無店舗が多いメンズエステは店員が近くいないからリスキー

メンズエステには店舗型のお店と無店舗型のお店があります。
どちらも一長一短がありますが、あまり気の強くない人、風俗業界に入って日が浅い人は無店舗型で働くとトラブルが起きた時に助けてくれる店員が側にいないので、怖い思いをしてしまうこともあるかもしれません。
両方のメリット・デメリットを知り、自分に合った働き方をえらぶようにしましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

メンズエステは店舗型と無店舗型がある

マッサージメンズエステには店舗型と無店舗型の2種類の形態があります。
店舗型はお客さんが店舗に来て、そこでサービスを提供します。
無店舗型はお客さんの注文により、風俗嬢がお客さんの自宅やホテルなどに赴いてサービスを提供します。
グループ経営しているところも多いです。

無店舗型のメリット・デメリット

無店舗型のメンズエステにはメリット・デメリットがあります。

店員やスタッフが近くにいない

無店舗型の一番のデメリットともいえるのが店員やスタッフが近くにいないということです。
ドライバーが「何かあれば駆けつけますよ」ということにはなっていますが、「すぐに」というのは実際問題難しいです。
近くに店員やスタッフがいないことをいいことにお客さんが変な気を起こさないとも限りません。

ルール違反なことを要求されたり、強要されそうになったとき、気が弱かったり、風俗業界に入って日が浅いとうまくあしらうのは難しいでしょう。

バック率は良い

店舗型は無店舗型に比べてテナント料がかからないため、バック率は店舗型のメンズエステに比べて1割から2割ほど良い傾向にあります。
同じだけお客さんが付くならば、無店舗型の方がよりよいお給料を手にすることができるでしょう。

施術の時間は長め

店舗型に比べて無店舗型のメンズエステのほうが施術時間は長めの傾向にあります。

なので、1人1人のお客さんにゆったりとサービスをすることができます。

移動時間でリフレッシュ

車 日本店舗型のメンズエステだと1度出勤すれば退勤まで待機室とサービス用の部屋のみで過ごします。
気が滅入ってしまうという人も少なくありません。
しかし、無店舗型ならば主に車で移動するので、移動時間がリフレッシュになります。

毎回違う場所でサービスをするので飽きずに仕事を続けることもできるかもしれません。

移動時間がロスになることも

無店舗型のメンズエステは移動時間がリフレッシュになる一方で、時間のロスになることもあります。
メンズエステのお給料は歩合制で、移動時間にはお給料が発生しません。
せっかく指名や予約が取れても場所が遠いと時間のロスになってしまうことがあります。

出勤制限がかかりにくい

風俗業界には繁忙期と閑散期があります。
年末や大型連休、週末、ボーナスや給料日後などがいわゆる繁忙期と言われ、客入りが普段より良くなります。
つまり稼ぎ時です。
しかし、店舗型のメンズエステだと部屋に限りがあるので、繁忙期であってもシフトに入ることができないこともあります。

一方で、無店舗型はドライバーの制限があるものの、店舗型よりも出勤制限がかかりにくいです。
出勤したいときに出勤することができます。

贔屓のお客さんを捕まえなければ稼げない

風俗店でよく言われるのが、お客さんは店舗型ならば店につき、無店舗型ならば風俗嬢につくというものです。
つまり、店舗型の場合はフリーのお客さんを店員が回してくれることが多く、出勤しているだけである程度稼ぐこともできますが、無店舗型の場合は風俗嬢個人で贔屓のお客さんを作っていかなければならないと言うことです。

逆に、贔屓のお客さんを作ることができれば、バック率は良いですし、施術時間は長めなので、かなり効率よく稼ぐことが可能です。

自宅待機もアリ

グループや店長の方針によって違いますが、無店舗型のメンズエステの中には自宅待機が認められているところもあります。
指名を受けるまで家でのんびりと過ごすことができます。
指名や予約が来た時にドライバーに自宅まで迎えに来てもらうことができるのです。

悪天に強い

店舗型はお客さんが自ら店舗に足を運ぶので、雨や雪、台風、暑い、寒いなど気象条件が悪い時には足が遠のいてしまいがちです。
しかし、無店舗型のメンズエステは風俗嬢がお客さんの元へ行くので、天気が悪いことを理由に客足が減るようなことはなく、安定して稼げます。

無店舗型で稼ぐには度胸と器量が必要

メンズエステで働く場合、店舗型と無店舗型、どちらいい、悪いというものはありませんが、無店舗型の方がリスク多いので、ある程度の度胸と器量が必要となってきます。

ルール違反をされることも

メンズエステではお客さんから風俗嬢へタッチしたり、キスをしたりすることなく、ハンドサービスだけというのが基本です。

しかし、お客さんの中にはヘルスのようなサービスを要求したり、時には本強をしてきたりすることも少なくありません。
そのよう時、一応近くにはドライバーが待機していることにはなっていますが、ある程度1人で対処できるようでなければなりません。
それは無理です。
ルール内のサービスで頑張ります。
などある程度角を立てずに断る技術も身につけておかなければなりません。

手癖の悪いお客さんもいる

男性お客さんの中には風俗嬢のカバンをあさったり、盗撮をしたりするといった手癖の悪い人もいます。
防犯のためにも必ずシャワーは一緒に浴びるようにしましょう。

贔屓のお客さんを作りましょう

メンズエステ自体の客入りは風俗業界の中ではあまり多くありません。

利用料金が高い傾向にある無店舗型のメンズエステならばなおさらです。
しっかりと稼ぐためには定期的に指名をしてくれる贔屓のお客さんを作ることが何よりも大切です。
エステのテクニックを磨いたり、容姿に気を使ったり、会話でお客さんを癒したりなどといったことを求められます。
メンズエステで稼げないと、よりハードなサービスのデリヘルに移らなければ稼げなくなってしまいます。

グループ店がおすすめ

メンズエステで働く場合、店舗型にしろ、無店舗型にしろ、迷ったらとりあえずグループ店がおすすめです。
大手のグループ店ということはそれだけ、お客さんや風俗嬢から支持されているという証でもあります。
店長や店員の教育が行き届いていたり、テクニックもしっかりと教えてもらええたりします。
広告費も潤沢なので、客入りも悪くありません。

一方で、グループ店はやや採用基準が高いのである程度の容姿や若さではないと採用は難しいかもしれません。
また、同じグループや系列の中にはヘルスやソープなどがあり、そちらをすすめられることもあります。

無店舗型のメンズエステは初心者には大変なことも

メンズエステには店舗型と無店舗型があります。

無店舗型は店舗型とくらべてバック率が良く、出勤制限がないことが強みですが、一方で、店員が近くにいないので、トラブルがあった場合、自分で対処をしなければならないというリスクがあります。
店員が近くにいないということで不心得を働くお客さんもなくはないです。
無店舗型のメンズエステで稼ぐのならば、ある程度の機転がきき自力でトラブルを回避することができるとともに、贔屓のお客さんをたくさん持つことが必要とされます。
一方で、それができれば店舗型よりも効率よく稼ぐことができるでしょう。

どのお店で働くか迷ったのならばグループ店がおすすめです。
老舗で大手ならば長年お客さんと風俗嬢から支持を得ていることが証明されているからです。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする