昼職とSMクラブを掛け持ちするのは厳しいよね!?

風俗嬢の仕事を1本でしている方もいますが、掛け持ちで風俗女の顔を持っている人も多くいます。
主婦業・学生などが、空いた時間で風俗嬢として働くことは、掛け持ちとは言わず、これは副業・バイトになります。
コンビニや派遣社員などで働くより、時間給が高く・短時間で手軽に給料を多く稼ぐことができるので風俗嬢を副業とするのです。
掛け持ち女性は、昼間は一般的な仕事で朝から夕方まで働いて、そこから風俗嬢に変身して深夜まで働くことや、交代制がある仕事で、深夜仕事が終了してそのまま朝から昼過ぎまで働くなどのシフトになっている人のことを指しています。

事務職・看護師・介護士・工場勤務など、さまざまな仕事をしながら風俗嬢を掛け持ちして貯金をためるのです。
目標の貯金ができることで、風俗嬢を引退して資格取得をして別の昼職に転職する方も多くいます。
目的は人それぞれになりますが、会社バレしないように風俗ができるかがポイントになります。
性風俗タイプのなかでもSMクラブは、肉体的苦痛が大きいためこのような掛け持ちは可能なのでしょうか?

見ていきましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

昼職と掛け持ちしやすい風俗嬢はSMクラブ?

オフィス 女性性風俗のなかでもSMクラブは店舗・働く女性としても人口は少ない分野になります。
性的プレイの内容が、セックス経験だけではできないのもあるのですが、やはり変態プレイというイメージがそうさせているのだと思います。

そのようななか、SMクラブを選択する女性は希少価値か、あまり考えていないで稼ぎだけを見て選んでいるのかもしれないですね。
性風俗には、さまざまなタイプがあるのです。
本番ができるのであればソープ・本番以外であればなんでもする覚悟があればヘルス・できるだけからだをみせることなく仕事がしたい、性的プレイもソフトなものを選ぶのであればセクキャバ・会話はしたくない面臭い客は相手にしたくない女性にはフェラチオがメインのピンサロ・絶対エッチなことはしたくない、されたくない方はオナクラやエステになります。
このようにたくさんのタイプがあるにも関わらずSMクラブを選んでいることになるのです。

掛け持ち先を検討する2つの要素

一般的に、昼職と掛け持ちができる風俗タイプを考える場合、2つの要素があります。
ひとつ目は肉体的疲労度になり、二つ目は時間的なものになります。
この2つの条件がクリアできるもので、稼ぎがいいものを選択しないと、勤めてみても続かないことになるのです。

肉体的疲労度

ひとつ目の肉体的疲労度については、働く時間の長さ・サービスするお客さんの人数・プレイ内容によって決まってくるようになります。
昼職が8時間で、掛け持ちする風俗の仕事が8時間であれば、残りの時間は8時間になります。
8時間で食事・睡眠・その他のことをすべてすることになるので、ハードワークになります。

風俗1本であっても8時間労働はきついといわれています。
昼職が事務職などあまりからだを使わない仕事であっても、せいぜい可能な時間はMAX6時間と考えた方がいいと思います。
サービスする人数は、風俗タイプによります。
ソープであれば90分/1人であれば、3人までになります。
ヘルスであれば、60分/1人であれば4人までになります。
セクキャバは30分/1人であれば、10人ぐらいでしょう。
ピンサロでは20分/1人であれば、15人になります。
オナクラ・エステはヘルスと同じで4人ぐらいでしょう。
ここにプレイの内容による疲労度を考慮する必要があります。
ソープは入浴プレイ・マットプレイ・ベップレイになります。
ヘルスはシャワーとベッドプレイになります・セクキャバはキスとおっぱいプレイになります・ピンサロは生フェラチオになり、オナクラは見ているだけ・エステはマッサージになります。
プレイ内容だけを見れば、1番疲労度が高いのはソープになるのですが、人数的要素も考慮した場合は、ピンサロが一番大変なことになります。

無心になって高回転で生フェラチオする必要があるのです。
肩こりがひどく疲れることになります。
肉体的疲労度で順位をつければ、ピンサロ・ソープ・セクキャバ・ヘルス・エステ・オナクラになります。

時間的な要素

時計時間的なものは、時間調整ができる風俗タイプかどうかになります。
あなたが昼職の業務が終了して働きたいと考えても、風俗店側のシフトとして調整がつきにくいものであれば、掛け持ちしたいと思っても仕事する日数や時間に制限が入ってしまうのです。
店舗サービスのソープ・箱ヘル・マットヘルスなどは部屋に対応して女性をスタンバイさせるようになるので、自由出勤であっても柔軟性はありません。
派遣型サービスであれば、前日までシフト調整ができてシフトに柔軟性があるので、昼職にあわせて仕事が可能になります。

SMクラブの掛け持ちは可能か?

肉体的要素については、どの風俗とくらべてもSMクラブは疲労度が高くなります。
Sの女王様であれば、からだにフィットしたコスプレ衣装に着替えて、ロープを使って縛る・宙づりにする・ムチで打つ・ロウソクを垂らす・腸内を浣腸で洗浄するなど、大変です。
M嬢はその行為をされるようになるのでもっと疲労度は高くなるのです。

時間的要素については、1回のプレイ時間がコースによってかわるのですが、他の風俗より長い時間1人のお客さんとプレイするようになります。
シフト調整に柔軟性があったとしても、人数さばける仕事ではないので、指名をたくさんもってないと稼げないかもしれません。
SMを選択するのではあれは、ハードプレイではなくソフトプレイタイプのオナクラのようなお店を選んで、慣れてきてステップアップしてSMクラブを選択する方法でもいいかもしれません。

SMクラブは顔バレしにくいのか?

昼職と掛け持ちすることで、一番の課題になるのが顔バレによって会社・知人・友人にバレルことになります。
SMクラブでも女王様役になるとコスプレ衣装に着替えて、ドミノマスク(仮面)をしてプレイすることになるので、仮に昼職の社長が来たとしても、ほぼバレルことはないでしょう。
M嬢は、全裸で顔出しになることもあるのでメイクをびっしりして別人のようになっていないと顔バレすることにもなります。
SMプレイの人口から考えると、他の性的風俗に比べ顔バレする確率は低くいのですが、絶対ではないので、顔バレリスクの確率を下げるなら働くエリアをあなたの昼職エリアから離れた所にするといいでしょう。

SMクラブで掛け持ちして手取りはいくら?

お金 財布SMクラブでの稼ぎは、女王様のほうがM嬢より稼ぎが若干多くなります。
但し、お客さんのニーズとしてはM嬢のほうが多くなります。
平均月収で150万前後になり、最低で60万から最高で200万ぐらいの稼ぎと言われています。

1日平均6時間から8時間・月間20日出勤での月収になります。
掛け持ちでは、肉体的疲労度と時間的要素を考慮にいれた場合は、半分と見て計算したほうがいいでしょう。
それでも、30万から100万ということになります。
これはあくまで、SMクラブの客入りがあることが条件になった平均なので、お客さんがゼロだったら稼ぎもゼロになります。

まとめ

昼職とSMクラブの掛け持ちは、肉体的・精神的に疲れが高いので、あなたのペースで働くことがポイントになります。
無理して働くと、掛け持ちしてもすぐにやめることにもなります。
あなたの体力・昼職で勤めている時間・SMクラブ店のシフト調整内容を総合的に見て選ぶことが必要になります。

ご参考にしてください。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする