風俗店で働くシングルマザーが多い理由は待遇が良いだけの理由?

シングルマザーの方にも風俗で働く選択肢は人気のものとなっています。
しかし、離婚などを経て、一人で子供を育てなければならない時に、なぜ風俗というお仕事を選ぶのでしょうか。

一つ言えることは、シングルマザーにとって風俗で働くことはバイトという意識ではなく、生活を支える重要な仕事という意識で働いていることです。
もちろん風俗店は高収入の待遇が得られます。
子育ての必要がある女性には、金銭の面で大きな助けになるでしょう。
しかし高待遇だけが、シングルマザーが風俗店で働く理由なのでしょうか。
この本文中ではシングルマザーが風俗店で働く理由について説明していきます。

風俗店で働くシングルマザー

子ども 女性シングルマザーは風俗店でどれだけ働いているのでしょうか。
実はシングルマザーにとって、風俗業界で働くことは有力かつ人気の選択肢です。
シングルマザーですからお子さんがいらっしゃいます。
つまり母親として子育てをしていることが妥当な年齢の方たちが風俗嬢になります。
しかし、例えば今の風俗店には人妻をコンセプトにしたものもあり、年齢をあまり気にせずに働くこともできるようになってきました。

シングルマザーにとっては、風俗店はお給料などの待遇が良い仕事です。
あるいはそれ以上に、「働くことに特別な資格を要しない」ということが大きいかもしれません。
場合によっては離婚、あるいは死別するまで就労経験がない女性もいます。
それでも特別な資格もなく、まとまったお金を稼げることは、風俗店で働く理由としては十分かもしれません。
実際に性的サービスのお仕事でも、30代以降の募集や応募が頻繁に見られるようになってきました。
昼職で30代以上の女性がいきなりお仕事を見つけることや、高収入なお仕事に転職するといったことは困難を極めます。

さらには昼職と並行して子育てもするのは、シングルマザーだけでは不可能に近いでしょう。
風俗嬢のお仕事以外でシングルマザーがお金を稼ごうとしたら、パートやアルバイトなどの非正規雇用に就くことが多いです。
パートやアルバイトなどでは月に14万から16万円くらいの収入になり、年収で言うと200万円を割り込むくらいの収入になってしまいます。
貧困家庭か、それに近い経済状況です。

この経済状況で子供を育てていくのは、かなり厳しいでしょう。
もちろん、母子家庭顔には援助があります。
国や自治体から、なんらかの手当てが支給されるでしょう。
それでも、これらの手当てや援助があったとしても、パートやアルバイトでは子供を育てていくことは難しいでしょう。
あまりにも貧困生活になるならば、生活保護を受けることが必要です。
しかし、何らかの理由で、生活保護を受けられない場合も考えられます。

あるいは今すぐにお金が必要な場合には、役所の手続きを待てないと考える人もいます。
そんな時にシングルマザーが女性向けの高収入なお仕事に目が行くのは当然ではないでしょうか。
つまり、そもそもの選択肢が少なくて風俗嬢になるのも真実の一面でしょう。
このような書き方をすると、追い詰められて風俗のお仕事を選んだようにも取られるでしょうが、実はそれだけではありません。
最近はシングルマザーの風俗嬢が増えたことで、お店側もいくつかの制度や設備を増やし、対応をしています。
あるいは、お店側が制度を整えたので、シングルマザーの風俗嬢が増えたのでしょうか。

お店側の対応

一番目立つシングルマザー向けの待遇は託児所の存在です。
託児所完備のお店が最近は多く確認されています。
シングルマザーが、風俗嬢として働いている間の子供の預け先が確保できることは働く上で重要です。
しかも、これらの託児所はお店の近くにあることが多いです。
子供が体調を崩したり、怪我をしたりなどで、病院に連れて行かなければならない時にもすぐに対応が可能です。
また、当初シングルマザーとして暮らしていくうえで、住む場所の確保にも手間取るかもしれません。
そんな時は寮が完備されているお店で働けば、当面の心配はなくなります。

ホテル 部屋この寮はマンションの一室であることが多いです。
当然自分の子供と住むことができます。
また、珍しい待遇としては、まかない付きなどもあります。
これらの託児所や寮などは、お金はかかりますが、どれも格安になっています。
普通に利用するよりも、ずっと安く済むでしょう。
育児や子育てをしていく上で必要になる公的書類や、それに記載する職場や緊急連絡先などはお店側の制度がきちんとしていれば対応してくれます。
給与明細なども、もちろん発行されるのでクレジットカードを作ることもできます。

逆にこれらの制度がないと、例えば不動産屋などで手続きするのが難しくなってしまうかもしれません。
寮を出て子供とアパート暮らしを考えた際に、自分の身分を証明してくれるものがないのでは困ります。

こういった待遇を得られるとなると、なんとなく怪しい気もしますが単純に需要があるからです。
先にもあげましたが人妻をテーマにした風俗店など、30代以上の風俗嬢にも現在は大きな需要があります。
何もお店としてもボランティアで行っているわけではありません。
元は取れるからこそ、風俗嬢を手元に置いておこうとするのです。

これを囲い込まれたと取ることもできますが、逆にそれだけの環境を整えているのだから、稼げるチャンスだと見ることもできます。
生活するために利用するのもシングルマザーの選択でしょう。
シングルマザーが風俗嬢を選ぶのは、待遇が良いという理由と他の選択肢の少なさからです。
そこにさらに風俗店側が人員確保に力を入れた結果として、まるで母子家庭の受け入れ先のようになっています。

教育上よくないというコメントもあるが

ホテル 部屋シングルマザーが風俗嬢をやっていく上で、批判的なコメントとして聞くことになるのが「子供の教育上よろしくない」という類のものです。
特に子供が成長してきて、母親がどんなお仕事をしているのかという興味を持つ年齢になってくると大変でしょう。

しかし何と言っても、風俗のお仕事は水商売系のお仕事と比べて勤務時間が短くても、暮らしていく分のお給料は得られるのが特徴です。
子供と接する時間を多くすることで、仕事について伝えられない分はカバーできるのかもしれません。
もっとも、成長に伴って子供に対する配慮が必要になっていくのは必然です。
もう一つよく聞く批判コメントとして、「子供を育てていく上で性病のリスクを抱えるのはどうなのか」というものがあります。

これについては、しっかりと対策を取れば、可能性を著しく減らすことができます。
そういった対策の周知をするお店を選ぶべきでしょう。
性病以外のリスクも含め、まるでリスク対策の教育がないお店をシングルマザーは選んではいけません。
最後に、「まるでセーフティネット、生活保護のかわりようだ」というコメントを話す人がいるでしょう。
しかし、このコメントを話す人は別に味方でもなんでもないという事実があります。

彼らは「もっとうまくやれ」と言うかもしれませんが、それを手取り足取り教えてくれるわけではありません。
彼らがシングルマザーに対して直接的な助けになるかどうかは、また別の話なのです。
生きていく上で風俗業を利用していることを、まるで悪事のように言うコメントには善意は込められていないでしょう。
とはいえ、頑なになるのも考えものです。
先に述べたように、母子家庭に対する支援はきちんと国の制度や、自治体の制度として存在します。
シングルマザーの方は自治体の窓口に相談してみるのも一つの手段です。

残念ながら風俗か、非正規かも事実

シングルマザーにとって、子供を抱えながら働くのは難題でしょう。
大抵のシングルマザーはアルバイトやパートなどに就きますが、貧困家庭になってしまうことも多いです。
保護などを受けられず、育児や子育てをしながら暮らそうとして、風俗嬢になるシングルマザーも数多くいます。
待遇の良さで選んだとも、そもそもの選択肢が少なかったとも言えます。

しかし風俗嬢として働きながら、シングルマザーが子供を育てていくことが間違っているわけではありません。
非難するコメントを出す人もいるでしょうが、彼らが助けてくれるというわけではありません。
実際にまともに経営している店舗で働けば、社会的には一般企業の従業員と同じ扱いも得られます。
シングルマザーの方は、卑屈にならずに子育てをしていけばいいのです。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする