箱ヘル引退するのは何歳くらいが適性?キッカケは何?

風俗業界は年齢が高くなればなるほど徐々に稼ぎにくくなっていく業界です。
さらに年齢が上がってくるとプライベートでも結婚や出産など様々なことが起きますので箱ヘル嬢として引退することを考える方も多いと思います。
この記事では箱ヘルで引退するのは何歳くらいが適正なのか、キッカケはどういうことがあるのかについてご紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

箱ヘルって何歳まで働けるの?

女性風俗業界は年齢が若いほどいろんなお店に採用されやすく、お客さんからの指名も取りやすいためお給料をたくさん稼げる可能性があります、だから箱ヘルに限らずどんな風俗店であっても年齢が高くなるほど採用される可能性が下がり、稼げる金額も下がっていきます。

一般的に普通の箱ヘルであれば最も稼げるのは20代前半で、年齢が上がってくると徐々に稼ぎにくくなっていきます。
だいたい20代後半ぐらいまでであれば問題なく働き続けることができますが、お店からの扱いも悪くなり指名客も減っていくため引退や移籍を考える方が増えてきます。
目安としてはだいたい30歳になったら普通の箱ヘルで十分に稼ぎ続けることは難しいと言えるでしょう。
30歳と言うのは働いている風俗嬢自身にとってもひとつの目安となるため、長期間働いている箱ヘル嬢の方であっても30歳あたりで引退する方もたくさんいます。

30歳を超えても箱ヘルで働きたい場合にはどうすればいい?

では30歳を超えたら箱ヘルで働き続けることは不可能なのかといえばそんなことはありません。
ただし普通の箱ヘル店では指名を取ることが難しくなってきますし、他のお店に移籍しようとしても採用される可能性も低くなっています。
だから30歳を超えた箱ヘル嬢の方が引き続き風俗業界で働きたいのであれば、年齢が高めの女性でも働くことができる専門店に移籍することをお勧めします。
ただし、年齢はあくまでも目安で30歳を超えていても20代前半に見える方もいますし、逆に20代後半でも30歳を超えているように見える女性はたくさんいますので、お店からの扱いや採用率、指名客の量など総合的に判断をするようにしましょう。

年齢が高めの女性でも働きやすい専門店には以下の様なものがあります。

人妻専門店

女性人妻専門店にはだいたい30歳から40代前半くらいの女性が多く在籍しています。
人妻専門店と言うと結婚している女性だけが在籍できるかのように聞こえるかもしれませんが、風俗業界で「人妻」という言葉が意味するのはだいたい30歳以上くらいの年齢が高めな女性のことですので、本当に結婚している必要は全くありません。
お客さんも人妻専門店だからといって本当に既婚者が働いているとは思っていないので、その点を心配する必要はありません。

ただし、風俗業界は年齢が高くなることハードなサービスを求められる傾向がありますので、人妻専門店で働く場合にはこれまで働いていた箱ヘルよりもハードなプレイをしなくてはいけない可能性があることは覚悟しておきましょう。
具体的には、普通の箱ヘルで働くよりもはるかに本番を求められる確率が高くなりますし、お店によってはお客さん確保するために本番行為を黙認しているようなお店もあります。
人妻専門店に来るお客さんも、年齢が高めな女性が好きと言うよりもハードなプレイを出来る可能性が高く、普通の箱ヘルよりもやや料金が低いという理由で人妻専門店を選ぶ方が大半です。

熟女専門店

人妻専門店よりもさらに年齢が高めの女性でも働ける可能性があるのか熟女専門店です。

熟女専門店で働く年齢の目安としてはだいたい40代以上からです。
熟女専門店の場合年齢の上限は青天井で、お店によっては60代でも働くことができることもあります。
熟女専門店の場合、来店するお客さんは本当に熟女が好きなお客さんが多いため年齢が高いことに引け目を感じる必要はありません。
ただし普通の箱ヘルはもちろん人妻専門店よりもさらに金額は安いため、あくまでも自分が生活するために必要な金額を稼げると言う程度の認識で働きましょう。

風俗嬢が箱ヘルを引退するきっかけは?

ここでは実際に箱ヘル嬢が風俗業界を引退することになるきっかけについてご紹介します。

稼げなくなった

箱ヘル嬢が引退するきっかけとして最も多いのはやはりお給料が思った通り稼げなくなったタイミングです。
20代前半の頃であれば50万円以上や100万円以上稼いでいるという方も珍しくありませんが、年齢とともに徐々に稼げなくなっていき、普通にお昼の仕事をフルタイムでやっているのと変わらない程度の金額しか稼げなくなってきます。
箱ヘル嬢として稼げる金額が20万程度なのであれば、肉体的にも精神的にも辛い風俗のお仕事ではなく引退して普通の仕事を始める方が多いようです。

結婚

好きな人が出来たり彼氏ができたからという理由で風俗業界を引退するか誰もいますが決して数は多くありません。
彼氏ができたからといって自分の収入が大きく変わるわけではないので、風俗業界には彼氏がいても風俗で働いているという方はたくさんいます。
しかし結婚するとなると旦那と家計が一緒になり風俗嬢であることを秘密にしたまま稼ぎ続けることが難しくなってしまいます。
さらに当然結婚するとなると、身バレしたときのリスクも高くなりますので引退する方が多いようです。

出産

結婚しても風俗嬢を続けている方の場合、旦那に秘密で風俗嬢として働いている方もいますが、旦那も理解をした上で家計のために働いている方もたくさんです。
そのような女性であっても妊娠をしてしまうと風俗嬢として働き続けることが難しくなるため、引退する方がたくさんいます。
出産してから出戻りをするという方もいますが、子供を育てなくてはいけないですし、身バレした時のリスクが非常に高いためそのまま風俗嬢を引退することが多いようです。

身バレ

家族や知り合い彼氏などに風俗で働いていることがバレてしまい引退する方もいます。

箱ヘルの場合、接客をする前にマジックミラーなどでお客さんの顔を見ることができるため客と風俗嬢としてばったり会ってしまう可能性は低いのですが、それでも繁華街をそれらしき格好で歩いている事を知り合いに見られてしまったり、ホームページの写真からばれてしまうということあります。

目標金額をためたから

妊娠風俗嬢の引退理由として最も理想的なものと言えるのが、しっかりと自分が目標としていた貯金を貯めて引退することです。
よく言われるのがだいたい30歳を目処に1000万円から2000万円程度を貯めて引退する方が多いようです。
風俗嬢を始める理由として借金を返すという目標思っている方も多く、無事に借金を返し終わったら素直に引退する方もたくさんいます。

箱ヘルの仕事は普通のお昼の仕事よりもはるかに高い金額を稼げるお仕事ですが、その分浪費の誘惑も強くありますので、いくら大金を稼いでもそれを毎月湯水の様に使ってしまっていてはいつまでも貯金がたまらずダラダラと風俗嬢として働き続けてしまうことになります。
目標金額が特にないという風俗嬢の方であっても、間違いなく稼げなくなる日はやってきますので、毎月決まった金額を貯金することをお勧めします。

まとめ

箱ヘルで引退するのは何歳くらいが適正なのか、キッカケはどういうことがあるのかについてご紹介しました。
箱ヘル嬢の引退の目安となる年齢は、普通の箱ヘルで指名が取れなくなってくる30歳あたりが多いようです。

それ以外にも結婚や出産など人生の転機があるタイミングで風俗嬢を引退する方もたくさんいます。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする