用デリヘルは介護サービスに含まれないので需要がある

障害者でも健常者と同様に性欲が溜まるので、風俗を利用したいと考える人もいます。そこで注目を集めているのが、障害者用デリヘルです。自宅にデリヘル嬢が来て性的なサービスをするシステムです。店に行く場合、誰かの助けが必要になりますし、周りの視線も気になるでしょう。しかしデリヘルなら自宅でのサービスなので、周りの目を気にする必要がありません。またデリヘルは介護サービスには含まれません。そのため介助に関する専門知識がなくても働けます。

障害者用デリヘルで働くメリット

障害者用デリヘルでは多くの店舗でサービスをしてくれる女の子を募集しています。障害者用デリヘルで働くメリットについて、以下で紹介します。待遇が手厚いだけでなく、社会的使命のある仕事に感じてやりがいがあるという人も少なくありません。

1回あたりの給料が高い

障害者用デリヘルで働くメリットとして大きいのは単価の高さです。そのため短い期間でも効率的に稼げるでしょう。障害者デリヘルの場合、お客さんの介助もサービスの中に含まれます。その分一般的なデリヘルと比較して、料金は高めです。元の料金が高いということは、その分女の子に入るバックの額も大きくなります。

障害者の性欲解消という社会問題の解決ができる

障害者に対応したデリヘル嬢は、数はそれほど多くありません。希少な上に、障害者の性欲を処理する重要な仕事を担っています。障害者用デリヘルで勤務していると、お客さんだけでなくその家族からも感謝される場合があります。直接感謝されることがきっかけで、強いやりがいを感じれる女の子は多いでしょう。通常のデリヘルで働いていて、仕事の意義が見出せずモチベーションが保てない人には特におすすめです。

何度もリピートしてもらえる

障碍者デリヘルは、リピートしてもらいやすいメリットがあります。
一般的なデリヘルと比較して、障害者向けデリヘルの数はまだまだ少数派です。お客さんからしてみると、どうしても利用できる選択肢は限られます。一度利用して満足度が高ければ、リピーターになってくれる可能性は高いでしょう。、指名が多くなれば高収入を得られる可能性も高くなります。

一方で倫理問題というデメリットがある

障害者用デリヘルはメリットのある半面、デメリットもあります。大きいのは倫理的な問題です。障害者の性をビジネスにしているわけで、他人から批判されることもあるかもしれません。倫理的な問題を割り切れるかどうかが障害者用デリヘル嬢として活躍できるかどうかのポイントになるでしょう。

認知度が上がり今後資格などが必要になる可能性も

障害者用デリヘルは今は介護ビジネスとして認められていません。しかし今後法整備が進み、介護ビジネスになる可能性も十分考えられます。そうなれば、介護報酬が受けられますし障害者用デリヘルの認知度も高まるはずです。一方介護ビジネスになれば、働くにあたって資格を取得しなければならなくなるかもしれません。資格取得のためのモチベーションが保てない人からすると、これは大きなデメリットです。ただ逆に考えれば通常の風俗よりも社会的な認知度が上がる可能性もあり、ポテンシャルのある職種といえます。

私も聞いたことがあるけど、障害者用デリヘルのお店はちらほら出てきているね。介護ビジネスとして確立されれば、風俗以外の業界からも進出する企業も出てくるかもしれないね。異業種参入すれば、女の子の待遇も今以上に良くなるはず。

障害者デリヘルの求人はどこで探すべきか

どうやって障害者デリヘルの仕事を探せばいいのかわからないという人は多いでしょう。障害者デリヘルの求人を探すのは意外と難しいので、その流れについて以下にまとめました。

障害者デリヘルの求人のハードルは意外に高い

デリヘルの求人を見てみると、条件は年齢制限の18歳以上くらいでそれほど厳しくありません。一方障害者デリヘルの求人を見ると、年齢以外にも様々な条件を設けているケースが多いです。障害者デリヘルの掲げている理念に賛同できるか、コミュニケーション能力と一般常識があるか、メールとインターネットが使用できるかなどが挙げられます。通常のデリヘルよりも採用のハードルは高めです。

障害者デリヘルの求人を探すならネットがおすすめ

障害者デリヘルの求人を探す方法はいくつかあります。その中でもおすすめなのはインターネットを使った情報収集です。障害者デリヘルのポータルサイトを見てみると採用されるとお金が出たり、すぐに働ける案件を多く掲載していたり、女の子にとってプラスになるものが多いからです。

お祝い金や面接交通費が支給されるサイトがおすすめ

障害者デリヘルの求人情報をチェックするにあたって、ポータルサイトのサービスをチェックしておきましょう。ポータルサイトの中には金銭を支給するキャンペーンを実施しているお店もあります。例えばそのポータルサイトから応募して採用が決まった場合、お祝い金が支給される場合があります。中には体験入店するだけでお祝い金の支給を受けられるサイトもあって、複数体験入店することで多くお祝い金がもらえます。また面接を受けるにあたって、電車やバスを使用する人もいるでしょう。ポータルサイトの中には、この交通費をくれるところもあります。

すぐにでも働けることを売りにしたサイトもチェック

風俗の仕事を探している人の中には、今すぐにでも働きたいと考えている人がいます。障害者デリヘルの求人の中には応募すれば、即勤務できる案件も見られます。インターネットの場合、「即勤務」で検索するだけですぐ働ける案件だけを選別できるので、できるだけ早く働きたいと思っている人はネットを活用しましょう。

まとめ

障害者向けのデリヘルは、まだ全体の中では少数派です。徐々に増加傾向にあり、店舗数は拡大しています。障害者の方も健常者同様に性欲があり、この処理をどうするかは1つの社会的な課題です。障害者デリヘル嬢になれば、社会的な問題の解決に寄与していることになります。指名を持って仕事に当たれるので、業務に対するモチベーションを高く維持できる人は多いでしょう。モチベーションを高く保ちながらデリヘルで働きたい人や、高単価のお店で働きたいと考えている人は、障害者デリヘルの求人情報を一度チェックしてみましょう。

おすすめ記事

性風俗産業の中心は、やはり30~50代の働き盛りの世代を対象として展開されている店舗がほとんどです。 それはもちろん、働いているからこそ風俗...

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする