SMクラブの女王様のテクニックって講習などで身に付くものなの?

風俗店で働く女性は性的プレイが基本になるので、接客でさまざまな重要なことがあったとしても、最低限プレイテクニックは磨いていないといけません。
ディープキス・生フェラチオ・全身リップ・素股・シックイナインなどが基本プレイとしてあり、男性経験があれば素股以外のことはだいたいのことをしたことがあると思います。
経験人数によってはプロなみにできるようになっている女性もいると思います。
あとは、そのテクニックを経験でどれだけお客さん個別にできるかがランカー嬢にかれるかどうかになってくるのです。

風俗タイプによって、プレイ内容も変わってくるのですが、テクニックはとても重要な要素になるのです。
SMクラブは、一般の性風俗とは違い道具を使ったプレイになるので、男性経験だけで習得している女性は少ないので、それなりの講習をうけて対応ができるようにしないといけません。
とくにM嬢よりも女王様のテクニックは難しいと言われていますが、どのようにすればいいのでしょうか、見ていきましょう。

風俗店は講習があるのか?

新人期間は3P

女性 二人風俗店のなかでも、面接で採用されてプレ講習のあとすぐに体験入店するタイプのお店もありますが、ある程度の講習が必要なタイプもあります。
ソープランドでも高級店であれば、マットプレイは必須なのでさまざまな体位のプレイのDVD講習を受けて実施講習があります。
実施講習は女性スタッフか先輩ソープ嬢と行うようになります。

マットヘルス店もソープランドと同様になります。
ソフトサービスの風俗のマッサージ店でも、プロのエステシャンなどの講習を受けてデビューするようになります。
SMクラブは、たくさんの道具の知識とその使い方について、講習期間があり、すべてのことは講習でできないので実施のなかで覚えていく新人期間というものがあります。
新人期間では、3Pで行います。

先輩女王様・M男・あなたの3人で実際のプレイ内容については指導を受けるようになるのです。
ここで一通りのSMプレイを覚えてプロとしてデビューするようになるのです。

未経験者でもできる

だから、未経験者であっても講習期間・新人期間に徹底的に道具の使い方を覚えて実践すれば、仕事としてできる風俗になるのです。

新人期間は育成のために割引してサービスをするようになるのです。
本来M男からしたら、自分の性癖は特定の女王様だけにしか見せたくありません。
そこをお願いしてあなたを女王様として仕事ができるようにするのです。
採用される最低年齢は、18歳以上(高校生不可)と条件がありますが、上は40歳ぐらいまで働ける風俗タイプになるのです。

SM女王様はどうやってテクニックを磨いていくのか

M嬢になって受ける客の経験をする

テクニックを磨く上で、新人期間の実施講習だけでは難しいということで、なかには、M嬢として経験豊富なS客にお願いしてプレイを経験する女性もいます。
実際にMの立場になって、どのようなプレイが痛いと気持ちいい感覚なのか、身を持って受けていくことになるのです。

ロープの縛り方・宙づりの仕方・ムチの打ち方・ロウソクの垂らし方・ハイヒールの使い方・猿ぐつわの付け方・手枷の付け方・足枷の付け方・全身拘束具の付け方・首輪付きチェーンの付け方・アダルトグッズの使用方法など、ひとつずつについてどのようにするのか理解していくようにするのです。
道具の使い方とあわせて、どのタイミングで言葉責めをしているのかも習得していくことにするのです。
M嬢がうける言葉と、女王様がM男に言う言葉には違いがありますが、その感覚をからだに浸み込ませることになるのです。

テクニックを磨く上での心得

快感より安全が優先される

女性 二人SMプレイは、ひとつ間違えれば大けがになることもある風俗になるので、いつも緊張感を持ってプレイすることが大切になります。
道具の使い方・言葉責めもプロとしてテクニックを磨くことは、とても大切なことになりますが、何より安全が優先されることになります。
安全が先で、その後にくるのが快感だということを忘れてはいけないのです。

このような気持ちがないとプロとしてSMクラブで働いて人気嬢になることはできないのです。

テクニックを磨くポイント

性風俗のプレイでS的なプレイをひとつあげるとしたなら、生フェラチオになります。
本番ではありません。

本番はお客さん主導の動きになるので、女性主導でお客さんにする生フォラチオになるのです。
この生フェラチオは、お客さんのペニスを女性が口に含んで精子を発射させることが目的になっている行為になります。
SMクラブのように道具は使用してのプレイではないのですが、この生フェラチオにも共通したものがあります。
ただ、口に含んで上下にピストンさせて精子を発射させるのであれば、極端な話しだれでもできる内容になります。

ここに、舌・手・言葉を使うことで、全くお客さんの反応が変わってきます。
ペニスに口をあてるときにかける言葉、「こんな大きく硬くなって、何がしたいのかな」と言ってペニスに唇をあてるのと、無言で口にいれるのでは少しお客さんの受け止め方もかわってきます。
唇で軽くキスして舌で亀頭を舐めて、左手はお客さんの乳首・右手はキンタマから竿を触る・強弱をつけてピストンする・途中でキンタマを舐めるなど、生フェラチオと言っても工夫の仕方によっては、感じ方が変わってくるものです。
発射しそうなときは、お客さん顔の表情・からだの動きでタイミングはわかります。

そのタイミングで手を止めて「まだよ。いっぱい溜まっているのがでてくるようにしようね」と言われたらお客さんはどう感じるでしょうか?
というようにSMプレイでもしていくようにするのです。
道具の使い方ひとつも、生フェラチオと同じように強弱・タイミング・いきそうなときなど、からだ・表情からよみとかないといけません。

盾常にお客さんの観察が必要で、ただ加減だけをしてムチうったところで、満足できないのです。
生フェラチオのように、手・舌・口・言葉をミックスさせることも必要で、SMプレイでは言葉と道具をあわせて使用していかないといけないのです。
お客さんが望んでいることを先に読んで、つきづきとプレイを展開していくようにするのです。
M男にムチうつ・ロープで縛る・ロウソクを垂らして痛みを感じさせ、言葉で屈辱感をあおるようにしていくのです。

M男のだれにもさらしていない心からの言葉をいわせるようにするのです。
プライドをなくして素の人間にしてあげるのです。
フィニッシュのタイミングは、サービス時間の最後でなくてもいいのです。
M男の絶頂になったところで、手コキに誘導していくようにするのです。

オナニーがはじまったからと言ってみているだけではダメで、言葉でじらして道具を使ってお仕置きをしていくようにするのです。
「だれがオナニーしていいって言ったの?ワタシがいいと言うまでは精子をだしてはダメ」とか言葉をかけていくのです。
テクニックを磨くことは大変で、実践で積んでいくことになるのですが、SMプレイのAVなどの鑑賞で、女王様の言葉責め・道具テクニック・演技・会話を見ていくのも勉強になります。

まとめ

SMクラブの女王様のプレイは、他の風俗と比べて一番難易度が高いものになります。
新人期間で十分実践を通して理解することが大切になります。
ご参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする