昼職と比べて手取りを考えると箱ヘルで働く方が稼げる

昼職と比べて箱ヘルの方が手取りは良いというイメージがありますが、実際にはどうなのでしょうか?
やはりしっかりと稼ぎたいと思うのならば箱ヘルのほうがおすすめなのでしょうか?
一度箱ヘルの手取りの良さを知ってしまうと昼職がばかばかしく感じてしまうのでしょうか?

箱ヘルの手取りとは

箱ヘルのお給料はバック×本数ととても明快です。
バックはコースの時間、指名の種類、オプションなどによって変わってきます。
そして、手取りはお給料-雑費です。
雑費にはさまざまなものが含まれ、ローションや紺ドーム、お茶代、レンタルルーム代、税金などがあります。

大体、お給料の1割程度が相場です。

10パーセント保証がある場合も

箱ヘルのお給料が完全に歩合制ですが、お店によっては保証があることもあります。
1日30000円程度で、これ以下しか稼げなかった場合は保証の金額から雑費を引いたものが手取りとなります。
保証は誰でもいつでも付けられる物ではなく、お店ごとに一定の制約があります。

新人のうちはコンスタントに出勤できたり、実績があったりする風俗嬢にはつきやすいです。

本当は自分で税金を納めなければならない

風俗嬢は個人事業主扱いなので、本当ならば自分で税務署に収入を報告して税金や年金を払わなければなりません。
手取りの額が全て自分の自由に使えるお金ではありません。
年金は老後の支えとなるでしょう。

もらえるかどうかわからない、信用ならないという人もいるかもしれませんが、年金の金額自体は十分とは言えないかもしれませんが、将来全く貰えないということはまずありません。

会社員の手取りとは

一方、会社員の手取りはどのようなものでしょうか?
基本給+残業代+各種手当-各種税金-年金-組合費などやや複雑です。
給料の3割近くは何らかの名目で天引きされてしまうことが多いです。

初任給の手取りは20万円以下であることもめずらしくはありません。
しかし、夏や冬にボーナスがある会社は多いですし、キャリアを積み重ねていけばお給料も手取りも徐々に増えていくでしょう。
また、退職したあかつきには退職金が出る職場が多いですし、年金は基礎年金だけでなく、企業年金も手にすることができます。

若いうちは圧倒的に箱ヘルの手取りが良い!

20代のうちは手取りだけを見れば箱ヘルの方が圧倒的に良いと言えます。

ランカーに入るほどではなくても1ヵ月に30万円程度は期待できます。
しかし、それはあくまで若い時だけです。
年を重ねるごとに風俗嬢としての価値が下がっていくだけでなく、体力面でも衰えていくので、長時間の勤務やコンスタントな出勤が難しくなっていってしまうからです。

できれば昼職は手放さないで

昼職と箱ヘルを掛け持ちしている場合、あるいは一度箱ヘルの経験がある場合、手取りのあまりの違いに昼職で働くことにばかばかしさを感じてしまいがちですが、無計画に箱ヘル一本にしてしまうのはおすすめできません。

なぜならば箱ヘルはずっと働ける類の仕事ではないからです。
箱ヘルで稼げなくなってから昼職を探そうとすると手取りの良いものはほぼないか、存在したとしてもノルマのきつい営業職程度です。
しかし、箱ヘルで働いていたときに身に沁みついてしまった金銭感覚を戻すのは大変なことです。
さらに、昼職というのは多かれ少なかれチームプレイで協調性が求められます。

箱ヘルはお客さんに対しては心を砕く必要がありますが、同僚やお店のスタッフとはドライな関係であることが多いです。
誰かと協力し合って働く、気を使う、空気を読むというテクニックをいい歳をして身につけていないと相当苦労し、ストレスを溜めることになってしまうでしょう。

長い目で見た時のおすすめの働き方

時計昼職と箱ヘル、長い目で見た時のおすすめの働き方を紹介します。
お金に困る事情があったとしても、今だけしのげればいいなどと考えず、長い目で人生を見つめましょう。

掛け持ちをするなら高級店で

箱ヘルにも様々なランクがありますが、高級店で働けるならば高級店がおすすめです。
高級店は客層が良いので正しいマナーや敬語を身につける必要はありますが、理不尽な思いやストレスを溜めることは少ないです。
また、回転率勝負で稼ぐ必要がないので、体力的のも楽です。
昼職と掛け持ちをしている場合、箱ヘルで働ける時間は限られてしまうので、高級店で効率よく稼ぐようにしましょう。

高級店といっても物凄い美人でなければ面接で落ちてしまうということはありません。
10人並の容姿でマナーや清潔感、やる気などを持ち合わせていれば大丈夫な場合がほとんどです。
不採用になったとしても失うものはないので、自分なんてどうせ、などと思わずに面接にチャレンジしてみましょう。
昼職と箱ヘルの掛け持ちが忙しくて大変だったとしても昼職、それも正社員ならば極力手放さないようにしましょう。

昼職がメインで箱ヘルはお小遣い程度の場合は、それが逆転しないように気をつけましょう。
箱ヘルで頑張り過ぎて昼職のパフォーマンスが落ちてしまうと、昼職での立場が悪くなってしまいます。
最終的に長く続けられるのは昼職の方なので、いい加減にしてしまってはいけません。

箱ヘル一本の場合は徐々に昼職にシフトを

今現在箱ヘル一本で頑張っている場合は徐々に昼職にシフトをするような計画を立てましょう。

箱ヘル歴が長いとすっぱりと箱ヘルを辞めて昼職に転職をするとうまく行かず、結局箱ヘルに戻ってきてしまう場合が多いです。
いきなり昼職に移ると仕事内容にストレスを感じたり金銭感覚が箱ヘル時代と変えられなかったりしてしまうからです。
時間に余裕がある場合はまずはアルバイトをしてみるのがおすすめです。
生理休暇の時に日雇いバイトをやってみましょう。

朝から夕方まで立ちっぱなしで作業をして1万円にも満たないこともあるかもしれません。
しかし、世の中とはそのようなものなのです。
そして、物を買うときには箱ヘルではなく、昼職のほうで日給や時給を換算して買う価値があるかどうかを考える癖をつけましょう。
繰り返すうちに徐々に金銭感覚が世間とすり合わさっていきます。

箱ヘルの仕事を上がった後、最低時給で働くような生活は絶対にゴメンだと思うのならば何か資格を目指すのもおすすめです。

箱ヘルの方が手取りはよくても長期的に考えて

20代で普通の会社員と箱ヘルを比べると手取りは圧倒的に箱ヘルの方が良いでしょう。

週の半分、1日6時間程度の労働で、週5勤務の会社員よりも10万円以上差が付くこともあるかもしれません。
しかし、だからといって昼職をバカにしてはいけません。
箱ヘルは長期的に働ける類の仕事ではありません。
昼職は若い時にはそれほど手取りが良くなかったとしても、決められた通りに出勤し、仕事をしている限り収入は保証されますし、キャリアを積み重ねていることで昇給も期待できます。

受付現在、昼職と箱ヘルを掛け持ちしているのならば、多少大変なことがあったとしても昼職を手放してはいけません。
高級店に勤務すると回転率勝負のお店よりも効率よく稼ぐことができるでしょう。
箱ヘル一本の人はいつか働けなくなる日がくることをキチンと理解し、目標を決め、少しずつ卒業への準備をしてくようにしましょう。
ある日突然箱ヘルから昼職にチェンジするとストレスが多く、うまく行かないことが多いです。

焦らず、まずはアルバイトからみるのがおすすめです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする