ピンサロって入店前に講習ある?どこまでされたらセクハラになる?

最近、ピンサロのブームが再来しています。
フラ系やレモン系と呼ばれる平成系のピンサロは特定の男性客の気持ちをがっちりつかんでいるようで、都心を中心に求人情報も行き交うようになりました。

女の子にとっても、時給という「保証」があるピンサロは出来高性のほかの風俗とは異なる魅力があるに違いありません。
本記事では、そんなブーム再来のピンサロで働こうと思っている女の子にとって、恐らくは気に成るであろう「入店前の講習」について、すこし考えてみたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

入店前の講習とは?

質問風俗と言っても、ただ男性客に体を預ければ良いわけではありません。
基本的に女性主導で、男性客をヌキ(射精)まで誘うのが風俗のサービスだと考えてください。

そのためには、手コキももちろんですが、フェラチオを初めさまざまな女性主導のテクニックを学ばなければなりません。
多くの女性が、たとえ処女ではなかったとしても、こういった「攻め」のテクニックなんか身につけていないはずです。
逆に身につけていたら、彼氏に危ぶまれるのが普通でしょう。
こういった違い、すなわち普通のエッチでの「受け身」と、風俗サービスでの「攻め」の間にある溝を埋めるために、多くの風俗店では講習というものを用意しています。

それは店の流れをつかむための研修の延長線上にあり当然、実技講習も含んでいるのです。

風俗において講習制度が一番確立しているのはソープランド。

風俗において講習制度が一番確立しているのはソープランドでしょう。
これは単純に男性客単価が高く(高級店ともなると10万円近く)、接客時間が長い(高級店ともなると2時間からが普通)からです。
また、性的サービスのテクニックが複雑多岐に渡るのもソープランドならではのものです。

実際、私たちが耳にする風俗のテクニックのほとんどがソープランドに由来していると言えます。
すこし挙げてみましょう。
・ボディ洗い
・股洗い(たわし洗い)
・壺洗い(膣を使って男性客の指を洗うこと)
・スケベ椅子の使い方
・フェラテク(玉舐めなど)
・蟻の門渡り

これだけの特殊技術を必要とするために、高級のみならず中級、格安のソープランドでさ、売り上げがそこそこのお店と成ると講習専門のスタッフを外部委託するか、自腹で雇うかしているのです。

ピンサロの場合、そこまで話は込み入っていない。

しかしピンサロの場合、必要とされるテクニックはソープランドとは違い、格段に少なくなります。
一般にピンサロで提供されるサービスは次のようなものだと言われています。
・キス、ディープキス、おっぱりタッチ、おっぱい舐め、お尻タッチ、クンニリングス、手マン、指マン、パイズリ、フェラチオ。

どうでしょうか。
パイズリとフェラチオを除けば、ほとんど受け身で良いプレイばかりですよね。
だから極端な話、ピンサロで働くためには特別なテクニックを身につけておく必要は無いわけです。
重要なのは、入店して来た男性客に恋人気分でイチャイチャできるか、というメンタルの面だけだとも言えるでしょう。

では、講習でいったい何をやるのか?

メンタル面だけしかピンサロ嬢には必要ないのだとしたら、講習でいったい何を学ぶと言うのでしょうか。
実技講習ということで言えば、せいぜい思い当たるのはフェラチオのテクニックのチェックくらいしかありません。
例えば男性経験がある女の子だったとしても、フェラは「あんまりやったことがない…」という娘の場合プレイで男性客のアソコに歯を立ててしまったりして、痛い思いをさせてしまうかも知れません。
そうするとクレームにも結び付くので、店長としては何としてもそういうことを事前に防いでおきたいのです。

では仮にフェラテクのチェックとして実技講習を行うとした場合、一体どうなるのでしょうか。
すこし順を追って見てみましょう。

講習員は店長か男性スタッフ。

男性フェラの講習と成ると、やはり男性が講習員と成らざるを得ません。
冗談ではなく言いますが「アソコ」が無ければならないからです。

バイブなどで代用できそうですが、やはり感覚は実際のモノを使わなければ分かりません。
最近ではタトゥーチェックなどでしたら女性スタッフがやってくれるピンサロも存在します。
しかし、フェラ講習はやはり男性スタッフでないと効果が無いのは否定できません。

何を講習するのか。

講習でのフェラテクチェックは、ほぼ仕事の流れも含んでいると言えるでしょう。

大切なのは、おしぼりを使って男性のペニスをよく洗浄することです。
どこをどう拭くのか、ということが講習で伝えられます。
これは男性客の射精後のアフターケアも含んでいます。
ピンサロ嬢は一人の男性客に対して大量のおしぼりを消費します。

6枚なんてのはザラのようです。
フェラの講習では、まずこのおしぼりを使ったペニス洗浄の仕方、また射精後の口に含んだ精液の吐き出し方などがレクチャーされることに成ります。

セクハラ講習に成らないために。

「精液の吐き出し方」なんて言いましたが、講習の次元で男性講習員(店長か男性スタッフ)をヌキ(射精)までフェラする必要は無いしそれを強制される筋合いも無い、ということをよく覚えておいてください。
もしそれをされたら、立派なセクハラ講習です。

ましてやヌキよりさらに進んで、本番を要求される「本番講習」にまで講習が発展したなら、それはセクハラを通り越して犯罪(強姦罪)に成ります。
絶対に断りましょう。

面接で自分が許容できるプレイの範囲をしっかり伝えておくこと。

面接いざ実技講習と成ったら、フェラは避けられないと思います。
しかし、ふぇら以外で受け入れられないというものはあるはずです。

何よりもピンサロなので、女の子はそんなに無理してどっぷり風俗プレイのプロに成る必要はありません。
例えば、クンニリングスというのがあります。
これは風俗初心者で普通の性体験を重ねて来た女性の場合、聞いたことすらないかも知れません。
手っ取り早く言えば、男性側からするフェラチオです。

しかし女性にはモノが無いので、その代わりにクリトリスか膣を舐めまわされることに成ります。
彼氏となら許されるかも知れませんが、こういったプレイは、いくら風俗といえどもどうしても受け入れられない女性が居るでしょう。
むしろ無理なプレイを避けたいがためにピンサロを選ぶ、という女の子も居るはずです。
だから自分の許容できるプレイの範囲は、採用面接時などに店長さんにしっかり伝えておきましょう。

それを無視して講習などで、許容外のプレイをお求められたなら「話が違う」とその場でしっかり拒否し、認められないなら入店を避けるべきでしょう。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
「ピンサロって入店前に講習ある?どこまでされたらセクハラになる?」という題名で記事を書かせて頂きました。
まとめると、以下のように成ります。
・フェラテクチェックの実技講習はあるかも知れない。
ただし経験者の場合この段階は経なくても良いはずなので、無理な講習は避けるべきでしょう。
・講習員は店長か男性スタッフ。
実技講習ばっかりは男性によって為されます。
・フェラ以外で自分の無理なプレイは避けるべき。
ピンサロでは、許容可能なプレイに対して女の子にもある程度選択権が残されています。

本番などもってのほかだということも最後に念押しで述べておきます。
とにかく「講習」の名で、自分の望まないことを強要されるのは避けるようにしましょう。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする