メンズエステは身バレしにくい?来店したお客さんのチェックできる?

風俗業界で働くうえで、働き手である女性が、もっとも警戒していることのひとつに、「身バレ」があります。
「身バレ」とは、SNSが一般的になってからは、会社員の隠れ副業や、風俗産業などのやや特殊な仕事などを、バレが発生することに気を付けるようにしつつ、身内に内緒でこっそりやっていたところが、何らかの拍子に公になってしまうような状況を指しています。

不特定多数のお客さんが来たり、ブログなどで、多かれ少なかれ情報を晒すことの多い風俗業界になかでも、「メンズエステは身バレしにくい」、という噂があります。
メンズエステは本当に身バレしにくいのか否かを、調査してみました。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

風俗で身バレするパターンとは?

質問風俗産業に限ったことではない

何を隠すか、何がバレるとつらいのか、ということは、人によってそれぞれ事情や理由が異なるものの、一般的に考えて、風俗産業で働いていることについて、彼氏や家族、友達などにバレてしまうことは、誰しも避けたいと思っているかと思います。

しかし、今どきのバレの危険性は、特に風俗に限った話ではありません。
例えば、会社に内緒で副業をやっている、家族や彼氏に内緒で、クラブやバーなどの夜遊びをやっているなど、ひと昔前なら、「ここだけの話といいながら、特定の相手に伝える(早い話が「自分で触れて回る」ということです)」、「ばったり知り合いとあってしまう(または現場を目撃される)」などといった、直球のバレ要素でもない限り、バレのリスクはそれほど高くなかった、と思われます。
しかし、現代はTWITTERやLINE、FACEBOOK、ブログなどのSNSが完全に普及し、情報発信を個人的に活発におこなう時代となりましたので、バレのリスクは以前よりも高まっていることは確かです。

目撃者が不特定多数となる

かつてネットやSNSがなかった時代、特定情報、例えば「風俗店の情報」や、「風俗嬢の情報」は、もっぱら紙媒体や口コミ、もしくはお客さんや従業員となって、実際に現場に行ってみることでのみ、取得できるものでした。

働き手である女性から見てみると、前述のとおり、自分で触れまわったり、ばったり知り合いに出会ってしまったりでもしない限りは、バレの確率は非常に低かった、といえます。
しかし、ネットやSNSが普及し、特定情報の取得は、いつでもどこでも誰でも、PCやスマホや携帯でググれば、簡単に取得できて、なおかつ関連する情報、例えば風俗店であれば、お店の情報と一緒に、所属する嬢の顔の写真やブログ、口コミ、場合によってはプラスアルファの情報まで、お店の名前や嬢の源氏名をキーにして、同時に瞬時に確認できてしまうようになりました。
いわば、「特定の目的を持った目撃者が、かつてとは比較にならない規模の不特定多数になる」、ということを意味しています。
さまざまな情報が、関連事象として紐づいた形でヒットしてしまうため、「思いがけない目撃者」をも生むことにもなっているのです。

エリア情報も紐づいて出てくる

日本 地図お店や個人の情報とあわせて、さらにはエリアの情報も、すべて紐づいた形で検索者には提供されます。
「どのエリアのどのジャンルの、なんというお店の、なんという名前の、どんな顔の嬢で、体験者の口コミはどのようなものか」といったことまで紐付いているため、もしも彼氏や家族が「目的を持って検索した」場合、場所の特定をもできてしまう、ということです。
もちろん、本名をさらしたり、個人情報を特定できるような要素を、ネット上に公開しているようなことはまずないでしょうから、そういった意味では、一定の匿名性も、あわせて持ち合わせていることも事実です。
しかし、TWITTERや2チャンネルの炎上騒ぎなどから推測できるとおり、ネット空間は、リアル空間と比較して、不特定多数の規模が増加していることから、さまざまなスキルや調査手段を持った人々が、集まりやすい環境でもあります。

バレてほしくない事情がある場合、特に今回のテーマである「風俗店に勤めていることを伏せたい場合」には、ネットに公開する情報は、実態とはなるべく遠い形にしておく必要があるでしょう。

交通事故リスクを軽減できるメンズエステ

ネット公開対策を万全にしてもリスクはある

これまでのご説明で、「ネット公開リスク」は、想像以上に存在することがわかっていただけたか、と思います。
このリスクを軽減させるための対策としては、ひとつひとつのバレ要素の裏返しを、地道におこなっていけば良いのです。

まず、エリアとジャンル、お店の情報は、隠す必要のない「企業情報」などで放置するとして、対策すべきは「個人との紐づき情報」です。
まずは本名を公開しないこと、それから個人を特定できる情報(出身地や生年月日、出身校、家族や身内の情報等)を、徹底的に排除することです。
これにより、個人情報が不明確になることから、エリアやお店との紐づきの特定が、より困難になります。
さらには「顔写真の加工」も有効です。

顔写真や体系については、化粧や髪型、服装の流行による「個人特定の困難化」もさることながら、写真加工の技術も格段に上がってますので、個人情報を秘匿することと、顔写真を加工することで、ほぼ完全に身バレを防止することができそうです。
それでもまだリスクは存在します。
それが、「自分から発信してしまうこと」です。

自分から発信しない

携帯このため、「ブログやTWITTERなどで、自分から個人情報を発信しないこと」も、身バレを防ぐうえで非常に重要な事項となります。

SNSでは、ついつい本音をさらしてしまうことが多くなることは事実ですが、それでも、個人を特定できる情報の発信は、意識して避けるべきです。
この点については、SNSの中でも、FACEBOOKは匿名性を持たないユーザーが多数いる、言い換えれば、「いくら自分自身が匿名性を持っていても、相手が実名であったり、出身地や出身校などをさらしている可能性が高い」ため、相手起因で身バレに発展する可能性が高く、特に注意が必要です。
よくあるのが、相手のアップした写真やコメントに対して、ついつい立ち入ったコメントをしてしまい、そこから個人情報を特定できるような事象にまで発展してしまう、というケースです。
自分自身で発信することはもちろん、個人情報をさらしている相手に対するコメントについても、慎重な姿勢で臨むことが必要です。

事前のお客さん確認の有効性

ここまで慎重にSNSによる身バレを防いでも、防ぎきれないのが「出会い頭のバレ」です。
お店である以上、身内がお客さんとして来店して、自分が接客することになってしまったら、出会い頭の事故は起こり得ます。
これを避けることができるのが、「メンズエステ」です。
そもそもネット上の顔出しも、高い確率でおこなっていませんし、ポリシーとして、来店したお客さんの事前チェックもできる可能性が高い、といいます。

この「事前チェック」の有効性は、「出会い頭の事故を防ぐ」という意味においては、絶大です。
なぜならば、本人が相手を認識さえすれば、事故を未然に避けることができる、つまり、「交通事故の確率を、自分自身でコントロールできる」からです。
また、いまや風俗店では日常的におこなわれているという、アリバイ対策なども当然完備していることも予想されますので、風俗店のジャンルの中では、「出会い頭による身バレ」の抑止力が高いジャンルである、といえそうです。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする