SMクラブってヘルスより写真撮影とかメディア露出多いよね?

昔の吉原では店頭にズラッと遊女たちが並んでおり、お客さんは直接遊女の姿を見て指名することができました。
しかし、現代の風俗店を訪れるお客さんは指名する前に生身の風俗嬢を見ることができないのでお店のホームページに載っている写真を見て選んでいます。
どんなに可愛い風俗嬢でも写真の見栄えが良くなければ指名されにくく、指名がなければ稼ぎが激減するので風俗店で働く意味がありません。

人気嬢になるためには写真撮影で奇跡の一枚を撮影してもらうのが近道なのです。
特にSMクラブの風俗嬢はメディア露出が多いので、お店のホームページはもちろん雑誌やアダルトビデオで活躍する人も多いので写真撮影に慣れておく必要があります。
受けの良い写真を撮ってもらうためには何に気をつけたらよいのでしょうか。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

写真は実物の1.5倍がベスト

写真 カメラより多くの指名を獲得するためにも映りの良い写真を撮ってもらうべきですが、あまりにも実物とかけ離れた写真を載せると後からクレームになる危険性があります。
よくSNSのプロフィール画像などに本人の面影が少しも残っていないプリクラを使用している人がいて、タグ付けされている無加工の写真と見比べるとあまりの差に驚いてしまいますよね。
このように風俗店のホームページの写真と本人がかけ離れていることをパネマジと呼びます。
お客さんはパネマジに騙されないようにお店のホームページだけでなく、風俗嬢のブログやSMクラブの雑誌などをチェックし素顔を知ろうと奮闘します。

しかし、写真撮影した後に全く修正をかけないままでホームページに載せる風俗嬢はいません。
稀に写真写りが良い人もいますが、大体が写真になると本人の魅力が現れず暗く引きつった印象になってしまうのです。
最も好印象でクレームにもなりにくいのは本人の1.5割増し写りの良い写真です。
まずは加工前の写真をいかに美しく撮影してもらうかが重要なので、有料であってもプロカメラマンに写真撮影してもらいましょう。

SMクラブの場合はウケの良いポーズや角度が決まっているのでSM撮影に慣れているカメラマンに撮ってもらうとスムーズです。
撮影中もカメラマンに任せっぱなしではなく、自ら写りを確認し納得のいく写真に仕上げてもらいます。
写りの良い写真が出来上がったらスタジオやお店が勝手に修正する場合もありますが、光で飛ばし過ぎていたり足やお尻を加工しすぎていないかチェックしましょう。
ある程度人間らしさを残すとパネマジと思われにくく指名率も上がります。

時間が経つと体型や顔も変わるので、風俗嬢の自腹であっても定期的に新しい写真に更新するようにしてください。
自分の容姿はよく知っているようで客観的に見られていない場合が多いので、1.5倍に盛れているかどうか確認するには友人に判断してもらうのが一番的確です。
一般的な風俗店では笑顔の写真を載せますが、SMクラブでは冷酷な女王様の顔や調教したくなる悩ましいM女の顔なども撮ります。

プレイ中の動画撮影のポイント

ポイント撮影はホームページの写真だけではありません。
SMクラブによくあるオプションにも撮影があり、お客さんは風俗嬢とのプレイを動画に収める事が出来ます。
ホームページの写真には顔がはっきり写る場合が多いですが、基本的にオプション撮影では顔と女性器を映すのはNGです。
ルール上では決められていますが興奮するとお客さんのカメラが女性器に向く場合もあるので、プレイ中であってもきちんと注意するようにしてください。

特にM女を撮影しているお客さんは羞恥心を煽りたいためにNG行為をしてしまう傾向があるので、スタッフにも協力してもらい撮影を中止してもらいましょう。
顔や女性器を撮影された可能性があるのに事を荒立てたくないために黙っていると、後から万が一にもインターネット上に掲載された場合に特定されてしまう可能性もあります。
撮影ルールとして「第三者に見せないこと」「インターネット上に載せないこと」「販売しないこと」が決められていますが、中にはモラルの低いお客さんもいるので怪しいと少しでも感じたらスタッフに報告した方が安全です。
アダルトビデオのカメラワークやプレイ内容に満足できず、自分だけのSMビデオを作りたいと考えるお客さんが撮影オプションを希望します。

お客さんは帰宅してから撮影したプレイを見直しますが、興奮していたプレイ中とは違って少し客観的な目で風俗嬢を見る事になるのです。
そのため風俗嬢の身体も一層生々しく見えてしまうので、撮影された自分の身体がどのように見えるのか研究しておく必要があります。
特に姿勢の悪さやお腹のたるみは美しくないスタイルに見えるので注意しましょう。
腰をくねらせたり背中を反らせるとセクシーな印象になります。

感じている演技をしている人は指先まで意識を集中させて接客しなければ動画を見直されたときにバレてしまいます。
反応のバリエーションもワンパターンだと飽きられてしまうので様々な感じ方をするよう心掛けてください。

アダルトビデオの撮影

撮影 動画SMクラブの風俗嬢にはアダルトビデオへの出演オファーが頻繁に来ます。

アダルトビデオのギャラは想像より安いですが、出演するとビデオを観た人がお店に来てくれるなど宣伝効果が抜群です。
また、アダルトビデオで人気が出ると芸能界デビューできる可能性もあるので、興味がある人は是非チャレンジするべきです。
一度アダルトビデオに出演すると販売やレンタルもされますし、インターネット上にも掲載される可能性があるので身バレを避けたい人は気を付けてください。
接客時と違いアダルトビデオでプレイをするときはカメラを意識します。

ピンヒールで踏みつける、ペニバンで責めるなどのプレイでは相手の男性を気持ち良くするよりも観ている人が興奮する映像を想像して動いてください。
ビンタも実際に痛くても観ている人には伝わらないので、大きく振りかぶる演技をすることで激しさを表現します。
カメラマンや監督からも指導がありますが、撮影前に鏡の前で演技してみると意外と地味な動きをしていることに気が付きますよ。
出演が決まったら何本か本物のアダルトビデオを観て勉強しておくと撮影時に困りません。

AV女優によって見せ方が異なるので最もエロティックに見える動きや言葉を研究します。
また、下から撮影された時の身体の見え方などカメラワークについても注目し、自分の携帯のカメラで様々な角度から撮影してみると綺麗に見える姿勢を見つける事が出来ます。
撮影を許可すると人気やチャンスが手に入るメリットも沢山ありますが、身バレや個人の特定などプライバシーに関わるようなリスクも避けられないので安易に許可するのは危険です。
一度流出してしまうと完全には削除できないので、覚悟を決めてからアダルトビデオやオプション撮影に踏み切ると後悔の心配がありません。

まとめ

風俗店のホームページに載せる写真は実物の1.5倍美しく撮れたものが最適です。
まずは、プロカメラマンに様々なポーズで撮影してもらい奇跡の一枚を選びます。
過度な修正はパネマジと思われるので、光で飛ばし過ぎたりスタイルを良くし過ぎるのは逆効果です。

客観的な意見は自分ではなく友人に聞いてみましょう。
SMクラブにはお客さんがプレイ中の風俗嬢を撮影するオプションがあり、顔や女性器を避けて撮影を許可されています。
映像に残ると生々しく身体のたるみなどが目立ってしまうので、普段から写り方の研究をしておくと撮影中も迷わず動くことができます。
お客さんがNG行為をした可能性がある場合は、すぐにスタッフに報告し確認してもらうと安心です。

アダルトビデオの出演オファーが頻繁に来るSMクラブですが、実際のプレイの動きとアダルトビデオの演技は違うので撮影が決まったらAV女優の動きを研究して下さい。
どんなに激しい行為をしていても実際には激しく見えないことも多いので、鏡の前で自分の動きを観察してみると意外と地味なことに気付きますよ。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする