箱ヘルで素股って絶対に覚えておかなといけない事ですか?

風俗の世界には普段のセックスでは絶対にしないようなプレイがたくさんあります。
その中でも代表的なのが素股です。
風俗業界で働いたことがない女性であれば素股と言う言葉を聞いたことがない方も多いと思いますし、彼氏や好きな人のエッチで素股をすることもほとんどないでしょう。
しかし素股が箱ヘルのサービスの中でもメインと言えるものなので、箱ヘルで働くのであれば素股について覚えておくことは絶対に必要です。

この記事では、箱ヘルで働くために必要な素股の知識とテクニックについてご紹介します。

素股って何?

箱ヘルで素股って絶対に覚えておかなといけない事ですか?素股とは箱ヘルやデリヘルなど本番禁止のヘルス店で行われる「擬似本番」のことです。
ヘルス店はペニスを挿入することが禁止ですので本番をすることはできませんが、その代わりに手や股を使って擬似的に本番をしているように感じさせるのが素股です。
ヘルス店では最終的にお客さんを射精させる必要があります。

射精させる為にはある程度強い摩擦でペニスをこすらなければいけませんが、手コキやフェラだけではなく素股で射精をしたがるお客さんもたくさんいます。
素股で射精しないとしてもサービスの流れの中で素股を一切求められないと言う様な事はありませんので、箱ヘル嬢にとって素股を覚えておくことは必須とも言えます。
風俗業界未経験の方であれば入店前の講習などで必ずと言っていいほど素股について教えられます。
とはいえ講習は一通りの仕事の流れを教えてくれるだけで、素股についても深くは教えてもらえません。

しかし素股は箱ヘルのサービスの中でもとても重要なものですので、お客さんを満足させて指名を取るためにはしっかりと理解しておかなくてはいけません。

素股の種類を覚えておこう

まずは素股をする上での具体的な体位や方法についてご紹介します。
セックスにおいて体位がいくつもあるように、素股にも複数の体位があります。
最低限一つはできるようになっておかなくてはいけません。

さらに対応できる体位の数が多ければ多いほどその分お客様を満足させることができます。
また、人それぞれ体の構造や筋肉のつき方が違うため複数の素股を覚えておけば、お客さんごとに合う体位を選ぶことができますし、自分も体の疲れ具合や筋肉痛に合わせて体位を変えるという選択肢ができます。

騎乗位素股

風俗の世界で素股と言った時に最もオーソドックスなのかこの体位です。
まず、普通のセックスでの騎乗位と同じように仰向けに寝転がったお客さんの上にまたがります。

ペニスを手で握り、腰を上下させながら手でペニスを刺激するのが最もオーソドックスです。
その他にもペニスの裏側を女性器で擦り付けるように前後に動いたり、手を後ろに回してペニスを持ち、お尻の割れ目とペニスを密着させて手と体の両方を使って刺激する方法もあります。

正常位素股

風俗嬢が横になり、正常位の格好でペニスを女性器の表面に擦りつけます。
またで軽くペニスを締め付け手で位置を調整するとやりやすいでしょう。

この体位の場合基本的に動くのは男性ですので、また後からと手を使ってペニスがしっかりと性器と擦れる用に調整しましょう。

バック素股

質問 疑問バックの体位で男性器をももで挟んで、男性が動く体位です。
普通のバッグではやりにくいので、立ちバックでやることが多いでしょう。
ある程度ももを閉めて男性器を絞めつけなくてはいけないため、初めは足に力が入らず筋肉痛になってしまう方もたくさんいます。

しかしこの体位を覚えればシャワーを浴びてる最中などにもできてプレイに幅ができます。

対面座位素股

体面座位のように男性に座ってもらいあぐらをかいてもらいます。
その上にまたがってペニスを手で握り、自分の性器にこすり合わせるように動かす体位です。
片手で自分の体を支えなければならず動きも難しいため難易度は高いのですが、密着感と挿入感が強いため、この体位ができればかなりテクニックがあると言えます。

指名を取るために覚えておきたい素股のテクニックと注意点

素股は風俗嬢のテクニックの差が非常に出やすいプレイです。
特に素股が下手くそな風俗嬢の場合、お客さんは全く気持ちよくなかったり痛くなってしまう可能性があります。
お客さんの指名を取るためにも、素股をするときの注意点とテクニックを覚えておきましょう。

ローションをたっぷり使う

素股をする時にはローションを大量に使う必要があります。

膣内ではなくまたや手を使うため基本的には放っておくと男性器はすぐに乾いてしまいます。
自分自身の愛液だけでは男性が痛がってしまうため素股をする時には絶対にローションを大量に使用しましょう。
ローションを使用する時には、事前にローションボトルをお湯で温めたり、ローションオイルと混ぜて人肌に近い温度にしておくと、つけるときに違和感がなくなります。

挿入されないように気をつける

素股で最も気をつけなくてはいけないのは、実際に挿入する体位と非常に近いためお客さんが挿入したいという気分になりやすく、実際に挿入される危険性が高いと言うことです。

特に正常位素股とバック素股はお客さんが主体となって動くため動きをコントロールしにくく、気を抜くと挿入されてしまう可能性があります。
もし生素股をしているようであれば最悪生本番と同じようなことになってしまうのです。
一度挿入をした男性はなかなか抜いてくれませんし、挿入したい気持ちを抑えることが難しくその後は強引に本番を続けようとすることがあります。
そのような事態を避けるためには、どの素股の体位であっても絶対に手を使ってペニスの位置を調整し、もしお客さんが挿入しようとした場合にはすぐに回避できる状態にしておきましょう。

ペニスをしっかり洗う

箱ヘルとの素股は基本的にコンドームを着用せず生ですることになります。
どうしても生が嫌だと言う方の場合はコンドームを着用して素股をすることもできますが、お客さんの満足度は生より低くなってしまうことは覚悟しておきましょう。
生で性器を擦り付けると言うことは当然性病に感染するリスクがあります。
性病は挿入をした時にだけ感染するわけではなく、性器周辺の粘膜が性器や精液と接触することによっても感染する可能性があるのです。

生素股をする以上は性病を100%回避することはできませんが、出来る限りそのリスクを下げるためにも、シャワーでお客さんのペニスをしっかりと洗う用にしましょう。
また、もしお客さんのペニスに異常を感じた場合には性病の可能性があるため、そのことをお客さんに伝えて素股はせずにフェラや手コキで射精してもらいましょう。

体を密着させる

男性 女性素股をする時に動くことに集中しすぎてしまう風俗嬢はたくさんいます。
しかし素股の本来の目的は「擬似本番」ですので、恋人や好きな人とセックスをしているのと同じようにキスやハグなど体を密着させていただいたすることを忘れないようにしましょう。

感じている演技をする

男性は、女性が感じている姿に興奮する生き物です。
ですから素股をする時にも男性をいかせることばかりに集中するのではなく、自分も気持ち良くなっているという風に見せなくてはいけません。
初めのうちは素股の動きをするだけで精一杯だと思いますが、慣れてきたら喘ぎ声や言葉で自分も感じていることを伝えればお客さんはさらに興奮してくれます。

まとめ

箱ヘルで働くために必要な素股の知識とテクニックについてご紹介しました。

まずはこの記事で紹介したような素股の体位を覚え実践できるようになりましょう。
素股のテクニックが上がれば自然と指名もたくさん取れるようになるため、この記事で書いたテクニックを少しずつ身につけていきましょう。
また、素股をする上で最も気をつけなくてはいけないことはそのまま挿入をされてしまうことですので、必ず手を添えてお客さんのペニスの位置をコントロールしましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする