ソープは20歳以上で働ける!箱ヘルは18歳以上から働ける理由

ソープは20歳以上の女性であれば働けます。
これは風営法に則った理由です。
また、箱ヘルに関しては18歳以上で働けると法律で定められています。

では、なぜソープと箱ヘルでは働ける年齢が違うのでしょうか。
それは、各風俗業種によってお店が警察に目をつけられやすくなる年齢というのに違いがある為です。
そこで、今回はソープは20歳以上で働ける!箱ヘルは18歳以上から働ける理由というテーマをもとに解説していきます。
○○歳以上または○○歳未満という風営法の年齢制限についても合わせて解いていこうと思います。

まだ高校生だけど18歳以上を越えていて風俗で働きたいと考えている人や、求人を見て風俗嬢になりたい10代後半~20歳くらいの方は参考にしてください。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ソープが20歳以上でないと働けない理由は?

20 numberソープは、風俗の中でも最もハードルの高いお仕事です。
では、ハードルが高いというのは、どういう意味でしょうか?

ソープは、基本的に本番があります。
この点が他の風俗業種とは違うところなのです。
ヘルスやデリヘル、ピンサロ・セクキャバ・オナクラ・イメクラなど様々な風俗業種が存在するなか、本番行為を実際に行う風俗業種はソープ以外にありません。
その為、ソープは、風俗業種のなかで最も身体的にも心的にも負担の大きいお仕事となっています。

少年少女の健全な性教育を図る為に、法律では20歳以上の成人女性でないとソープでは働けないのです。

箱ヘルは18歳以上から働ける理由は?何でソープ嬢より早く風俗嬢になれるの?

箱ヘルは、上記にもあるとおり、本番行為をしません。

箱ヘルでは、全身リップ・フェラチオ・69・素股・Dキスなどのサービスが基本で、それ以外にセックスをするようなことは禁じられています。
だからこそ、箱ヘルはソープよりも年齢制限が緩いのです。

風俗店を取り締まる警察の動き方とは?

近年、風俗店のなかには違法店と呼ばれるお店が続出しています。

これにともない、風営法が幾度にもわたって改正されてきました。
ただ、それでも必ず法の穴を見つけては、グレーゾーンで経営を続ける違法な風俗店というのがあります。
それを取り締まる為に警察が動くわけなのですが、警察は具体的にどのように取り締まりを行っているのでしょうか?
警察は、抜き打ちで風俗店の取り調べを行います。

取り調べを行う際には、大きく分けて3点に注意しながら取り締まります。
まず1つ目は、不当な呼び込み営業をしていないかをチェックします。
以前は、風俗店のキャッチがしつこいことがよく話題に挙がっていましたが、近年に入り、執拗な呼び込み営業やキャッチセールスは法で禁止されました。
その為、以前のようにお客さんの後をつけてまでしつこくキャッチをするような輩はいなくなりました。

ですが、一部の風俗店では、いまだに警察の目を盗んで不当な呼び込みやキャッチを行なっている人もいます。
それを取り締まる為に警察は風俗街を巡回するのです。
2つ目は、高校生を働かせていないかをチェックします。
一応、風営法には18歳未満の人を風俗店で働かせてはいけないという法律が制定されています。

が、なかには高校生でも18歳以上の子もいます。
ただ、高校生を働かせているという事実は、風俗店にとってかなりのリスクを抱えることになります。
なぜなら、警察から目をつけられやすくなるからです。
あの風俗店は本当に18歳以上の子を雇っているのかや、法律の隙間をわたるような違法営業を実はしているのではないかという風に疑われます。

そうなると、芋づる式にお店の粗探しをされるので、他の面でも違法営業と断定されるような要素が見つかる可能性が高くなるのです。
3つ目は、きちんと届け出を提出しているのかをチェックします。
風営法によれば、風俗店が開店をして営業をする為には必ず届け出を提出しなければならないと義務付けられています。
届け出を提出せずに営業している風俗店はすべて違法店とみなされます。

このように、警察はあらゆる角度から風俗店を厳重に取り締まっているのです。

高校生は風俗の面接に行っても採用されない?

面接結論から言うと、高校生は風俗の面接に行っても採用されません。
上記でもお話したとおり、18歳以上という風俗における年齢制限の条件を満たしていたとしても、高校生であるうちは風俗ではバイト出来ません。

万が一、採用してもらえたとしたら、それは違法店である可能性が非常に高いです。
高校生は、まだ22時以降に歩いていると舗道される歳です。
その為、一般の成人男性客が多数訪れるような風俗業界で風俗嬢として働くことなど出来るはずもありません。
法律では、高校生までの人には健全な性教育をするよう求めています。

まだ身体が出来上がっていない状態から、性的サービスを行わせることは固く禁じられています。

確実に風俗で働ける実質の年齢は何歳以上?

確実に風俗で働ける実質の年齢は20歳以上と考えておけばまず間違いありません。
18歳や19歳だと、高校生でないことを大前提にしても、働ける風俗業種はかなり限られてきます。

その為、風俗業種を気にすることなく自由に風俗嬢として働きたいのであれば、20歳以上になってからにしましょう。
実質、20歳未満の女性が風俗業界に勤めるとなるとリスクが大きくなります。
見た目が若く見られる場合もありますし、どんなに容姿が整っていても面接に行った先で断られる可能性も出てきます。
というのは、風俗店で働けるのは高校生でない18歳以上の人という事をわかっているのにもかかわらず、平気で本人確認書類を偽造して風俗店を騙して働こうとする女性もいるからです。

いくら本人確認書類を偽造されたとはいえ、風俗店側はひとたびその子を雇ってしまい、万が一その子が18歳未満の高校生だった場合は、警察から営業停止をくらいます。
それだけならまだしも、法を犯して高校生を働かせたという理由で責任者は逮捕される場合もあります。
逮捕当然ながら、風俗店側はその事を懸念していますので、風俗で働くなら20歳以上になってからが無難でしょう。
また、20歳以上ならば未成年とは呼ばれない歳です。

未成年のうちは、多くの事をするのに親の同意が必要になります。
万が一、風俗店で知人バレや家族バレをした際には、親がお店に来ることも想定にいれなければなりません。
そうなると、やはり風俗店で働くなら20歳以上になってからにした方が賢明ですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ソープは20歳以上で働ける!箱ヘルは18歳以上から働ける理由というテーマをもとに解説してきました。
ソープは、ヘルスやデリヘル、ピンサロ・セクキャバ・オナクラ・イメクラなどの風俗業種とは違って、本番行為をする風俗業種です。
その為、未成年と呼ばれる女性たちには心的・身体的負担が大きすぎるとして、働くことを制限されているわけです。

箱ヘルなど他の風俗業種では18歳以上から働ける風俗業種もあります。
が、もしも風俗業種にとらわれず自由に働きたいのであれば、20歳を過ぎてからにしましょう。
未成年と呼ばれる年齢を卒業してから働くことで、風俗業種だけでなく、お店からの信用度も上がります。
また、高校生は18歳以上であっても、どの風俗業種でも働くことは出来ません。

その点については、一度風営法のサイトを熟読してみるとより深い理解が得られるかと思います。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする