箱ヘルとソープの違いは本番行為があるかないかだけ?

箱ヘルとソープの1番の大きな違いは本番行為があるかないだけのように見えますが、実はそれ以外にも違いはあります。
では、どのような違いがあるのか具体的なことを紹介します。

事内容の違い

ソープ

バスルームソープは風俗業界で1番稼げる仕事といわれており、それに相応しい働きを求められます。
法律で本番行為をしてもいいと唯一認められている風俗となるため、本番行為を出来ないとソープでは働けません。
本番行為が出来るかどうかが最初の第一関門でしょう。

本番行為以外にもソープならでの様々なテクニックを求められます。
マットでのプレイ、椅子、即即などです。
これらはソープ以外の風俗で提供されていることは少なく、ソープでないと体験出来ないプレイ内容となります。
箱ヘルによってはマットプレイがあるところもありますがほとんどないようです。

マットプレイは言葉の通りマットで性的サービスを提供することで、お客さんは受け身となるため風俗嬢が攻める必要があります。
攻めが苦手という風俗嬢にとっては難しいサービスでしょう。
椅子とはすけべ椅子のことです。
ソープならではの椅子となり、お風呂に置いてあります。

聞いたことをある人が多いのではないでしょうか。
プレイ時間が長いからこそ提供出来るサービスでしょう。
即即は知っている人が多いと思います。
お風呂でシャワーを浴びずにすぐにフェラやその他のサービスをするもので、ソープ以外でも実施している風俗があるようです。

シャワーを浴びずにすぐに行為に入るため汚いですよね。
抵抗を感じて出来ない風俗嬢は即即が基本に入っているソープ店で働くのは難しいでしょう。

箱ヘル

箱ヘルの仕事内容はデリヘルやファッションヘルスと何ら変わりありません。

ソープとは違い本番行為がない比較的ライトなサービス内容となっており、フェラや手コキ、素股でお客さんをイカせることが出来れば大丈夫です。
風俗嬢によっては裏で勝手に本番行為をしてお客さんを集めていますが、お店にバレるとすぐにクビになります。
ソープ以外の風俗店は本番行為についてとても厳しいです。
なぜなら、警察に摘発されたら逮捕される恐れがあるかつ、お店がお取り潰しとなるからでしょう。

そのため、「本番行為はしないように」と厳しく取り締まっているのです。
箱ヘルの基本的な仕事の流れは、シャワーを浴びてからベッドで手コキやフェラ、素股になります。
基本的サービスだけではなく有料オプションもついており、オプションの数は風俗業界でかなり多い方です。
ソフトなものからハードなサービスまで取り揃えているので、出来ないオプションはNG指定をしても構いません。

ただし、オプションバックで稼ぐ場合、NG指定ばかりだとあまり稼げないばかりか、お客さんからの指名もあまり入らない可能性があるので注意して下さい。

プレイ時間

ソープ

時計ソープのプレイ時間は40分から120分とかなりの揺れ幅があります。

その理由は、ソープ店のランクによってそれぞれ時間が違うからです。
利用料金が安い格安店は40分から60分とソープにしてはだいぶ短く、短い時間の中に基本サービスを詰め込まなければならないため大変です。
そのため、格安店によってはマットプレイや椅子がない場合があります。
時間が短いので質の高いサービスは求められないところがメリットでしょう。

中級店と呼ばれている真ん中らへんのランクのソープ店は、90分から100分と一気に時間が跳ね上がります。
このプレイ時間になると体力が必要とされるだけではなく、ソープの基本的なサービスを全て身に付けていなければ本指名客は獲得出来ません。
最後に高級店です。
高級店のプレイ時間は、110分以上とソープの中で1番長いプレイ時間になります。

それだけガッツリときちんとしたサービスを提供しなければならないため、初心者でいきなり働くとなると難しいでしょう。
全てのサービスにおいて質の高さを求められるので腕に自信がなければ働けません。

箱ヘル

一方箱ヘルのプレイ時間はというと、30分から90分ととても短いです。

ソープと比べるとその差は歴然で、短いプレイ時間となるため利用料金は2万円を切るお手頃価格となります。
箱ヘルにはソープのようにこれといったランク分けはありません。
どこも似たような値段とサービスになりますが、他のお店と差を付けるためにマットプレイを売りにしているところがあります。
どのようなサービスを提供しているのかを事前に面接で確かめておきましょう。

短いプレイ時間となるためそこまでサービスの技術は求められず、それなりのサービスを提供出来れば指名をもらえます。
とはいえ、手コキやフェラのレベルが高いと他の風俗嬢より多くの指名をもらえるはずです。
稼ぎたいのであれば質の高いサービスを提供出来るように心掛けて下さい。

給料の違い

ソープ

ソープの給料はお店のランクによってかなり違います。
上のランクになればなるほどバック率は高くなり、下のランクになればなるほどバックは低いです。
高いバックのお店で働きたいと思う風俗嬢がほとんどだと思いますが、高級店は見た目とサービス共にレベルが高くなければ採用してくれません。

格安店の給料は、1万円から1万2千円になります。
箱ヘルに比べたら2,3千円ほど高いですね。
高いといってもそこまで差があるわけではなく、下手をしたら有料オプションを付けた箱ヘルの方が稼げる可能性があります。
本番行為がある格安ソープ店で働くのであれば、本番がなくソフトサービス店である箱ヘルで働いた方がいいでしょう。

1回にもらえるバックが安いため1日に多くのお客さんの相手をしなければ稼げません。
体力がある人向けです。
中級店は2万円から3万円になります。
このランクになると一気に給料が跳ね上がる反面、質の高いサービスを求められるでしょう。

格安で通じていたサービスは中級以上では通じなくなるのです。
最後に高級店です。
名前に相応しく高級の給料は4万円以上で、1日に2,3人の相手をするだけで10万円以上は確実に稼げます。
月収100万円以上を稼ぐことも夢ではなく、年収1,000万円も稼げるでしょう。

破格のバックの高さから誰もが憧れる高級ソープですが、見た目とサービスのレベルが高くなければ採用されません。
無事に入店出来たとしてもフリー客がほとんどいないため、本指名客で稼ぐしかないのです。
自分に着いている本指名客を引き連れて高級店へ移籍、という方法が1番現実的な方法になります。
せっかく入店出来たのに毎日お茶ばかりという悲惨な風俗嬢もいるので、そうならないように努力をして下さい。

箱ヘル

箱ヘルのバックは7千円から9千円です。
1万円を切っているため稼げないように見えますが、利用料金の安さと手頃さから集客力があるので稼ぎやすいでしょう。
また、様々な有料オプションが用意されているためオプションバックで稼ぐことも可能です。

中には、有料オプションを増し増しで格安ソープ以上に稼ぐ風俗嬢もいます。
お金1回でもらえる給料がそこまで高くはないので、稼ぎたいのであれば1日に多くのお客さんの相手をする必要があるでしょう。
体力的に自信がない人はすぐにバテてしまうため大変です。

まとめ

ソープと箱ヘルにはそれぞれの良さがあります。
人によって向き不向きがあるのでよく考えてから働きましょう。
本番行為が可能で稼ぎたいのであればソープを、性的サービスのレベルに自信がない初心者は箱ヘルをおすすめします。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする