箱ヘルに面接・体入希望ですがどんな種類の身分証が必要?

箱ヘルで面接や体験入店をするためにはお店に身分証明書を見せなくてはいけません。
風俗店に提示する身分証明書の種類は細かく定められており、健康保険証や学生カードなど普段は身分証明書と使っている物であっても認められないケースがあります。
必要な身分証明書を用意していないとたとえ面接で採用になったとしても体験入店で働き始めることが不可能なので、面接に行く前にしっかりと確認しておきましょう。
この記事では箱ヘルに面接・体入希望の方が用意しなくてはいけない身分証の種類についてご紹介します。

箱ヘルの面接・体入で必要なのはどんな種類の身分証明書?

箱ヘルに面接・体入希望ですがどんな種類の身分証が必要?風俗の面接、体験入店で必要になるのは「顔写真付きの身分証明書+本籍地がわかる書類」です。
お店が身分証明書を確認する最大の目的は年齢を確認することです。
18歳未満の女の子をお店で雇ってしまい働かせると、警察にばれた時に即時営業停止になります。

お店は営業停止になるリスクを背負ってまで18歳未満の女の子を雇う理由がありません。
しかし18歳未満でもたくさんお金を稼ぎたいからと風俗で働こうとする女の子はたくさんいるので、身分証明書によってお店は年齢を確認するのです。
また、年齢以外にも名前や住所を偽っていないかを確認します。
普通に風俗で働くだけであれば、住所や名前を偽る必要はないので、それらの情報を偽っている人は何か後ろめたいことがあるということです。

お店としてはトラブルになりそうな女の子を雇いたいとは思いません。
もし後から嘘をついていた事がバレたらお店はクビになります。
また、身分証明書を偽造して面接を受けた場合犯罪になってしまう可能性もあるので絶対にやめておきましょう。
間違いなく本人であることと年齢、名前、住所を確認するために顔写真付きの身分証明書が必要になります。

また、本籍地の確認が必要になる理由は、風営法で働く女の子の国籍を確認することが義務付けられているからです。
国籍は公的な書類に記載されている本籍地を見なくては確認できないので、それがわかる書類を求められます。
風俗店に自分の個人情報を知らせることに不安があるという方もいますが、これらの個人情報を見せが求めるのは悪用するためではなく法律で定められているからです。
風俗店の面接には毎日大量の女の子が来ており、全員が身分証明書を提示しています。

それをお店が悪用する可能性は限りなくゼロに近いので、不安に感じることなく身分証明書を用意しておきましょう。

有効な顔写真付きの身分証明書

風俗の面接や体験入店をするために提示する身分証明書として有効なものは以下の書類です。

運転免許証

運転免許証は車や原チャリの免許を取得すれば手に入れられます。

マイナンバーカード

女の子の場合運転免許証は取得していないという方も多いと思いますが、マイナンバーカードは申請さえすれば誰でも作れる書類なので、運転免許証を持っていない方はマイナンバーカードを作りましょう。
マイナンバーカードについては2016年以降に、役所から自宅にカード作成のための申請書類とマイナンバー通知カードが届いています。

その書類内容を記載し必要事項を記入して返送をすれば、2ヶ月程度でマイナンバーカードを発行してもらえます。
もしマイナンバー通知カードを紛失してしまっている場合には、以下の手続きが必要になります。

警察署に「遺失物届」を提出する

警察警察署に行きマイナンバー通知カードを紛失したと伝え「遺失物届」を提出すると「受理番号」が発行されます。
この「受理番号」がなければ通知カードを再発行してもらえません。

住んでいる場所の役所に行き再発行手続きをする

住んでいる市区町村の役所で通知カード担当課か住民課に行けばマイナンバー通知カード再発行手続きができます。
警察署で発行された「受理番号」も必要なので忘れずに持っていきましょう。

外国人登録証と在留カード

日本人では無い方の場合上記の身分証明書をだけで本籍地の確認まで完了します。

ただし、日本の風俗で働くことができるのは「永住者・特別永住者」、「定住者」、「日本人の配偶者等」、「永住者の配偶者等」のいずれかの資格を持っている方になりますのでご注意ください。

身分証明書として認められないもの

普段身分証明書として使用しているもので、以下の書類はほとんどの風俗店で身分証明書として認めてもらえません。
・健康保険証
・学生証
・学校の卒業証書
・キャッシュカードやクレジットカード
ただし、運転免許証を持っておらずマイナンバーカードも発行していない方の場合、お店に相談をすれば認めてくれる可能性もあるので、まずはお店に相談してみるのが良いでしょう。

本籍地の記載がある書類

本籍地を確認するためには以下の様な書類が必要になります。

パスポート

海外に行ったことがある方がパスポートを作ったことがあると思います。

パスポートであれば本籍地の記載があるので書類として認められます。
ただし有効期限がきれていないものに限りますので、確認しておきましょう。

住民票(本籍記載で取得三ヶ月以内)

住民票は住んでいる地域の市区町村の区役所に行けば簡単に発行できます。

住民票を発行するためには、それぞれの市区町村で定めている料金を払わなくてはいけません。
住んでいる地域によって値段は変わりますが1000円以下なので、お金も忘れずに持っていきましょう。
なお住民票の発行を依頼するときには、住民票に記載する内容を選ぶ用紙があるので、「本籍地」にチェックを入れて発行をしましょう。
その用紙に何もかからず住民票を発行してしまうと本籍地が記載されないので注意しましょう。

身分証明書のコピーは返却してもらえるの?

風俗店の面接に行き身分証明書を見せるとお店は証明書のコピーを取って保管します。
体験入店に入ってみたけど自分には合わないからお店をやめたい場合でも身分証明書のコピーを返却してもらうことはできません。
お店がなにか嫌がらせをしているというわけではなく、風営法で女の子が働き始めてから3年間は入店時に使用した身分証明書のコピーをお店は保存していなくてはいけないことになっているからです。

お店が保管している身分証明書は警察から求められない限り外部に見せることはありません。
なんらかの犯罪などを起こしていない限り警察がお店に対して身分証の確認をすることもありませんので、真っ当に生きている方であれば何も心配する必要はありません。

身分証明書がなくても働けるお店はないの?

警察風営法に基づく許可を取っていて、法律違反をせず経営しているお店であれば身分証明書の提示は絶対に必要となります。

面倒くさい身分証明書確認を求めてくるお店こそ、働いても安心で危険な目に遭う可能性が少ない店なのです。
逆にこれらの身分証明書を求めてこないお店は違法営業をしているということです。
そのようなお店で働く場合、求人内容と違うハードなサービスを求められたり、命の危険があるようなトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、そのようなお店で働くことは絶対にやめておきましょう。

まとめ

箱ヘルに面接・体入希望の方が用意しなくてはいけない身分証の種類についてご紹介しました。
風俗で働くために必要な書類は「顔写真付きの身分証明書+本籍地がわかる書類」で、誰でも用意しやすい組み合わせは「マイナンバーカード+住民票」です。
それ以外にもこの記事で紹介したような書類であれば問題ありませんので、面接に行く前にしっかりと用意しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする