ピンサロの面接ではどんな事が行われる?誰でも受かる?

「ソープランド、デリヘル…と渡り歩いて来た風俗嬢の行き着く最後の場所がピンサロ」そんな言われ方をすることがあります。
実際あたらずしも遠か

らずで、いろいろな意味で行き詰まった風俗嬢が、この業界で働き続けるために選ぶ最後の職種がピンサロだと言えるかも知れません。
でもこのピンサロ、違った魅力も秘めており若い女の子たちもあえてこの職種を選んでいるくらいです。
では、ピンサロで働くにはどうすれば良いのでしょうか。
本記事では実際に面接に訪れる気持ちに成って考えてみました。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

なぜピンサロなのか?

質問「ソープランド、デリヘル…と渡り歩いて来た風俗嬢の行き着く最後の場所がピンサロ」。
なぜそう言われるのでしょうか。
そこにピンサロという業種を選ぶ理由も隠されています。
わざわざピンサロという業種を選ぶ理由を、初めに考えてみましょう。

外見が問われない。

ピンサロ店内は意図的に暗くしてあります。
隣に座った女の子の顔がよく見えないくらいです。
表向きの理由は、オープンスペースであるピンサロでブースが隣り合った男性客同士のプライバシーを守らなければならないからです。
しかし実質的な効果として「ピンサロ嬢が美人なのかどうかよく分からない」ということがよくあげられます。

お店側ももちろん、そのことを承知しています。
恐らく、照れ屋な男性客でしたら最後まで隣に座った女の子は声の印象くらいしか残らないのはないでしょうか。
このピンサロの暗さはキャバクラやセクキャバの比ではありません。
しかも店内に大音量で流れているユーロビートめいた音楽が、男性客の感覚を麻痺させてしまうのです。

こういった事情から、ピンサロ嬢は「外見が一番問われない風俗」だと言われています。
手っ取り早く言ってしまえば、外見から不採用にされる確率が最も低く、誰でも受かるとさえ言えてしまうのです。
年齢を重ね美貌に自信を無くした風俗嬢がピンサロを選ぶ理由は、正にここにあります。

フェラだけできればよい。

他にあえてピンサロを選ぶ理由があるとすれば、それはテクニックがあんまり必要とされていないということです。

ソープランドで年齢的に限界まで働いた風俗嬢のことを想像してみましょう。
確かにソープランドで使うテクニックとは相当なものです。
マットプレイから股洗いまで、その業種特有のテクニックがたくさんあります。
しかしそれらは「つぶし」の効かないものです。

だとすれば、年齢上限界までソープで働いてしまった女性は、たとえばそこから性感マッサージやSMクラブに転職するには、あまりにも適応能力を欠いた風俗嬢と成ってしまうでしょう。
年齢的にも、叱られながら新たなテクニックを身につけるにはかなりキツイところがあります。
そこでフェラだけできればよく、特別新たなテクニックを要求されないピンサロが好まれるわけです。

時給制。

時計最後にもうひとつピンサロを選ぶ理由をあげるとすれば、それは時給制ということです。

風俗は普通、出来高制です。
ソープであってもデリヘルであっても男性客が付かなければ報酬は発生しません。
この点を突いて、あるピンサロの店長はこんな風に語っています。
「風俗のほうが簡単に稼げると思っている女の子は多いかも知れません。

実際、デリヘルやソープの人気嬢なら1日で7万から10万円くらい稼げたりします。
しかしこの理解は半分しか当たっていません。
デリヘルやソープでも人気嬢でなければ、報酬は発生しないのです。
つまり誰からも指名が貰えなければ、その日の給料はゼロ円なのです。

この意味でデリヘルやソープの求人広告は、全部そうだとは言いませんが、半分盛っている所があります。
これに対してピンサロでは給料形態が異なり時給制ですので、1日働いて給料がゼロ円ということは決してありません。
しかも待機中でも給料は発生するのです。

ピンサロのこういった側面に魅力を感じて応募して来る風俗嬢さんもたくさん居るわけです。

いざ面接へ!

こう考えてみると、ピンサロを選ぶのは決して消去法ではなく、あえてそれを選ぶ積極的な理由があることが分かります。
では仮に、いざピンサロへと応募、面接にまで進んだならどんな風になるのでしょうか。
続けて見てみましょう。

応募。

応募は風俗求人サイト経由でも良いですし、気に入ったお店のホームページからでも結構です。
いまはすべてインターネット上でできてしまうので簡単です。

面接。

「写メ面接」などが流行っていますが、結局じかに面と面を向かい合せて行う面接は不可欠です。
ここでいろいろ尋ねられることに成ります。

以下では面接官(大概の場合は店長)に出される典型的な質問をひとつひとつ、見て行きたいと思います。

「性風俗や水商売の経験はありますか?」

これはどのような業種の風俗でも聞かれる質問です。
単純に「経験者か否か」を尋ねると同時に、「掛け持ち、特に同業者の複数店舗に籍を置こうとしていないか」がチェックされます。

経験の有無については正直に答えてください。
掛け持ちについては、特に同業者の掛け持ちは避けるようにしてください。

「プレイで、どこまで許せますか?」

これも、どの風俗業種でも尋ねられる質問です。

基本的に「お店で許されているプレイは全部」という答えが店長の希望でしょうが、クンニリングスなど自分が絶対受け入れられないと思うプレイはここで伝えておきましょう。
採用か不採用に関わる話ですが、採用後辛い思いをするよりマシです。

タトゥーチェックとスリーサイズ申告。

タトゥーいまでは女性スタッフも居るピンサロ店もありますので、タトゥーチェックは彼女たちにやってもらうかも知れません。
スリーサイズはお店のキャスト紹介に載るところなので、盛るか盛らないかはスタッフに任せて、ここは本当のことだけを伝えておいた方が良いでしょう。

男性客のクレームを回避するためでもあります。

「どうしてピンサロ店を選んだのですか?」

「1.なぜピンサロなのか?」に書いた内容が本音でしょうが、これらを決してネガティブ(否定的、消極的、後ろ向き)に成らないよう、ポジティブ(肯定的、積極的、前向き)に伝えましょう。

どんな業種でもやる気が重要です。
間違っても「ソープランド、デリヘル…と渡り歩いて来た風俗嬢の行き着く最後の場所がピンサロだから」なんて言ってはいけません。

講習は?

ピンサロは高度なテクニックを必要としない風俗ですが、お店で働く女の子にはひと通り覚えてもらわなければならない流れがあります。
そのなかに「フェラの講習」も含まれるかも知れません。

ただこの点は微妙で風俗経験者だったり、そうでなくても処女さんでも無ければ大抵の女性はフェラをすることはできます。
「もちろん処女じゃないよね」という面接官からの簡単な口頭確認で、あとは流れだけを習得させ、判定は男性客に丸投げするということも可能なはずです。
だから過度な講習には十分気をつけてください。
特にフェラ講習があったとしても、男性スタッフをヌキ(射精)まで導くことが強要されたなら、それは立派なセクハラに当たります。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
風俗店のなかでも、比較的熟年者向けであるピンサロについてご説明させて頂きました。
「ソープランド、デリヘル…と渡り歩いて来た風俗嬢の行き着く最後の場所がピンサロ」なんて後ろ向きなイメージもありますが、ピンサロにはピンサロ特有の長所もあり、それは上に述べたとおりです。
理由はどうあれ、この業種に入るつもりならポジティブな気持ちで居たいものです。

頑張ってください。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする