SMクラブの新人期間はいいM男さんに出会う為の期間

SMクラブと聞いたら、風俗業界のなかで最もしたくない、変態・痛い・気持ち悪い性的プレイのイメージがありますが、それは先入観かもしれません。
特殊プレイで働く女性が少ないのですが、利用するお客さんは地位のある方・芸能界で稼いでいる方などが多くいて、会員制で高額であってもニーズがあるタイプになるのです。
フリー客でも、相性のいい人と出会いがあれば、指名がつき安定的に稼げることもできます。
一般の風俗店では、体験入店・本入店の流れになりますが、ソープのマットプレイ・マットヘルス・エステマッサージと同じでそれなりの研修期間を行い新人期間があり本格的なデビューになります。

イメージや聞くだけでは、なかなかわかりづらい部分があるのですが、ルールがきちんとあります。
SMは気持ちが悪くできない女性でも、一度その世界に入ると抜け出せなくなりやみつきになる方もいます。
実際はどのようなサービスなのか?見ていきましょう。

SMクラブの仕事内容

サービスの接客内容

SMクラブの新人期間はいいM男さんに出会う為の期間SMクラブは、サービス内容がソフトとハードに分かれています。
ソフトは働く女性、お客さんも入りやすい初級編のようなものになります。

SMクラブに興味はあるが、バチバチとするのも・されるのも抵抗がある方はソフトから入ることでスムーズにできることになります。
このような考えは、他の風俗タイプにはない考えでSMクラブのみに存在するものです。
ソフトでSMクラブを知った上で、もっと詳しくプレイをしたい女性はハードプレイにいくことができるようになるのです。
仕事の内容は、SとMの役に分かれてプレイするようになるところから始まります。

Sは責める・Mは責められるタイプになるのです。
肉体関係での主従関係は、一般的には男性がせめて女性はうけみになるのですが、SMクラブではそのようにSが男性でMが女性の場合もあれば、Sが女性でMが男性のときもあります。
つまりS役になった人が、M役になった人を責めることになりS役がプレイの主導権をにぎるようになるのです。
接客の基本はSとMの取り決めからはじまるのが、SMクラブになるのです。

道具は何を使うのか

道具は、さまざまなものがあります。
ムチ・ロウソク・ハイヒール・ロープ・猿ぐつわ・手枷・足枷・首輪つきチェーン・アイマスク・フェイスマスク・全身拘束・ペニスバンド・アダルトグッズ(バイブ・ローター・電動マッサージ)・浣腸などたくさんのものがあります。
風俗嬢がS役の女王役であれば、女王のコスプレ衣装を着て、道具を巧に使ってM役のお客さんをせめていくのですが、道具だけでプレイをするのではありません。

道具は必要なツールになるのですが、プレイで相手が責められる状態を確認して快楽を感じている度合を確認しながら進めていくようになります。
S役が、ただ力まかせにムチ打つ・ロープで締めつけるなどはしません。
微妙なところで責めていく加減というものがあるのです。
言葉・しぐさ・表情・息づかいなどで、M役は感じていることを伝えて、もっとするのかどうするのかということを判断することになるのです。

チェックSMクラブのSとMは、ルールをきちんと理解した男女で信頼関係があり、演技ができる人でないと満足できるサービスにはなりません。
働く風俗嬢だけが高度なテクニックを持っていても、お客さんもそれにあわせてもらいながら進めないといけない部分があるのです
特殊器具の使用方法の理解はとても重要になりますが、責める・責められる微妙なところが一番のポイントになります。
これがSMクラブで働く上で、楽しいことでもあり、難しい部分にもなるのです。

お客さんによっては、ハードプレイを望む人・ソフトプレイを望む人・器具によってこうして欲しいなど、それぞれ好みが変わってくる部分がわかっていないといけないのです。

SMクラブのフィニッシュ

風俗でお客さんの目的は、最後は精子を出すことになるのですが、SMクラブではプロセスがメインになる部分があります。
お客さんによってかわるのですが、生フェラを要求してくる人もいるのですが、手コキでフィニッシュになる人も多くいます。

とくにS役が女性の場合は、M役のお客さんに「手でしなさい!」と言ってお客さん自身に手コキをさせることもできるのです。
女性がS役になれば、お客さんが求める内容によっては、3ナイサービスになるかもしれないので、楽かもしれないのです。
コスプレ衣装を着用することで脱がない・M男に舐められない・触られないことになるのです。

SMクラブでデビューするまでの流れ

SMクラブ店によって違いがありますが、研修期間があり道具の使い方・プレイ内容について一通りの説明があり、先般からの実施・見学などを通してサービスができるようになります。
新人期間はだいたい2か月間ぐらいはかかり、この2か月で一通りのプレイ内容を覚えていくようになります。
新人期間が終了すると、S嬢・M嬢でのデビューになります。
最初は、道具の使い方・技術を身に着けるところが大変になります。

ムチは力任せに打てばいいのではありません。
ロープの締めかたもたくさんの種類があります。
それぞれの特徴を理解した上で、加減を理解しないといけないのです。
S嬢とM嬢、どちらを選ぶかによって、体力的な疲労度は変わってきます。

Sは責めることになるので、M嬢の責めせれるより疲労度は低く、風俗の仕事としては、効率的に稼げることになる役柄になります。
S嬢であれば、新人期間でつけてもらったお客さんM男を指名客にすることで、楽に稼げるようになります。
M嬢であれば、新人期間でつけてもらった相性の合うS男を指名客にすることになります。

SMクラブで稼げるのか

緊縛 女性他のソープ・ヘルス・セクキャバ・ピンサロ・オナクラ・エステなどとあわせて比較すると、ソープの次に稼げることができると言われています。
SMクラブで働く女性の月間平均収入は、150万前後で、出勤日数・時間によっても変わってきます。
最低60万・最高200万の幅があります。
女王様役になれば稼ぐことができるのですが、ハードルが高くなるようです。

SMクラブサービスの流れ

SMクラブは、店舗型・派遣型の2種類に分かれるようになり、ホームページで在籍嬢を指名か・店舗受付のパネル指名などでお客さんを受けるようになります。
※他の風俗同様、フリー客・指名客という考えにはかわりありません。
予約を受けたときに、お客さんにどのようなプレイをしたいのか、SかMかなど聞いた上で、店舗側がコースを提案するようになります。

店舗・ホテル・自宅で、お客さんとシャワーを浴びてからだをきれいにします。
シャワーが終わったら、お客さんの前にコースに使用する道具を一式だして、希望するプレイを聞いてから開始するようになります。
初心者のお客さんには、使い方を説明して進めるようになります。
※初心者の方は、加減がわからない人が多くいるので、少しずつ進めることになります。

プレイのなかで、お客さんの希望するものがあればそれに対応してプレイをしていくことになるのです。
流れとしては、箱ヘル・ホテヘル・デリヘルと同じ内容で、プレイがキス・生フェラチオなどではなく、器具を使って遊ぶようになるのです。

まとめ

SMクラブは先入観がある女性が多くいるのですが、S嬢になれば性病感染リスクなし・妊娠リスクなしで風俗業界の中で、一番安全で効率よく稼げる仕事になるかもしれません。

ご参考にしてください。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする