アトピー持ちの嬢はマットアリの箱ヘルで働くのは厳しい?

アトピーは肌がカサカサしてしまい痒みが続く続くこともある辛い病気です。
そんなアトピー持ちの女性の中には、アトピー持ちだと風俗で働くことは難しいのではないかと考える方も多いようです。
アトピーだからといって絶対に風俗で働けないということはありませんが、職種によってはアトピー持ちの方だと辛いことが多いものもあります。
中でもマットヘルスやソープで行われるマットプレイは全身をお客さんと密着させてマッサージさせなくてはいけませんし、ローションを全身に塗ってプレイをするためお肌にも負担が大きくなります。

この記事ではアトピー持ちの女性はマットありの箱ヘルで働くことができるのかということをご紹介します。

アトピー持ちでも風俗で働くことはできます

アトピー持ちの嬢はマットアリの箱ヘルで働くのは厳しい?アトピーで悩んでいる女性の中にはアトピー持ちだと風俗で働くこと自体が難しいのではないかと考える方もいるのですが、アトピーをもっていても風俗で働いている方はたくさんいます。
だからアトピーだからといって絶対に風俗で働くことができないなどと言うことはありません。
アトピーは人によって症状の重さが様々ですが、お肌がガサガサと乾燥して痒みが出ることがあるという程度の軽度のアトピーの方であれば、アトピーがないか他と比べても全く違いなく風俗で働くことができます。

アトピーの症状が重度で症状が出た場所の色が赤くなってしまったり、肌にブツブツと吹き出物が出てくるくらい重度の方の場合も、諦めずに風俗店の面接を受けてみることをお勧めします。
はっきりと言ってしまうとアトピーがあるということについてはお客さんから好印象になる可能性はあまりありませんが、中にはアトピーの女性からサービスを受けることを嫌がるお客さんがいることも事実です。
しかしこのような問題はアトピーだけに限りません。
例えば胸が小さい女性はそのことをコンプレックスに思っていることもありますし、貧乳の女性を好まないお客さんはそういう風俗嬢を見ただけでチェンジしてしまうこともあります。

しかし逆に貧乳であることを気にしないお客さんの方がはるかに多いのです。
誰もが何かしらのコンプレックスを持っているものですが、それを嫌がるお客さんのことは相手にしなければ良いのです。
アトピーのことを気にせず指名してくれるお客さんを大事にするという気持ちで接客していれば、風俗でたくさん稼ぐことも不可能ではありません。

アトピー持ちだと面接で落とされないか不安

実際に風俗で働き始めるためにはまずはお店の面接に行って採用されなくてはいけません。

その時にもアトピーがあることが気になって落ちてしまうのではないかと不安になる方もいると思います。
しかし、アトピーがあると言うだけで風俗店で不採用になることはほとんどありません。
お店が面接によって判断をしたいのは、「この女の子はお客さんの指名を取ることができるかどうか」なのです。
だからアトピーがあってもなくても、容姿やスタイル、性格、気遣いなど総合的に見て指名かとれないように見えれば不採用になりますし、面接官が指名を取れそうだと感じられれば採用されます。

それでもやはり面接に行ってみてアトピーの症状を見てすぐにおとされたら嫌だと感じる場合には、面接にいく応募の時に「アトピー持ちですが大丈夫でしょうか」という一文を入れておくと良いでしょう。
Ok, Goodそのようなメールを送っても即不採用にしてくるお店はほとんどありませんが、「気になるようであれば事前に写メでアトピーの症状の度合いを見せていただけますか?」と返信してくれるお店もあります。
もしアトピーの症状が重くて残念ながら不採用となってしまう場合でも、写メで確認されるだけであればわざわざ面接に行く時間や手間がかかりません。

いずれにしても重要なことはアトピーがあるからと言って不採用になるわけではないと理解することです。
むしろアトピー以外の要素でしっかりとお店にアピールすることができれば採用されるということなので、アトピーであることを気にしすぎて表情が暗くなってしまったり自信を失ってしまわないようにしましょう。
アトピーに限らずコンプレックスのことを気にしすぎている女性は表情が暗くなる傾向があり、会話も重たく、面接官やお客さんから好印象を持ってもらうことができません。
たとえコンプレックスがあったとしてもそれを気にせず前向きに頑張るという意思を見せれば、面接かもお客さんもあなたの良い所を見て判断してくれます。

アトピー持ちの方がマットありの箱ヘルで働くことはできる?

アトピーがあっても風俗店で働くことができるということはご紹介しました。
しかしお仕事の種類によってはアトピー持ちの方だと少し厳しい場合もあります。
それがマットプレイありの箱ヘルや、ソープです。
マットプレイというのは全身にローションを塗ってお客さんの上に乗っかり、体を使ってマッサージをするプレイのことです。

マットプレイはお客さんが女性の肌との密着感を楽しむものなので、やはりアトピーがある方だと肌がかさついており、お客さんの気持ち良さも軽減されてしまいます。
また全身にローションを塗って肌を摩擦させなくてはいけないため、お肌の負担も大きくアトピーの症状が悪化してしまう可能性もあります。
だからマットプレイがある箱ヘルやマットプレイ必須のソープの場合、アトピー持ちの方だと面接で厳しく審査されてしまう可能性がありますし、働くことができたとしてもお客さんからNGを出されたり厳しいことを言われてしまう可能性もあります。
アトピー持ちだからといってマットプレイをすることが絶対に不可能というわけではありませんが、そうではないかと比べればやや厳しい職場であるということは理解しておきましょう。

とはいえお客さんの評価というのは一つだけの要素で決められるものではなく、トーク力、プレイのテクニックなど総合的に判断されるものです。
たとえアトピーがあったとしても、頑張ってサービスをしてくれる風俗嬢に対しては多くのお客さんが好印象を持ち指名を返してくれることもあります。
もしマット有りの箱ヘルで働きたい場合には、普通の人よりもやや厳しい環境である事は十分に理解した上で、マットプレイの密着感以外の部分でお客さんを満足させられるように努力すれば、人気嬢になることも不可能ではありません。
他の風俗嬢よりもお客さんとたくさんキスをするように意識したり、全身リップを丁寧に徹底的にやるなど指名を取るためにできる努力はたくさんあります。

なおソープの場合最近ではマットプレイがないお店も増えています。
マットプレイをするかどうかは風俗嬢やお客さんが選ぶことができるお店もあるため、マットプレイをせずにソープで勤めることはできます。
もしアトピー持ちでソープで働こうと考えている女性の場合には、マットプレイが必須ではないお店を中心に選ぶのが良いでしょう。
手 口また、アトピーの症状が重く裸になるようなお店で働くのが難しい方の場合には、手や口だけを使ってサービスをするような風俗で働くというてもあります。

メンズエステや手コキサロンなどは手だけでもサービスができますし、ピンサロなら服を脱がずにサービスをできるお店もあります。
他にも、お客さんがオナニーするのをただ見ているだけのオナクラなどもあります。
これらのお店はヘルスと比べるとお給料が低くなってしまいますが、アトピーであることを気にせず働くことができます。

まとめ

アトピー持ちの女性はマットありの箱ヘルで働くことができるのかということをご紹介しました。

アトピー持ちの女性であってもマット有りの箱ヘルで働くことはできますが、お客さんが感じるマットプレイの気持ちよさは低くなる傾向にあるのでそれ以外の部分で頑張らなくてはいけません。
また、マットプレイはお肌の負担も大きいため人によってはアトピーの症状が重くなってしまう可能性があることにも注意しましょう。
マットありの箱ヘルも含めアトピーがあるからと言って不採用になる風俗店は多くありませんので、自分に合った職種を見つけて働くことをお勧めします。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする