SMクラブで罰金が発生する時は大体お客に怪我をさせた時が多いよね

風俗店での危険は、本番強要・性病感染になります。
性病感染については、感染元がわからないので、お客さんから風俗嬢・風俗嬢からお客さん、どちらのルートで感染しても治療費については自己負担ということになります。
本番強要はお客さんがルールを守らずにしたことなので、膣内の精液を証拠として警察に訴えれば、お客さんから慰謝料・妊娠した場合は中絶にかかった費用は請求ができるようになります。
お客さんを強姦罪で訴えることもできます。

このようなトラブルは風俗に勤める女性にリスクとしてあります。
SMクラブでは、サービス内容が特殊でお客さんとの信頼関係で成立する部分が多くあります。
それでも、サービスの仕方・加減によってはお客さんがケガをする・女性のケガなどがあります。
トラブルが発生した時の治療費はどうなるのでしょうか?だれが支払うのでしょうか、見ていきましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

SMクラブのプレイは危険と隣り合わせ

SMプレイ内容はどのようなリスクがあるのか

手錠 女性性風俗のなかでプレイ中のケガリスクと隣り合わせになっているのは、SMクラブになります。

ケガリスクが高くなる原因は、特殊な道具を使用してプレイすることになります。
他の性風俗では、口・からだ・手・局部が触れ合ってするプレイになるので、どのようにすればいいか・お互い嫌がっていることは理解できます。
SMクラブは道具を使ってすることになるので、間接的なものになり加減というのが難しくなるのです。
道具をただ単に使用するのではなく、優しすぎてもいけません・激しい痛みがあるのもダメになります・丁度いい・痛いけど気持ちいい感覚で使用していく、難易度が高いプレイテクニックが必要とされているのです。

手の動きで道具がどのような力にかわるのかが理解できていないと、非常に危険になるのです。
SMクラブで使用する道具は、縄・ムチ・ロウソク・ハイヒール・ロープ・猿ぐつわ・手枷・足枷・首輪つきチェーン・アイマスク・フェイスマスク・全身拘束・ペニスバンド・アダルトグッズなどになります。
とくにこの道具のなかでケガにつながるものは、縄・ムチ・ロウソク・ロープ・全身拘束具・ペニスバンドになります。
縄・ロープで両手足を縛って宙づりにすることがあります。

ペニスを縛ることに使うこともあります。
締める加減によっては、神経が圧迫されてからだが動かなくなる可能性もあります。
どこか一部にしびれが残ったままになるかもしれません。
宙づりで縛り方に問題があり、骨折ということもあるかもしれないのです。

ペニスの縛りかた・ペニスバンドのやりかたによっては、ペニスの一部に血が通らなくなって細胞が壊死すると、使い物にならなくなることもあります。
ムチで加減を知らずに打ちすぎると、皮膚がうっ血して傷になることもあります。
全身拘束具で腰が痛くなったりすることもあるのです。
ロウソクはやけどになりにくいものを使用するのですが、肌の状態は個人差があるので、やけどでアザができることもあります。

他の風俗のように、性病感染でだれからもらったのかわからないのではなく、直接プレイしている当人同士が、このようなケガになることがあるのです。
SMプレイはケガをするリスクが高くあることを理解しないといけないのです。

SMは信頼関係でプレイができるもの

S役・M役ともに、SMプレイについて十分理解することになりますが、それ以上にプレイするお客さんと女性の信頼関係がないと、プレイが楽しめないです。

そして、安全・安心にプレイをすすめることはできなくなるのです。
お互いのことを知って、道具の使用の加減がわかっている者同士でないと、ケガになることがあるのです。
経験年数が長いだけではなく、ひとりずつのお客さんの特性がわかっていないといけないのです。
お客さんの加減はそれぞれ人によって変わってくることになるのです。

もしケガした場合はどうなるの?

手錠 女性ケガしたのが、お客さん・女性に関わらず治療することを優先することになります。
女性がお客さんにケガをさせた場合は、大きなケガでない場合はスタッフが謝罪してサービス料金の一部か全額返還によって、だいたいの場合はおさまることになります。
お客さんはケガが治れば、また来店するようになります。

お客さんにけがを負わせても、罰金のようなことはありません。
お客さんはサービス料金の返還で納得したわけで、女性が故意でおわせたケガになるのではないのです。
サービス料金はゼロになるのであなたの収入はゼロになるだけです。
これで罰金を請求するのは違法になるのです。

※ノルマに対しても罰金は法律違反になります。
罰金をとることができるのは法律上で決められたものだけになるのです。
お客さんが女性にケガをさせた場合も同様の考えで、大きなケガでない場合は、ケガを治療して出勤するようになるだけになります。
SMプレイについては、双方が理解した上でプレイに入ります。

同意はあってしたことになるのです。
軽いケガでクレームをつける・慰謝料を請求すること自体おかしいことになります。
お客さんもSMプレイを理解してのことです。
ただ、これが大きいケガの場合は、そういかない場合もでてきます。

お客さんであっても女性であっても、大きなケガをした場合は、病院に通院して治療しないといけません。
骨折は手術も必要になります。
これは、SMプレイの危険性が理解できて同意があった場合でも、それでサービス料金返還でことがおわることにはならないのです。
法律上では、SMプレイでどこまでの行為に同意があったのかについて問われることなります。

SMプレイは同意していたが、いままで骨折したことはない・骨折するまでの行為をしたか、加減できていない行為だと傷害罪で訴えてくる人もいます。
お互いが、いつも通りのSMプレイでそのようになった場合は、過失傷害になるのですが、通常でするSMプレイでない、常軌を逸したプレイ内容でそのようになったのであれば、傷害罪になることもあります。
SM店でのことなので、刑事告訴はないにしても、治療費・慰謝料の支払いは免れないことになるでしょう。
安全の配慮ができていなかったことになります。

法律的にはSM店が女性とお客さんの同意をとっていても、責任はあることになると思います。
※お客さんに負わせたケガにかかった医療費についてSM店と女性が折半するのか、SM店が全額負担するのかはわかりません。
詳細は弁護士に相談してください。
SM店がケガを負わされたということで、お客さんか女性が警察に駆け込んだとしても、警察は介入しないと思います。

SMプレイから、それは大変だったですね。で終わるか、真剣にはとりあってくれないでしょう。

SMプレイでけがを防ぐためにはどうする

チェック女性とお客さんとの信頼関係が一番大切になるのですが、それだけではケガを防ぐことはできません。

S側が相手の状態を確認しながらプレイを加減できるかどうかになるのです。
そのためにも、ギブアップサインを決めてプレイすること・プレイで特に気を付けて欲しいことを話しあって進めることになります。

まとめ

SMプレイは、同意の上でしている行為になるのですが、ケガをした時は、どのような行為を同意していたのかが焦点になります。

プレイ範囲以外の行為でケガをした場合は傷害罪になりますが、そうでない場合は、過失傷害になるかもしれません。
ご参考にしてください。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする