M性感は性病になる確率が低いのはプレイに手袋などを使用するから?

基本的に風俗業界で働く上で、性病のリスクは切っても切れない関係にあります。
お客さんに性的サービスを行うことから当然とは言えますが、定期的な性病検査に足を運んだり、ソープで働いている方でもそのリスクと日々戦いながら高収入を実現していると言っても過言では無いでしょう。

デリヘルなどの本番行為が禁止されているお店であったとしても性病感染のリスクはつきものとなりますが、M性感の様なソフトサービス系のお店で働いた場合には性病感染の危険性は著しく低くなります。
今回はそういったM性感の様なソフトサービスのお店が、性病感染のリスクが低い理由に関してご説明したいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

M性感で働く際には絶対に手袋を付けることが出来る?

手 女性まずはタイトルにあるような手袋の存在に関して。

こちらに関してはお店によって違いがございます。
全てのお店が手袋を着用させてくれるというわけではございません。
しかし、特にアナルプレイが多くなるM性感の特徴上、アナルを弄る際にはゴム手袋を着用させてくれるお店が多いのは事実としてございます。
ゴム手袋の素材には滑りが良くなるシリコンが使われていることがございますし、実際まだアナル開発が済んでいないというお客さんが来店された場合、そのまま素手で開発するのはする側もされる側も難しさを感じてしまう事でしょう。

手コキをするだけでゴム手袋を着用させてくれるようなお店はかなり優良店と言えますが、そうそうない様なイメージがございますので、あくまでアナルプレイの際にはゴム手袋を着けられるという認識を持っておくようにしましょう。

M性感で働く上で感染する可能性がある性病

それでは実際にM性感嬢として働く上で、感染する可能性がある性病に関してご紹介いたします。
働く前に知識として備えておくだけでもリスク回避に繋がると思いますし、お客さんに対しても十分な説明と説得をすることが出来るようになりますので、自身の身体を守るためにも必ず覚えておくようにして下さい。

大前提としてお伝えいたしますが、性病はセックスをしなくても感染いたします。
フェラチオやアナルセックス、病気によってはディープキスでも感染する病気がございますので、少しでも疑いを持ちましたらすぐに病院に足を運んで検査を受けるようにしましょう。
まずはクラミジアです。
クラミジアは日本で最も感染者数の多い性病と言われています。

若い年代を中心に感染する傾向にありまして、女性よりも男性の方が自覚症状が出やすいと言われています。
代表的な症状としては尿道炎でしょうか。
尿道周辺に異常を感じるようでしたらクラミジアが原因の性病の可能性が非常に高くなりますので、検査の必要がございます。
しかし、前述致しました様に自覚症状は男性の方が出やすい傾向にございます。

女性は自覚することなく感染しているということが多くございますので、痛みなどを感じなくても普段と違う点を感じることがございましたら疑いを持った方が良いでしょう。
M性感で働く際に発症しやすい性病としては、喉や目にクラミジアが感染する性病です。
喉に関しては違和感を感じると多くの女性が内科を受診すると思いますが、風邪の初期症状と似ている為ただの風邪と診断されてしまう可能性があるようです。
いつまで経っても喉の違和感が取れないという場合、クラミジアが原因の性病感染を視野に入れるようにしましょう。

内科での受診で改善しなかった場合、耳鼻咽喉科や婦人科を受診するとより的確な診察をして貰えると思います。
そして目への感染ですが、結膜炎を発症することになります。
クラミジアが原因の結膜炎のことをトラコーマと言いますが、こちらはあくまで知識として覚えておいてください。
というのも、日本での発症例があまりなく、水道設備の整っていない海外で感染する可能性が高い病気となっておりますので、海外旅行に行った男性に対して性的サービスを行う際には多少の注意が必要という程度となります。

M, アルファベットM性感においてはフェラチオやディープキスがプレイ内容にある場合は喉への注意、アナルプレイを行った場合にはその手で目を擦ったりしないような注意をすれば回避できると思います。
次に淋病です。
クラミジアの次に感染者数が多いと言われている性病です。
淋病の厄介なところは自覚症状がとにかく出ない点です。

感染した女性の約2割程度しか感染した事実に気付くことがございません。
性行為から感染することが多くなりますが、M性感では性行為を行いませんので、こちらの感染経路も喉に限定してご紹介したいと思います。
喉に淋病が感染した場合、まれに扁桃腺が腫れるという症状が出るようですが、そのまま気付くこと無く性感染者数を増やしてしまう可能性が非常に高くなります。
特定のパートナー、恋人や旦那さんがいらっしゃる女性がM性感で働く際には、必要以上にセルフチェックや病院での検査を受けるようにしましょう。

喉に感染したままプライベートでフェラをし、そのままセックスをするとお互いに淋病に感染することになりますので、お互いの浮気を疑うきっかけになったりM性感で働いているという事実を隠して働いている場合には身バレに繋がります。
二次、三次被害にまで広がることになりますので、気にしすぎて丁度良いくらいの感覚で淋病ともクラミジアとも付き合うようにして下さい。
そしてこの淋病ですが、性器周辺や尿道に対しての症状ではクラミジアとの違いがございますが、喉への症状に関しては違いが無いという事がお分かりいただけると思います。
そういった関係から、クラミジアと淋病を同時に感染してしまうという女性もいらっしゃいます。

割合淋病感染者の実に2割から3割ほどの女性が同時にクラミジアにも感染すると言われておりますので、悪化する前に対処する必要がございます。
病院での検査に加えて、郵送で検査キットを注文することも可能となりますので、仕事で忙しいという方や近くに病院が無い、行きつけの病院が無いという方は利用するようにして下さい。
行為の翌日には検査すれば陰性か陽性か反応が出る病気となっておりますので、早期発見から軽度の段階で治療を行うようにして下さい。

まとめ

風俗嬢として働く際には性病との折り合いは自分の中で付ける必要がございますが、「折り合いを付ける」ということは「諦める」ということではございません。
適切な対応をすれば回避することが可能となりますし、定期的に検査を受ければ早期に治療することが可能となります。
あくまで一般的な仕事をしていらっしゃる方よりも感染するリスクが高いというだけであって、感染してしまっても対応すれば重大な疾患に繋がるような事はございません。
しかし、裏を返せば検査や治療を行わなければ重度の症状に発展することがございますし、重大な疾患に繋がることになります。

エイズ発症の危険性も高くなりますので、決して放置していていいという物ではございませんので、ソフトサービスのお店だからといって安易に考えてしまわない様気を付けて下さい。
しっかりと性病の危険性を理解して、感染してしまう事の無いように仕事を行い、感染してしまった様な疑いを持った場合には検査を受け、二次感染に繋がらないように気を付けましょう。
上手に付き合えば恐れることは無いという認識を持って仕事に励むようにして下さい。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする