箱ヘル店でしてくれるアリバイ対策ってどんな事?

風俗で働く女性が不安に思うことのひとつに、彼氏や家族などに風俗で働いていることがバレてしまう身バレの問題があります。
風俗で働く女性にそのような不安があることはお店も良く分かっていますので、最近では身バレを防ぐためのアリバイ対策をしてくれるお店もたくさんあります。
この記事では箱ヘルでやってくれるアリバイ対策と言うのがどんなことなのかについてご紹介します。

身バレを防ぐためにはアリバイ対策があるお店を選ぼう

箱ヘル店でしてくれるアリバイ対策ってどんな事?風俗求人を見ていると待遇欄に「アリバイ対策あり」と書いてあるお店がたくさんあります。

「アリバイ対策」とはそのお店で働いている女性が、家族や友人、彼氏などに風俗で働いていることがバレないように対策をしてくれることです。
最近ではほとんどのお店でアリバイ対策を用意してくれています。
むしろアリバイ対策をしてくれないお店の方が少ないので、アリバイ対策をしてくれるお店に限定して店探しをしても選択肢が狭まるようなことはありません。
身バレが気になる女性はアリバイ対策があるお店を選んで働くようにしましょう。

箱ヘル店がしてくれるアリバイ対策ってどんなこと?

具体的に箱ヘル店貸してくれるアリバイ対策には以下の様なものがあります。

パネル写真の修正

パネル写真とはお店のホームページや受付で使用するお客さん向けの宣材写真のことです。
顔写真をそのまま掲載していたら、もしそれを知人が見てしまった時にすぐに身バレしてしまいます。
しかし、最近の風俗店ではどのお店であっても例外なく撮影した修正してくれます。

身バレ対策のためではなく、お客さんから可愛く見えて指名を取れるように修正をするのが基本ですが、身バレを防ぎたい女性であればお店と相談をすれば目元や鼻、口、輪郭、体のラインなどを全身修正してくれます。
ホームページに掲載する写真は、お店に来店しない人でも閲覧する可能性があるので地元の箱ヘルで働く女性は特に気をつけなくてはいけません。
また、絶対に身バレすることを避けたい場合には顔全体にモザイクをかけたり、一切写真を掲載しないという方法もあります。
お店によっては修正をしたものであっても良いので絶対に顔を掲載しなくてはいけないようなお店もありますが、「アリバイ対策あり」と書いてあるお店であればほぼ間違いなく写真を掲載しないと言う対応もしてくれます。

ただし、顔写真は掲載した方がお客さんからの指名を取れる可能性が高いということは理解しておきましょう。
とはいえ、指名はそれ以外の努力で十分に補うことができるので身バレ対策を最優先に考える方は写真修正で絶対に自分だと分からないようにしておきましょう。

接客前にお客さんの顔を確認できる

箱ヘルの場合、接客をする前にお客さんの顔を風俗嬢が確認することもできます。
フロントで受付をしている時にお客さんの顔をカメラでチェックしたり、風俗嬢が待機している個室に覗き穴がついていてお客さんの顔を見ることができるのです。

確認してみて知り合いだったらそのことをスタッフに言えばもし指名されたとしても「●●さんは予約で埋まっていて今日は空いていないんです」と断ってくれます。
ちなみにデリヘルの場合はお客さんの顔を事前に確認することはできませんが、あらかじめ派遣する地域を限定することができて、自分の家の近くや知り合いが多いような地域はNGに指定することができます。

電話対応

Choiceアリバイ対策をしてくれている箱ヘルの場合、家族や知り合いからお店に連絡が来た時にも「はい、○○株式会社です」などと一般企業のフリをして対応してくれます。
緊急連絡のためなどに職場の連絡先を伝えなくてはいけない相手がいる場合にはとても助かるシステムです。

そして「●●さんは現在打ち合わせで外に出ておりますので折り返しご連絡するよう伝えておきます」というようにうまく答えてくれます。

給与明細などの書類発行

家族や彼氏などに給与明細を見せなくてはいけない場面がある方のために、架空の給与明細を発行してくれるお店もあります。
アリバイ対策で発行してくれる給与明細は一般企業名が書いてあり、普通の会社で働いているのと全く違いないように見えます。
ただし、アリバイ対策で発行される給与明細はあくまでも偽造した書類なので、家を借りる時など公的な文書が求められる時には使用できません。

公的な給与明細が必要な場で使用してしまうと犯罪になってしまうので、あくまでもアリバイ対策として使用してください。
給与明細以外にも、源泉徴収票、在籍証明書など一般企業が発行するような書類を作ってくれるお店もあります。

メールアドレスを作ってくれる

最近では普通の会社であればほとんどの場合専用の会社メールアドレスを作ってもらえます。
アリバイ対策をしてくれる箱ヘルでも、普通の企業と変わらないような独自のメールアドレスを作ってくれることがあります。

名刺を作ってくれる

一般企業と同じような名刺を作ってくれるアリバイ対策もあります。
社会人であれば友達や彼氏に「名刺ちょうだい」と言われてしまうこともありますが、名刺には普通の会社の様な企業名と、アリバイ対策をしてくれる電話番号や普通の企業と同じようなメールアドレスなどが載っているので身バレする可能性が低くなります。

身バレを防ぎたいのであれば自分でのアリバイ対策も忘れずに

お店貸してくれる様々なアリバイ対策についてご紹介しましたが身バレを防ぎたい場合にはお店に寄るアリバイ対策だけで安心してはいけません。
実は風俗で働いている女性が知人などに身バレしてしまう原因は、自分自身の不注意によることの方が多いのです。

身バレを防ぐために自分自身で気を付けなければいけないことには以下のようなものがあります。

お店との連絡

箱ヘルで働いていると出勤連絡やスケジュール調整などでお店と連絡する機会が頻繁にあります。
連絡方法は電話やメール、最近ではLINEですることも増えています。
お店の連絡先を電話帳に登録するのであれば、アリバイ対策でお店が用意している会社名にしておきましょう。

それでも連絡内容を見られたり電話の内容を聞かれれば風俗店だとバレてしまう可能性があるので、彼氏にLINE履歴を覗かれたり電話を聞かれないように気をつけましょう。

金遣い

風俗嬢として働き始めると普通のお昼の仕事よりもはるかに大金を稼げるようになる方がたくさんいます。
たくさん給料をもらえるようになると、どうしても高級品を買ったり美味しいものを食べに行ったりと贅沢にお金を使いたくなるものですが、普通の企業に勤めている人よりも豪華な生活をしていると「なんであんなに金遣いが荒いんだろう」と周りの人から怪しまれてしまいます。
金遣いが荒いということだけで風俗で働いているのがバレる可能性はありませんが、「何か隠し事がある」と思われてしまうため、その他の原因から風俗嬢として働いていることがバレる可能性が高くなってしまいます。

出退勤するときに見られる

電話箱ヘルの場合、必ずお店に出勤しなくてはいけません。
店舗があるのが繁華街であったり、知人がよく来るような地域である場合にはその姿を見られないように気をつけましょう。

まとめ

箱ヘルでやってくれるアリバイ対策と言うのがどんなことなのかについてご紹介しました。
箱ヘルでやってくれるアリバイ対策とは、家族や友人、彼氏などに風俗で働いていることがばれないように、主に普通の会社で働いているように見せかけてくれるものです。

アリバイ対策をしてくれているお店であれば身バレをする可能性は低くなりますが、自分の不注意でバレてしまう可能性もあるため、お店のアリバイ対策だけで安心するのではなく自分自身も身バレをしないように注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする