ピンサロもソープみたいに雑費が引かれる?引かれない店もある?

風俗店は稼いだ金額を丸々もらえることは少なく、「雑費」「厚生費」としていくらか給料から天引きされることがあります。
ピンサロにも雑費はあるのでしょうか?
またその相場は?
ピンサロの雑費について紹介していきます。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ピンサロの「雑費」って何?いくら引かれるのが相場?

お茶代、消耗品…ピンサロの雑費

Coinそもそも雑費とはどのようなものなのでしょう。
雑費はその名前の通り、消耗品やお茶代などにかかる費用をひっくるめてお給料から天引きするシステムを言います。
消耗品はコンドームやローション、おしぼりやお客さんに出すお茶代(お酒)なども、女性がお金を出して支払っています。

つまりお店で使う物全般を雑費でまかなっていると考えておきましょう。
お店によって雑費率やシステムは違い、多くのお店ではお客さん一人当たりにつき〇%、もしくは手取りの〇%を雑費とするなどお店によって天引きのやり方はかなり違います。

ピンサロの雑費、相場は…

ピンサロの場合、給料の10%が雑費の相場として天引きすることが多いようです。
5万円稼いだら5,000円は雑費となるのですから、そう考えるとかなりお高い金額ですよね。

またお店によっては嬢の成績によって「あなたは一人につき500円、あなたは1,000円」といった感じで差異を出すこともあります。
別のお店では「2万円以上を稼いだ嬢に1,000円負担」といった感じで天引きしていて、雑費というのはお店の考え次第で非常に幅があることが分かります。

雑費、厚生費、積立金…すべて同じ?

雑費ではなく、「厚生費」「積立金」といった言い方をするお店もあります。
一見勘違いしがちな「厚生費」ですが、風俗店が税金関係をおさめていることはほぼありません。

厚生費とは名ばかりで実際のところは、店長の懐に収める金額であることが多いので、「税金はお店から引かれている」と勘違いしないよう、気をつけて下さい。

雑費以外の天引き

雑費とは少し違いますが、無断欠勤や遅刻が多い嬢には罰金としていくらか天引きされることもあります。
風俗嬢はだらしない性格の人が多く、「当日欠勤や遅刻をしても寛容」といった考えの人が多いようです。
しかし無断欠勤はお店ばかりかお客さんにも迷惑をかける行為ですので、何度も繰り返すと良い顔をされません。

罰金まではしなくても、フリー客を回さないなど、仕事を干すといったペナルティーを課すお店もあります。
風俗の仕事をする人は、できるだけたくさんお金を稼ぎたいと考えているはずです。
雑費もそうですが、お店選びを間違えると何かと天引き額が大きくなって「思ったよりも稼げない」という事態にもなりかねません。
面接を受けて「何かおかしい」と感じたお店には行かない方が賢明ですよ。

ソープ嬢はボーナスを引かれる!?

お金ソープの不思議なシステムなのですが、ソープでは雑費の他に「ボーナス」として一定の料金が引かれることもあります。
ボーナスをもらうのではなくて、引かれる?
と不思議に思うかもしれません。
このボーナスは、普段お世話になっている男性スタッフやドライバーに感謝の意味を込めてお小遣いを渡していた風習の名残が、「ボーナス」として残っているようです。

何だか感謝の強要をされているようですね。
ピンサロでボーナスといった天引きをするお店はまずないでしょうが、始めにきちんと「雑費の天引きはいくら」「時給はいくら」と確認をしてから働くようにしないと、後になって「予想よりも低い!」と悔しい思いをするかもしれません。

どうして雑費が引かれるの?

雑費はどうして発生するの?

汗水流して稼いだバックを「雑費」というよく分からないシステムによって天引きされる。

「悔しい」と感じる風俗嬢も多いようですが、実はこれ、きちんとした理由があるのです。
お店が雑費を引かずにおしぼりやコンドームを女性に支給すると、「売春をあっせんした」として法律に引っかかる可能性があるのです。
罪に問われるのを避けるため、あくまでお店は「必要な消耗品を女性が購入している」という名目が必要になるので、雑費というシステムがあるのです。

雑費のないお店も増えている

とは言え、最近では雑費の天引きがない風俗店も、首都圏を中心に多くなってきました。

どうしても雑費の天引きがないお店に行きたい、と言う女性は、求人情報を探すと「雑費・
備品の天引きナシ」をうたっているお店も見つけられます。

雑費のないお店では、イソジンやおしぼり、マウスウォッシュなどは嬢と共有していることが多いようです。
分からない場合は面接で聞いてみても良いですね。

雑費の金額が高すぎるお店や、給料明細を出してくれないお店も中にはありますが、そういったお店はブラックであることが多いので、できる限り働かないようにして下さい。

人気嬢になると天引きを免除されることも

お店によっては、売れっ子風俗嬢には雑費の天引きを免除するなどの「特別扱い」をすることもあります。
また容姿レベルが高い嬢は始めからバックの天引きをしない、といったお店もあります。
わずかな金額とはいえ、雑費も積もればそれなりの金額になります。

売れっ子になると天引きの免除や時給アップなど、好待遇に恵まれることが多いので、ますます稼げる好循環につながるのです。
しかしピンサロは売れっ子になっても、ヘルスなどに比べるとやはり稼げる金額は低いものです。
料金の安さから客層もあまり良くないお客さんが集まりやすいので、本格的にお金を稼ぎたいという人は、ヘルスやデリヘルなどでガッツリ稼ぐことをおすすめします。

お店を選ぶ時は雑費アリorナシどっちがお得?

雑費のないお店は給料も低め

Coin雑費アリのお店とナシのお店、どちらが良いのでしょう。
一見すると「雑費ナシの方が絶対良いに決まっている!」と思いがちですが、ちょっと待って下さい。
良く見ると、雑費のないお店は雑費アリのお店に比べると、時給や指名料が低めに設定されていることがあるのです。
雑費ナシという求人につられて働いてみれば、指名料が子どものお小遣い程度だったり、お店全体がヒマで思ったように稼げない、といった悩みを抱えている女性もいます。

時給が高いお店は調整をしている

飛び抜けて時給が高いお店は、天引き額が大きいなど、何かしらの裏があると思っていて間違いありません。
風俗店はある地域に固まって経営していることが多いので、利用料金や嬢へ支払うバックは、どのお店もある程度は足並みをそろえているものです。
風俗店は「いかにして女性に働いてもらうか」といったことを考え、知恵を絞って求人広告を出しています。
一番興味をひくのはやはり時給の高さですよね。

でもそれがお店の狙いなのです。
お店に入店してしまえば、こっちのものといったところでしょう。

雑費を計算に入れてお店選びを

高い時給に飛びついてみたら、雑費の天引きがあって結局は他のお店と給料が変わらなかった、といった話はよく聞きます。
大切なことは、求人広告をうのみにせず、きちんと自分の目で判断をしてお店を選ぶことです。

上手い話には大抵裏がつきものです。
甘い言葉に惑わされないよう、冷静に判断するようにして下さいね。

まとめ

ピンサロの雑費について、雑費の相場や雑費が発生する理由について紹介しました。

雑費は風俗嬢にとって嫌なシステムですが、お店もボランティアではありませんので、仕方ないことなのかもしれません。
あまりにも雑費が高額なお店や、曖昧な点が多いお店はできる限り避けて働くようにして下さい。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする