デブ専風俗って軽視されやすいけど安全?性病検査とかある?

デブ専風俗は全ジャンルにおいて利用料金が安く、一般の風俗店で採用されなかった女性が働いているイメージがあるのでお客さんもデブ専風俗嬢を軽視している傾向があります。

デブ専風俗嬢が書き込んでいるインターネットの掲示板には、募集要項に載っていない本番プレイを強要してくるなど風俗嬢のリスクを全く考えていないお店もあるようです。
もともと一般の風俗店に比べてデブ専風俗は店舗数自体が少ないので情報が乏しいのが現状です。
軽視されがちなデブ専風俗で働くと性病に感染するリスクも高いのでしょうか。
風俗嬢の安全をどこまでお店側が考えているのか確認する必要があります。

風俗嬢が注意すべき性病

デブ専風俗って軽視されやすいけど安全?性病検査とかある?風俗店で働いているとフェラチオや素股や挿入だけでなくお客さんと触れ合う機会が非常に多いので性病に感染する風俗嬢はたくさんいます。
女性の安全を考えてくれる優良店であればお客さんの選定や風俗嬢の毎月の性病検査を行ってくれますが、中には風俗嬢の安全など全く気にせず売り上げだけを追求して営業するお店もあります。
さらに、性病の多くは感染しても女性自身に大きな自覚症状がない場合が多く、気付いた時には不妊症など重大な病気に発展していることも少なくありません。

風俗店で働く以上、感染しやすい性病の症状や予防対策の知識を持っておく必要があります。
最も風俗嬢への感染確率が高い性病はクラミジアであり、感染しても大きな自覚症状がないので長期間放置して悪化してしまう女性が多い病気です。
性行為の際に少し痛みを感じたり、オリモノの量が通常より増えた場合は一度クラミジアの検査を受けてください。
放置すると不妊症になる危険や、妊娠中の女性は胎児が肺炎にかかる可能性もあります。

クラミジアの感染に気付かずに性行為をするとHIVや梅毒などへの感染確率も大幅に上がります。
早期に治療すれば確実に治る性病なので、自覚症状がなくても定期的に検査をすると安心です。
現在では病院に行かなくても手軽にできる検査キットも販売されているので、定期検査がない風俗店で働いている女性は必ず自分で検査をするようにしましょう。
クラミジアの次に風俗嬢が注意すべき性病は淋病です。

淋病もクラミジアと同じく女性が感染してもオリモノが増えたり腹部に違和感を覚える程度で自覚症状が少ないですが、男性が感染すると激痛を伴うのですぐに気付きます。
彼氏に淋病を移してしまい風俗嬢をしていることに気づかれるケースは多くあるので注意が必要です。
淋病は病院を受診すれば一度の治療で完治しますが、放置すると激しい腹痛に襲われたり他の病気を併発することもあるので疑わしいときは検査をするべきです。
クラミジアと淋病はどちらもフェラチオや挿入など粘膜の接触によって感染するので、検査は同時に行われることが多いです。

体調を崩した時や鬼出勤して疲れが出たときに気をつけたい性病がカンジダです。
カンジダ菌は風俗嬢に限らず女性の性器に存在する常在菌なので普段は無害ですが、免疫力が落ちると増殖し性器の激しい痒みや性行為時の痛みなどの症状が現れます。
病院を受診すると抗真菌剤や塗り薬が処方され、こまめな膣洗浄をするよう指導を受けます。
淋病とは逆で男性は感染していても特に自覚症状がないので、性行為時に男性から女性に移してしまうケースが多いです。

風俗嬢自身の免疫力が落ちていると感染確率も格段に高くなるので、調子が悪い時は無理して出勤しないことです。
風俗嬢が感染しやすい性病は他にもありますが、特に可能性が高いクラミジア・淋病・カンジダには常に注意して検査を受けることをお勧めします。
移されたお客さんが特定できる場合はお店側に伝えてブラックリストに加えてもらうと他の風俗嬢も被害に合いません。

デブ専風俗の安全性

ウイルス良質な風俗店はある程度お客さんの安全性を見極めていますし、毎月必ず風俗嬢の性病検査もお店側がお金を払って実施しています。
これは風俗嬢のためでもありますが、性病感染が流行るとお客さんの口コミサイトでも悪評が広まってお店の信用が落ちるためです。
検査をしないお店は高確率で性病が流行りやすいですし、病気を持っているお客さんでも知らないふりをして接客させようとするので危険です。

デブ専風俗にも良質なお店も危険なお店も存在するので、風俗ジャンルで判断できるものではありません。
面接時にお店側に検査の有無を確認し、風俗嬢募集ページだけではなくお客さんの口コミサイトの評判もチェックすることが大切です。
募集要項に性病検査の有無を記載しているお店は少ないので確認は面接時にするしかありません。
また、風俗店にはお客さんが来店してお店で接客をする店舗型とホテルなどに風俗嬢が派遣される無店舗型の2種類があります。

直接スタッフが接客するのでお客さんの選定は店舗型の方が安全ですが、風俗店自体の内装はあまり清潔ではない傾向があります。
接客時に使う風呂場やベッドなどの清掃が疎かで、トイレなども不衛生な店舗が多いので菌も増殖しやすい環境です。
その点では無店舗の方が接客場所がホテルなど清潔な場所なので菌の増殖は気になりません。
しかし、お店側が直接お客さんをチェックせず、インターネットで予約をしている場合が多いので性病を持ったお客さんを接客する危険性もあります。

疑わしいと感じた場合はできるだけ粘膜の接触を避けるようにし、接客後に性病に感染した場合はお店に報告して下さい。
どんなに安全と思われる風俗店でも必ずお客さんとは接触しますし、風俗嬢である限り様々な性病を移される危険から逃れることは難しいです。
自分は大丈夫と過信せず定期的な検査と、接客後の身体の洗浄を徹底して感染を予防して下さい。
性病になっても出勤させようと強要するお店は危険なので速やかに辞めるべきです。

危険な客の対処法

デブ専風俗の料金は安いので来店するお客さんも金欠気味の人が多く、性器が異常に臭ったり変色している場合は性病が気になりますよね。
我慢して接客しても性病を移されれば病院通いになってしまい稼げなくなりますので、危険なお客さんへの接客は躊躇なく拒否してください。
直接お客さんに接客拒否するのは難しいので、店舗型の場合はトイレや体調不良などの理由を付けてスタッフに相談しに行きましょう。

スタッフもお客さんの裸を見ているわけではないので、ひどい性病の持ち主だという事に気付かないこともあるのです。
スタッフに報告をしているにも関わらず、そのまま接客を続けるように指示された場合はお客さんに体調不良を伝えて接客を断って下さい。
無店舗型の場合も一度理由を付けて部屋を離れてからお店に電話を入れて事情を説明して下さい。
ホテルやお客さんの自宅にスタッフはいないので接客の断りは自分で入れることになりますが、絶対に本当の理由は説明せずに体調不良を訴えましょう。

デブ専風俗を利用するお客さんの中には風俗嬢を軽視して無理やり行為に及ぼうとする人もいるので何としてでも逃げてください。
盾性病を持ったお客さんへの接客を強要するお店や、性病を持っている旨を伝えたのに何も対処しないお店は非常に危険な悪質店舗です。
性病が広がれば客足も途絶え長続きするわけがないので、自分が性病を移される前に退店したほうがいいでしょう。
治る性病ならマシですが、HIVなど一生苦しむ病を移されてから後悔しても遅いのです。

まとめ

風俗嬢が感染しやすい性病にはクラミジア・淋病・カンジダの3つが非常に多いです。
特にクラミジアと淋病は女性の自覚症状が少ないので気付かずに放置すると危険です。

こまめな検査と無理のない働き方で性病から身を守ってください。
デブ専風俗に限らず全ての風俗店に良質悪質なお店が存在するのでジャンルで判断することは不可能です。
定期的な検査やお客さんの選定を行う優良店の見分け方は、お客さんの口コミサイトの情報を見ることと面接時にお店側に性病検査について確認することです。
優良店で働いていても接客中に性病を持っている可能性の高いお客さんに遭遇することがあります。

スタッフに相談しサービスを辞めるようにし、事情を伝えてもお店側が接客するよう強要してくる場合は速やかに店を辞めてください。
お金を稼ぐ方法は他にもありますが、自分の身体は一つしかありません。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする