イメクラは基本的に生フェラしない?素股する時もゴム付き?

イメクラでは生フェラを基本コースに入れない事が多いです。

クラジミアなどの性病感染リスクを防ぐこともあります。
しかし、男性が一人でシャワーを浴びてからプレイするケースもあります。
ペニスが不潔なままの生フェラサービスは危険です。

生フェラはオプション

イメクラは基本的に生フェラしない?素股する時もゴム付き?イメクラでは生フェラはオプション扱いのことが多いです。

お店としても生フェラの危険性を認識していることがわかります。
ただ、デリヘルで生フェラがオプションという話は聞きません。
イメクラには目隠しをするプレイがあります。
実際には女性の目隠しは透明なので見えないことはありません。

ただ、女性にシャワーで洗ってもらってから目隠しをしても興ざめです。
夜這いプレイなどは意味がなくなってしまいます。
そのため、男性は女性と別に自分だけでシャワーを浴びるのです。
ただ、男性がどこまで丁寧に洗っているかはわかりません。

きちんと洗っていないペニスを生フェラすることは危険です。
そのため、生フェラをオプションとして選択を風俗嬢に任せているのです。

選択

このようにイメクラでは生フェラをオプションとしてお客さんの選択に任せています。
ただ、女性によっては生フェラをNGとしている事も少なくありません。

プレイによってNGとしている場合もあるでしょう。
自分でお客さんのペニスを洗うことができれば問題はないからです。
ただ、お店としてはNGの多い風俗嬢は扱いにくい事も確かです。
NGのない風俗嬢の方がフリー客を案内する際にやりやすいことは確かでしょう。

リスクを承知の上でNGを外すか、堅くNGとするか、風俗嬢にとっても悩ましい選択です。

オプションは稼げるけど…

オプションプレイはお客さんからもらう料金が多くなるため、女性の給料が増えます。
男性としては金額にもよりますが、ゴム付きより生フェラのほうがいいはずです。
そのため、生フェラができない女性はオプションで稼げないという以上のハンディを持つことになります。

そのハンディを素股や接客で取り戻すことができれば問題はありません。
しかし、マットヘルス店のように素股で勝負できる店舗でない事も事実です。
オプションを多くゲットした風俗嬢はお店の売上に貢献していますから、バック率が上がります。
給料面でのハンディが付くことも少なくありません。

検査は定期的に受けましょう

チェックリストこのような事情があるため、やむなく生フェラオプションを受け入れる女性は多いようです。
オプションとはいえ男性は千円から2千円程度の料金で生フェラにできるのですから、選択する男性がほとんどでしょう。
ただ、先ほど述べたようなリスクは避けられません。
面倒でも検査を受けることは必須です。

お店から定期的に検査をして結果報告も義務付けられているでしょう。
検査は自分の身を守るためです。
積極的に検査を受けるようにしましょう。
また、検査を受ける時期でなくても、性病の症状が疑われたら、すぐに調べてもらう事が大切です。

素股は生です

ただ、ゴム付きはフェラの時だけであり、素股は生ですることが多いです。
できるだけゴム付きプレイを減らしたいのがイメクラ店の本音でしょう。
素股でも性病感染が絶対ないとは言えません。
ペニスと膣が直接接触することはないとしても、どの程度洗ったかわからないペニスを自分の下腹部で刺激するのです。

もっとも、口で直接咥えるわけではないので、感染する可能性はかなり低くなります。
だから素股は生ですることが多いのです。

素股は危険性が低い?

このように素股は生フェラに比べて性病感染率は低いです。
ただ、感染する可能性がゼロではありません。

素股にもいろいろな型があります。
騎乗位素股のようにお客さんのペニスを自分の後ろで刺激する場合は感染確率が低くなるでしょう。
ただ、対面座位素股などのように自分の下腹部にペニスを当てる場合、ペニスをきちんと洗っていないと病原菌が自分の膣内に侵入するかもしれません。
性病の菌は感染能力が高いです。

粘膜感染もありますから、ペニスが汚れているかと思われたら自分の膣に当てないような注意が必要です。

ゴム付きは誤解を招く

素股でゴム付きにすれば性病感染のリスクはかなり低くなります。
ただ、素股でゴムを付けると「本番OK?」と誤解を生みかねません。

生で素股をすることは、感染の危険性が多少なりともあります。
しかし、ゴムを付けてしまうことで別の危険性が生じることも事実です。
そのため、比較的性病の感染可能性が低い素股では、ゴムを付けないことが多いのです。
もっとも、フェラと素股を交互にするような場合は面倒ですね。

プレイの手順はきちんと自分で決めておくことが大切です。

フェラより人気が高い

素股はフェラより人気が高いことがあります。
口の刺激より、素股の刺激の方が大きく、精液の放出感も素股の方が高いからです。
そのため、イメクラの風俗嬢の中には生フェラをNGとしつつ、素股のテクニックでお客さんの指名を確保している事もあります。

一度そのような女性から素股のサービスを受けると「天国に登るような気分」を味わう事が多いようです。
次回以降の指名はほぼ確実でしょう。

感染ルート

ところで性病の感染ルートとしては何が考えられるでしょうか。
まず、口は典型的な感染源です。

生フェラのオプションは風俗嬢だけではなく、男性客の二次感染の恐れもあります。
また、感染力が強い性器ヘルペスや尖圭コンジローマは本当に素股でも感染しています。
感染ルートは粘膜です。
もっとも、風俗嬢の全てが性病に感染しているわけではありません。

男性客も同様です。
性病が増加していることは事実ですが、誰しも感染しているわけではないことも事実なのです。

口が多い

とはいえ、口を経由した感染が多いことは間違いありません。
接触する「面積」が多いし、男性が放出する精液に病原体が混じっている可能性もあります。

男性の尿道などに菌が繁殖している事も少なくないためです。
逆に女性の喉で繁殖している病原菌が男性のペニスから侵入する可能性もあります。
風俗店で病気にやられたという典型的なパターンです。
生フェラオプションは危険なことは間違いありません。

プレイ終了後はイソジンなどのうがい薬でしっかりと喉の細菌を死滅させることが大切です。

性器経由は少ない

検査性病の感染ルートとして性器経由もあります。
ソープなどでNSプレイをすると感染する可能性が高いです。
ただ、イメクラでは本番をしないので、基本的に性器経由の感染は心配することはないです。

しかし、先ほど述べた通り自分の下腹部でペニスを刺激する素股は話が別です。
ペニスのサオの部分が自分の膣の入り口に当たるので、そこから感染します。
危険性は決して低くありません。

本番には絶対応じない事

素股をしていると、本番をしたいと客さんから言われることがあります。

指名を良くしてくれるお客さんであれば応じたくなりがちですが、生フェラ以上に感染の可能性が高いです。
当然ゴムなしでのセックスですから、精液を膣内で放出されると妊娠の可能性もあります。
射精寸前にペニスを抜くこともありますが、多少は膣内に漏れていることが多いです。
妊娠させることはないとしても、病原菌は膣内をさかのぼり子宮まで到達します。

知らないまま放置してしまうと将来子供を産む際にとんでもないことになりかねません。
「中で出さないから」と言われても本番には絶対応じてはいけません。

まとめ

オプションを付けてもらう事で風俗嬢の給料は上がります。

しかし、そのオプションが危険であればどうでしょうか。
稼げることとリスクを天秤にかけて、どちらを優先するかという事になります。
オーラルセックスはクラジミアなどの性病感染が多くなります。
一度感染すると次のお客さんにも二次感染させる恐れがあるでしょう。

避けた方が賢明ではないでしょうか。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする