高級クラブのホステスとして働くリスクとデメリットを解説

ガールズバー

高級クラブのホステスは高収入が期待できる仕事ですが、レギュラーでもアルバイトでも仕事内容は厳しめです。また、高級クラブならではのリスクもあると考えられているので、高級クラブで働きたいと考えている女の子は、デメリットをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

今回は、高級クラブでホステスとして働くリスクやデメリットを知ってもらえるように高級クラブとキャバクラの違いや具体的なリスクとデメリット、自分にあったナイトワークの見つけ方について解説していきます。高級クラブで働いてお金を稼ぎたいと思っている女の子は、ぜひ参考にしてみてください。

高級クラブとキャバクラの違い

高級クラブとキャバクラには様々な違いがあります。ここでは、システムの違い、料金システムの違い、客層の違いについて見ていきましょう。

お店のシステムの違い

クラブは会員制のお店で、ママとホステスが在籍しています。1度指名するとホステスが辞めるまで指名を変えられない永久指名制度が採用されているのがクラブの特徴です。

キャバクラは、お客さんと女の子が1対1で話をする形になっています。それに対してクラブは、お客さん1人に対してホステスが複数人ついて接客をするという違いがあります。

料金システムの違い

キャバクラの料金システムは、1時間飲み放題でいくらと決められています。それに対してクラブは、席に料金が発生するので長時間滞在しても料金に変動はありません。ただクラブによっては滞在時間が長くなるとタイムチャージ料がかかるお店もあります。

クラブによってランクがあり、高級クラブは4万円~8万円、中空クラブは2万円~3万5,000円、リーズナブルなクラブは1万5,000円から2万円程度が相場となっています。この料金はチャージ料と呼ばれるものです。

ハウスボトルに関しては、キャバクラは飲み物代が金額に含まれていますが、クラブは含まれていません。つまり、別途で飲み物代がかかるということになります。ボトルで注文した場合、高級クラブだと3万円が相場です。

客層の違い

キャバクラは誰でも気軽に足を運べますが、高級クラブは誰でも足を運べる場所ではありません。基本的には一見さんお断りのスタイルを採用しているので、他のお客さんやホステス、クラブのスタッフから紹介してもらった人しか来店できない仕組みになっています。

キャバクラとクラブの違いについて説明できる女の子は多くないでしょう。どちらも似たようなサービスを提供しているように見えるのでそれは仕方ないことですよね。でも、高級クラブで働きたいのであれば、どのような違いがあるのか知っておいた方が良いでしょう。

高級クラブのホステスとして働くリスクやデメリット

高級クラブは高収入が期待できるため、稼ぎたいと思っている女の子にとって魅力的だと感じるでしょう。確かに魅力もありますが、高級クラブで働くのであれば、知っておいた方が良いリスクやデメリットがあります。次は、どのようなリスクやデメリットがあるのかチェックしていきましょう。

高級クラブならではのリスクやデメリット

高級クラブに限らず、水商売には様々なリスクやデメリットがあります。まずは、高級クラブのリスクやデメリットからご紹介します。

お酒が飲めないと厳しい

クラブでは、ウイスキーやブランデーといった度数の高いお酒を飲むお客さんが多いです。キャバクラではお酒が苦手な女の子向けにフェイクドリンクが用意されていますが、クラブにはそのようなものがなく、強制的に飲まなければいけないので、お酒が飲めない女の子にとっては厳しい世界です。

ルールが厳しい

ルールはクラブによって違いますが、中にはかなり厳しいルールをホステスに課しているお店もあります。細かい決まり事もあるので、面倒だと感じてしまう女の子も少なくありません。ルールに縛られるのが嫌で辞めたホステスもいるため、自由度が高いお店で働いて稼ぎたいと考えている人にとっては苦痛に感じてしまう可能性が高いです。

ノルマ・ペナルティが厳しい

高級クラブで働く以上、ノルマやペナルティも避けて通れません。お客さんから指名してもらって稼ぐためには必要なことですが、それがきついと感じてしまう女の子もいます。

どれほど努力をしてもお客さんがつかなければノルマの達成はできません。また、ノルマをクリアして成績を残せなかったホステスにはペナルティが課せられます。今はホステスとして活躍している女の子でも、最初の頃はお客さんがつかなくて苦労したという経験を持っている人がほとんどです。

指名バックやドリンクバックがない

キャバクラでは、指名してもらったり、ドリンクを注文してもらったりすると、指名バックやドリンクバックを女の子は得られます。クラブの中でも指名バックやドリンクバックを採用しているお店はありますが、基本的にはバックというシステムはないと思っておいた方が良いでしょう。

キャバクラでの経験がある女の子の場合は、バックで稼ごうと考えているかもしれません。しかしそれは高級クラブには通用しないことを覚えておいてください。

ヘアメイク代が高い

ホステスは、アップやハーフアップなどこだわったヘアアレンジをしています。お店によってはキャバクラと同じようなヘアアレンジをしている人もいますが、キャバクラよりも髪色は落ち着ているホステスが多いです。

ヘアメイク代は、銀座だと2,500円~3,000円が相場です。和髪にするとさらに高くなります。歌舞伎町では1,500円くらいでできてしまうので、エリアによって料金差があることが分かります。

ホステスはヘアメイクを必ずしなければいけないので、1ヶ月の出勤日数にもよりますが、ヘアメイク代が高くつくこともあるでしょう。

水商売に共通するリスクやデメリット

クラブやキャバクラなどの水商売に共通するリスクやデメリットもあります。次は、水商売全般に言えるリスクやデメリットについてご紹介します。

生活リズムが崩れやすい

クラブでは24時くらいに仕事が終わり、キャバクラでは夜中に仕事が終わります。しかし、アフターに付き合うと朝帰りになることも珍しくありません。アフターに付き合わなかったとしても、帰宅後にお風呂やスキンケアなどを済ませるとあっという間に朝方になってしまい、起きると正午~午後になってしまう女の子も多いです。

慣れてくれば午前中のうちに起きてお礼メールや営業メール、自分磨きの時間を作れるようになりますが、生活リズムが崩れてしまう可能性は高いでしょう。

金銭感覚が狂いやすい

夜の仕事だと昼の仕事では絶対に稼げない金額を稼げるようになります。そのため、金銭感覚がずれてしまう女の子が多いです。金銭感覚がずれすぎてしまうと傲慢な女の子になってしまい、昼間会社で働いている男性と付き合えなくなってしまうケースもあります。

世間体が良くない

夜の仕事はネガティブなイメージを持つ人が多いです。そのため信頼していた友達や周りから陰口を言われてしまう可能性があります。人間性が良かったとしてもクラブやキャバクラといった夜の仕事をしているだけでネガティブなイメージを持たれてしまう可能性も頭に入れておきましょう。

プライベートがなくなる

夜の仕事を始めると、アフターや同伴などがあり、プライベートの時間が少なくなってしまいます。仕事は仕事として割り切って働きたい人にとっては向いていないでしょう。また、自分自身の価値やスタイルを保つために休みの日はジムやエステに通う場合、さらに自由時間が少なくなってしまいます。

お酒で体を壊す可能性がある

キャバクラは無理にお酒を飲まなくても問題ありませんが、クラブは1人のお客さんに複数のホステスがつくため、飲みたくなくても飲まなければいけない状況が生まれます。お酒が好きな女の子でも無理に飲み続けていると体を壊してしまう可能性があるでしょう。

高級クラブのホステスとして働いたり、キャバクラ嬢として働いたりする場合、様々なリスクやデメリットがあることを知っておかなければいけませんね。リスクやデメリットを知った上で働くのであれば、周りからの声もそこまで気にならないでしょう。

自分に合ったナイトワークを見つけよう

ナイトワークを探すのであれば、自分に合う長続きする仕事を探すことが大切です。そのためには、ナイトワークのそれぞれの仕事の内容やメリットを知る必要があります。最後に、代表的なナイトワークの特徴や給料の目安を紹介するので、夜の仕事を検討している女の子は参考にしてみてください。

キャバクラ

キャバクラはナイトワークで人気No.1の仕事です。全国的に多くの店が点在しており、安価で利用できるキャバクラから高級キャバクラまであります。地域や場所によってお客さんの層が異なっているので、自分の年齢やイメージに合うお店を選ぶことが大切です。

キャバクラでの仕事は、基本的に1対1での接客となります。お客さんのテーブルでお喋りをしたり、お酒を作ったりします。ヘルプで他のテーブルにつくこともあるので、いろいろなお客さんと話ができるという楽しみを見出すこともできるでしょう。

多く指名をとれればとれるほど給料が増えることがメリットであり、仕事のやりがいにもなるでしょう。お客さんに楽しんでもらえるような雰囲気づくりをしたり、まめに連絡をとったりすることが大切です。

また、キャバクラは時給制となっています。新人期間中は固定の時給が発生しますが、新人期間を終えると売上に応じた変動式の時給となります。固定時給の相場はおよそ2,500円です。

キャバクラについてもっと詳しく知りたい方はこちら。

ガールズバー

女性中心のバーテンダーが多いショットバーをガールズバーと呼びます。ガールズバーは普通の居酒屋感覚で働けて、指名や同伴がないことがメリットです。連絡先を交換したり、お客さんと密着したりするのを避けたい方にはガールズバーがおすすめです。

ナイトワークの中でも躊躇なく働きやすい仕事でしょう。ガールズバーのお仕事は、お客さんから注文を受けたらお酒を作ることです。お酒を作ったことがなかったり、知識がなかったりする女の子でも、研修があるので問題なく働けます。

ガールズバーの給料は、時給制となっており、1,500円が相場です。他のナイトワークよりも安めの相場ですが、ある程度お客さんと距離をとって働きたい女の子にはぴったりの環境でしょう。また、ドリンクバックを採用しているお店だといくらか女の子に還元されます。

ガールズバーについてもっと詳しく知りたい方はこちら。

会員制ラウンジ

会員制ラウンジは、基本的にキャバクラの仕事内容に似ています。しかし、キャバクラと違って、ラウンジには指名制度はありません。ママが指定したテーブルに女の子がつく形となります。

会員制の高級ラウンジでは、女の子がお酒を作らずにウエイターがお酒を作ることもあります。自分でお酒を作らなくても良いことや指名制度がないこと、高時給なことがメリットです。時給は3,000~5,000円ほどとなっており、高級感のあるラウンジは、より時給や日給が高いのが特徴です。

会員制ラウンジについてもっと詳しく知りたい方はこちら。

スナック

スナックではどのようなママがいるのかによってお店の雰囲気が異なります。そのため、ママを気に入って常連になるお客さんが多いのが特徴です。明るくノリの良いママが多い傾向にあるので、暖かみのある雰囲気のお店が多いでしょう。

スナックでの仕事はカウンターを通して接客をすることがほとんどです。テーブル席があるスナックでは、席を移動して接客しなければいけないので、臨機応変に対応することが大切になります。また、お店によっては軽食の調理をしなければいけない場合もあるので、面接の時に確認しておきましょう。同伴や指名制度なしで、ママやお客さんと会話やカラオケなどで明るく楽しく働けるのがメリットです。スナックの給料も時給制がほとんどで、相場は1,700円前後です。

セクキャバ

セクキャバは、「セクシーキャバクラ」の略です。普通のキャバクラはおさわりNGですが、セクキャバでは女の子のおさわりOKとなっています。そのため、体の関係を持つことに抵抗があっても、おさわりくらいならOKと考えている女の子が効率良く稼ぐ時におすすめの仕事です。

セクキャバでの仕事の流れは、基本的にキャバクラと変わりませんが、おっぱいを触られたり揉まれたりしながら接客することになります。キスはお店によって有り無しが分かれるので、入店前にどこまでのおさわりをOKとしているかを確認しましょう。

また、セクキャバではショータイムが名物となっています。時間になるとショーが始まり、女の子がお客さんの上にまたがっておさわりタイムとなります。

セクキャバの給料の相場は3,000円~8,000円と高時給です。性的サービスがなしで高収入なことがセクキャバのメリットでしょう。

まずはどのような仕事があるのかを知って、自分に合う仕事はどれなのかを考えることが大切になります。自分に合う仕事を選ぶことで長く楽しく働けますからね。それぞれのメリットやデメリットを比較して選ぶのがおすすめですね。

まとめ

高級クラブのホステスは高時給ですが、リスクもある仕事です。ホステスには同伴のノルマが課されており、そのノルマが達成できないと罰金がとられてしまうこともあるので要注意です。

また、レギュラー入りしていてもお客さんをお店に呼べないとお店の中で肩身が狭い思いをすることになりかねません。仕事を探す時には、高級クラブのホステスにこだわって判断するのではなく、自分に合った条件が盛り込まれたナイトワークの求人を探すことが大切だということを覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました