不正出血なら風俗店を休みますか?働く場合はどんな対策してる?

女性の人ならば不正出血が起きてしまう場合がどうしてもあります。
風俗のお店で働いている場合不正出血があった時にでもそのまま働いている風俗嬢もいればお休みする風俗嬢もいます。

不正出血があっても風俗店に出勤する場合にはどんな対策を皆さんはしているのでしょうか?
今回は不正出血があっても風俗店へ出勤する場合にどんな対策をしているのかご紹介をしていきます。

不正出血といっても様々です

不正出血というと女性特有の生理などがあります。

しかし、生理でもないのに不正出血がある場合には注意が必要です。
不正出血というのは本来こちらが正しい使い方となります。
生理でも無いのに女性器からの出血がある事を不正出血と本来は言います。
この不正出血には様々な原因で起きてしまいます。

例えばお仕事やプライベートなどでのストレスでホルモンバランスがくずれてしまい不正出血が起きる場合があります
このストレスなどが原因の場合は病気などではありませんので海綿などで対処して出勤しても構いません。
しかしお仕事のストレスが原因による不正出血であればお休みして休養を取った方が良い場合もあります。
他にも原因が病気なのではなく安心できる不正出血はあります

風俗嬢として風俗店で働いているとよくある不正出血は女性器が傷ついてしまい出血している不正出血です
しかし、このどちらの場合でも不正出血が確認できたら自分自身で判断をしないで病院へ行って原因を正しく判断してもらうことが重要です。
場合によっては大変危険な不正出血の場合もあります。

怖い不正出血

不正出血なら風俗店を休みますか?働く場合はどんな対策してる?ただ単に女性器が傷ついてしまっての不正出血ならば傷ついた箇所が治れば不正出血は無くなりますが、不正出血の原因によってはとても怖い病気などの可能性もあります。
不正出血での病気と言うとその多くは性病の可能性があります
不正出血してしまう性病の種類によってはとても痛い不正出血の場合や痒くなってしまう不正出血などがあります
また、痛くもかゆくもなく自覚症状が全く無い不正出血も性病の可能性がありますので自分で勝手に判断をすることはしないで不正出血があった場合には必ず病院に行って原因を確かめて下さい。

どの場合でも不正出血は病院で原因を確認しないで放置してしまうととんでもない事態になる可能性があります

風俗嬢に多い不正出血の原因

風俗嬢の多くはその業種から他のお仕事をしている人よりも不正出血の可能性が高いです。
一番多い原因としては風俗店でのプレイやサービス中に女性器が傷ついての不正出血が一番多いです

男性は無理矢理触ってくる場合もありますし1日に何度もプレイを行いますので他の業種の女性よりも傷つきやすいです。
性病になってしまうのもほかの業種の女性より感染してしまう可能性が高いです
その中でも多いのはトリコモナスやクラミジアに感染してしまう風俗嬢が多いです。
特にソープで働いている風俗嬢は性病に感染しやすい条件が重なっていますので性病に感染してしまう可能性が高いです。

自分自身で衛生面には気を使ってプレイをする必要があります
自分自身の身は自分で守ることが大切です。
プレイ前にグリンスなどで衛生的にしてからプレイをするなど心掛けて下さい。
デリヘルなどでは出張先の環境が分からない為自分自身で衛生商品などを用意して自分自身で身を守ることが必要です。

自分自身が気を使っていてもお客さんの方が性病に感染している可能性もありますので性病に対しての知識もある程度は理解しておく必要があります。

ピルが原因の不正出血もあります

ウイルス風俗嬢の場合その性的サービスの内容からピルを常用している風俗嬢の人もいます。
しかしこのピルが原因で不正出血になってしまう可能性もあります。

このピルが原因の不正出血は主にホルモンバランスが乱れてしまうことによる不正出血となります。
ピルによって女性ホルモンなどの分泌環境が変わり自分自身の身体に合わない場合に不正出血が起こってしまいます
特にピルを使いはじめの時期にはホルモンバランスの変化が大きくホルモンバランスが安定しないため不正出血が起こってしまいます。
ピルを使用している風俗嬢は不正出血があった場合には病院で専門の医師に相談するようにして下さい。

処方されたピル以外のピルを処方してくれる場合もあります
病院へ行かずに自己判断でピルが原因だと安易に判断することはしないで下さい
ピルが原因以外の思わぬ病気の可能性もあります。
自分自身を守るためにも自己判断はしないで不正出血のあった際には必ず病院へ行き専門の医師に相談をして下さい。

不正出血があった場合には出勤は控える

風俗店で働いている風俗嬢は不正出血があった場合でも出勤をして接客をシュル風俗嬢も多くいます
しかし、あまりオススメはしません
不正出血があるということは何らかの原因があって不正出血をしています

不正出血の原因が明確に分かっている場合で対処可能な場合は海綿などを活用して出勤をしても良いのですが、基本的には出勤は控えるようにして下さい。
女性器が傷ついていたりホルモンバランスの乱れによって免疫機能が低下している可能性があります
その様な状態で性的サービスを通常の様に行ってしまいますといつもなら感染しない感染症などにも感染しやすくなってしまいます
自分自身を守るためにも無理に出勤はしないで不正出血のある間は風俗店への出勤は控えてしっかりと療養をして下さい。

どうしても出勤しなければいけない場合には

様々な理由でどうしても出勤をしなければいけない場合には風俗店の業務を選ぶ必要があります
ソープなどの性病に感染するリスクが高く女性器をお客さんに触られる可能性のある風俗店への出勤は控えて下さい。
不正出血があってもどうしてもお金が必要などの理由で出勤をしなければいけない場合はオナクラやピンサロなどの男性のお客さんが女性器に触る可能性が少ない業務形態の風俗店への出勤に変えて下さい

不正出血がある際には他にも注意しなければいけないことがあります。
薬ホルモンバランスが崩れている可能性が非常に高いため、アルコールなどの飲酒は必ず控えて下さい。
ピンサロなどの接客の際にもお客さんにはアルコールをすすめても自分自身はソフトドリンクを注文して対処するようにして下さい
アルコール類の飲酒によって女性ホルモンのバランスがさらに乱れてしまう危険性があります。

女性器に触れる業種で働かなければいけない場合には海綿を使用して出勤をしますがその際に多くの風俗嬢はお客さんにバレない様に奥に海綿を入れますが逆に海綿を浅い位置に入れてお客さんに気付かせて女性器に触れる以外のサービスで満足して頂くようにして下さい。
気付かれないように奥に入れての接客の場合バレた際にはお客さんが起こってしまう可能性もありますし何より感染症に感染してしまう危険性も高くなってしまいます
さりげなくお客さんに気付かせることが重要です。

不正出血の原因はお客さんかも?

風俗店で働いてると、そのお仕事の性質上女性器を男性のお客さんに直接触られることがあります。
また、沢山の人との触れ合いによって様々なストレスを抱えることが多いです
女性器を直接触られることによって女性器が傷つき不正出血が起きる可能性は当然高いです。
この場合には自分自身がいくら気を付けていてもお客さんの触り方次第で傷ついてしまいます。

しかし、風俗のお仕事上お客さんの接客をしなければ収入を得ることができません
収入を得るための接客によって不正出血が起きてしまい出勤できず収入がなくなってしまうなんてことになってしまうのは非常に理不尽です。
理不尽な状況にならないためには、接客サービスの際に男性のお客さんを上手に誘導するテクニックを磨くことです。
男性に触られた際に痛みがある場合には上手に痛みのない方法へ誘導することが重要です。

痛みがっても我慢して接客を続けていては何時不正出血が起きてもおかしくない状況でのお仕事となってしまいます
痛みを我慢することで当然ストレスも溜まりホルモンバランスも乱れてしまいます。
技術的なテクニックも重要ですが自分自身を守るためのテクニックも同時に磨いて下さい。

まとめ

風俗店で働く風俗嬢の人は不正出血が起きる可能性が他の業種の女性よりも高い傾向にあります
不正出血が起きやすい業種ではありますが、不正出血があった際には出勤を控えたい業種でもあります。
しかし風俗嬢といっても様々な風俗店の業種がありますので不正出血があった際には女性器に男性のお客さんが触ることの無い(少ない)オナクラやピンサロなどの業種を選んで出勤するようにして下さい
アルコールソープやデリヘルなどで働いている風俗嬢の人は不正出血があった際には出勤は控えて不正出血が無くなるまで療養するようにして下さい。

海綿などを使用して出勤される風俗嬢も多いですが基本的には男性のお客さんが女性器に触れることのある業種では出勤は控えて下さい
どうしても出勤しなければいけない場合には男性のお客さんが女性器に触れることの無い業種で海綿などを使って出勤するようにしてアルコール類の飲酒はしないようにして下さい。
不正出血のあった際には必ず自己判断はしないで病院へ行き専門の医師に相談をして下さい。
思わぬ病気の危険性もあります。

自分自身を守るためにも決して無理をして出勤はしないで下さい
もっと自分自身を大切にして下さい。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする