メンズエステに来るお客さんにメッセージ付きの名刺は渡しますか?

今回のテーマはメンズエステに来るお客さんにメッセージ付きの名刺は渡しますか?
と言う事についてです。

メンズエステでも名刺を使う人がいると思いますが、名刺にメッセージを書いて渡す必要があるのか、と言う事をメインにこれから色々と書いていきたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

メッセージ付き名刺の効力

ペン今回のテーマはメンズエステに来るお客さんにメッセージ付きの名刺は渡しますか?
と言う事についです。

どんな仕事でも仕事がら名刺を渡す渡される、と言う事はあると思います。
一般的な職業での名刺交換と風俗嬢の名刺交換で大きく違う点があるとするならばそれは名刺にメッセージを書くかどうか、と言う所になってくると思います。
なぜメッセージを書く必要があるのか、そしてそれを渡す必要があるのか、と言うのがまさに今回のテーマの核になってくる部分だと思います。
メンズエステにおいて来店されるお客さんに対してメッセージ付きの名刺を渡すかどうか?

その答えは嬢によって変わってくると思います。
しかし、基本的には渡している人の方が多いのではないかと思います。
普通に考えて、内容にもよりますがメッセージを書いて渡してもらえると言うことは渡された側にとっては素直に嬉しいと思います。
やはり直筆でのメッセージと言うのは効力が大きいと思うのです。

その人ならではの文字、そしてメッセージ内容がより相手に伝わり心を動かすのではないかと思います。
そもそも名刺を何の為に渡すのかと言う事ですが、それは仕事上と答える人もいると思います。
しかし風俗ではあくまで自分の顔と名前をお客に覚えてもらう為、そして自分を宣伝してもらう為、再来店してもらうため、などと言う理由で渡す人が多いですし、渡していく事によって様々な効果を生むのが名刺の役割になってきます。
そこにプラスαでメッセージを添えて渡すと言う状況はものすごく効果のある手段だと思うのです。

出来る事なら名刺にメッセージを書いて渡した方がいいと思いますし、渡す方が自分にとって利益をもたらす事にも繋がっていくのではないかと思います。
やはり風俗は客商売です、客商売と言うのは何より人と人との繋がりが大事だと思います。
名刺は、確実に人と人とを繋げてくれます。
あなた自身とお客の繋がりであったり、お客とそのお客の知り合いを繋げてくれて来店してくれたりと、様々な力を秘めているのです。

風俗ジャンルやお店にもよりますが、名刺を活用できる状況があるならした方がいいですし、無かったとしても自分で作るなりして渡していく方が効率的であると言えると思います。
ここまで名刺に関して名刺を渡す事には大きな意味があり、渡す事によって自分にとってメリットは大きい、と言う事を書いてきました。
しかし、あくまでも大事な事は名刺を渡すタイミングと、そしてその名刺に何を書くのか、と言うメッセージ内容になってくると思います。
その2つについてこの後書いていきたいと思います。

メッセージに何を書いて渡せばいいのか?

カード ペンメッセージ付きの名刺を渡せば自分にもメリットが訪れる可能性がある、と言う事はよくわかったと思います。
早速自分も実践してみよう、そう思う事はとても良い事ですし是非そうしてほしい所ですが、問題は名刺に何か書けばいいのか?
と言う事を迷うのではないかと思います。

前述でも軽く触れましたが、文字には力を秘めています。
そしてその力と言うのはいつも良い方向に行くとは限りません。
自分が伝えたい気持ちが、相手にとっては違う風に捉えられる場合もありますし、勘違いされてしまう事も内容や書き方によってはあると思います。
故に、メッセージは何でも書いて渡せばいい、と言う訳ではないと言う事です。

では何を書けばいいのか、と言う事ですが書き方もポイントをあげるとするならばいくつかあります。
まず1つ目はやはり渡す相手への感謝のメッセージではないでしょうか。
来店してくれたことへの感謝であったり、自分を指名してくれたことへの感謝、と言うのはまず一番最初に書くべきメッセージになってくると思います。
これを最初に書く事で、それが仮に社交辞令と言いますか、挨拶だと分かられていたとしても書いておいて絶対にそんはないと思います。

客商売はお客あっての商売です、お客にまずは感謝する、し続ける、と言う事が何よりも大事なことなのです。
そして次に書く事は今日自分はお客を接客してみて何を感じたのか、と言う事です。
自分がしたサービスの事でもいいですし、今回はメンズエステの風俗ジャンルですので実際にお客をエステしてみて気になった部分や気持ちいいと感じてくれた部分はあったのか、と言う事を感想と問いと言うニュアンスである意味投げかけるようにメッセージすると、より今日の施術と言うのがお互いにとって明確な物になってくると思いますし、次回はもっとこうしようかな、次回もしてもらおうかな、そして何より次に来店したときの会話のネタにもする事ができると思います。
名刺は人と人を繋ぐ役割があると前述しましたが、こういったメッセージの中でも繋ぐ、と言う意識をもって言葉をチョイスし書いて行く事をぜひ意識してもらいたいと思います。

この2つはいわゆるテッパンと言いますか、絶対に書いた方がいいメッセージではないかと思います。
そしてあくまで意識してほしい事は、長々と書かない、と言う事です。
シンプルすぎるのは良くないですが、簡潔に言いたい事をまとめて書く方が相手にとって分かりやすいですし、より伝わると言えると思います。
ですので、3行ぐらいを目安にメッセージを書く事をオススメします。

そしてこの2つプラスで自分が書きたい事、メッセージしておきたい事、と言うのを添えるとより効力を持った名刺になるのではないかと思います。
肝心の名刺を渡すタイミングですが、やはりお見送りと時が一番良いのではないかと思います。
渡す渡し方もちょっと気の聞いた一言を言った後に渡してみたり、何か1つ自分の中でのオリジナルを添えて名刺を渡すと、より受け取るお客にとっては嬉しいと思います。
吹き出しタイミングや間合いと言うのは難しい場合もありますが、上手に渡す事によってより効力を生みますのでぜひ意識して渡してほしいと思います。

今回はメンズエステと言う風俗ジャンルでしたが、その他の風俗ジャンルでも同様の事が言えると思います。
仕事をする、そしてしていく、と言う事を考えて名刺の力を存分に利用して自分の利益を上げていってほしいと思います。
あまりずる賢くしたり、あくどい感じが出過ぎるとお客に見透かされてしまいメッセージも逆効果になってしまうかもしれませんので、あくまでメッセージ内容も渡すタイミングも自然体を意識してほしいと思います。

まとめ

メンズエステに来るお客さんにメッセージ付きの名刺は渡しますか?と言う事について色々と書いてきました。
来店するお客にメッセージ付きの名刺を渡す風俗嬢は多いと思います。
そして渡す方がいいか渡さない方がいいかと聞かれれば、渡す方がいいと言えると思います。

前述してきた内容を良く理解すればわかると思います。
渡した方がいいですが、あくまで渡し方、そして名刺に書くメッセージ内容、と言うのが大事になってくると思います。

好きな事を書いて好きな時に渡せばいいのが名刺ではありません。
お客の事を一番に思い、そしてメッセージとタイミングを慎重に、と言う事を意識して取り入れて行ってほしいと思います。

人と人を繋ぐ事はこの商売にとってはとても大きな効力を生みます。
名刺1つでもその役割は十分にあるのです。
要点を抑えてあなたにしか書けないメッセージを一人一人のお客に対して書き、そして渡していってほしいと思います。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする