箱ヘルでは生フェラ必須?病気が怖いからゴム着指定できる?

箱ヘルで働くのであればフェラはほぼ必須のサービスです。
箱ヘルに来ているのにフェラをされなくても構わないというようなお客さんはほとんど存在しません。
お店としてフェラをNGにすることを許容しているようなお店はほとんどありませんし、自分が独自でフェラをしないようにサービスをしていてはお客さんから指名を取るのが非常に難しくなります。
しかし生フェラをするのは性病感染の可能性があって怖いからゴム着でのフェラにしたいという方は多いと思います。

この記事では箱ヘルでは生フェラが必須なのか、ゴム着指定にしても大丈夫なのかということについてご説明します。

箱ヘルでは生フェラ必須?

箱ヘルでは生フェラ必須?病気が怖いからゴム着指定できる?箱ヘルはヘルス系の代表的な風俗店で、店舗内にある個室などでサービスをします。
サービス内容は挿入以外のあらゆるエッチなプレイをするというものです。
当然キスやディープキス、フェラ、クンニなどは必須のサービスとして求められます。

フェラをするのが嫌だったり、性病のリスクがあるから避けたいと言う女性もいますが、箱ヘルで働く以上フェラをせずにお客さんの指名を獲得することはほぼ不可能だと思っておきましょう。
それでも好きでもない男性のペニスを舐めるのが嫌だったり、性病のリスクを少しでも避けるためにゴムを着用した状態でのフェラにしたいと言う方はいると思います。
しかし、箱ヘル店でゴム着のフェラでも大丈夫と言うお店はほとんどありません。
生フェラをオプションにしていてNGにもできるというおなお店はほとんどありませんし、お客さんもゴム着のフェラでは満足しません。

箱ヘルで働く以上基本的には生フェラは避けて通れないものと認識しておきましょう。
もしそれでもフェラをNGにしたり、ゴム着フェラだけをやるのであればお客さんから指名を取って人気嬢になるのはとても難しくなります。
残念ながら他の要素が多少良い程度ではカバーできない程度のマイナスになるので、よほど若くて可愛かったり、フェラをしないかわりに本番はさせるなどではない限りは、指名はなかなか取れないものとは終わりましょう。
もちろん性病が怖くてフェラをしないのであれば、本番をしてしまっては結局性病に感染するリスクは高まってしまいますのでお勧めできません。

生フェラをすると性病にかかりやすいの?

生フェラをするとゴム着でフェラをするよりも性病にかかる可能性は高くなります。
性病は性器周辺だけが感染するものではなく、口周辺や喉にも感染します。
そのためお客さんが性病を持っていれば生フェラをすることによって性病に感染する可能性があるのです。
生フェラをすることによって感染する可能性がある言われている性病は淋菌、クラミジア感染症、ヘルペス感染症、梅毒などです。

これらの性病は口にも性器にも感染するものですので、もしお客さんの性器が感染していれば箱ヘル嬢が生フェラをすることによって口に感染する可能性があります。
性病に感染した場合、何らかの症状が体に現れたら病院に行って検査をし治療が完了するまでお店を休まなくてはいけません。
人によっては自覚症状が出てこない性病もありますが、性病にかかっている状態でお仕事を続けてしまうとお客さんに性病をうつしてしまい大量のクレームが押し寄せることになります。

生フェラで性病に感染するリスクを避ける対策

箱ヘルでは生フェラはほぼ必須であることをご紹介しました。

だから性病が怖いと言う女性の場合には、性病に感染しないように最大限の対策をする必要があります。
生フェラで性病に感染するリスクを避けるための予防策は知っておきたいことをご紹介します。

歯磨きとイソジンは要注意

口 女性箱ヘルの場合お店の備え付けで歯磨きとイソジンがあると思います。
口臭を避ける意味だけではなく、性病のリスクを下げるためにも歯磨きとイソジンをしっかりとやるように教育を受けた方は多いと思います。

実際歯磨きとイソジンをしっかりすることによって口の中が綺麗になりますので、もし自分が性病にかかっている場合であってもお客さんに感染させるリスクが下がります。
しかし注意しなくてはいけないのは、歯磨きもイソジンもやりすぎてはいけないということです。
なぜならどちらも口の中に小さな傷を付ける可能性があるため、ガシガシと長時間歯磨きをしてしまったりイソジンで何回もうがいをしていると粘膜に傷がついてしまいます。
粘膜に傷がついているとその傷口から性病の菌が入りやすく、性病に感染する可能性が高くなるのです。

性病を怖がるあまり歯磨きとイソジンはあまりにもやりすぎて結果的に性病にかかりやすくなってしまう可能性もあるので、どちらもやりすぎず適度な時間で終わらせましょう。

ペニスを観察する

お客さんが性病に感染している場合、ペニスに何らかの症状が発生していることもあります。
症状として多いのは膿がたまっているような白いポツポツが大量にあったり、極度な悪臭がする場合です。
ただしそもそも男性のペニスには白いポツポツがあるものですので普段からお客さんのペニスをしっかり観察して、普通とは違うような状態に見えたら性病であることを警戒しましょう。

もしお客さんが性病かもしれないと感じた時には、「ペニスに何かできてますね」と話しかけてお客さんに性病にかかる様な身に覚えがあるかどうかを聞いてみましょう。
もしお客さんと話してみて「性病かもしれない」ということになったら、「体悪くしちゃうから一回ちゃんと検査した方が良いですよ」とおすすめした上で、「今日は申し訳ないんですけど生フェラはなしにしておきますね」と断りましょう。
性病ではないお客さんに対してこういうことを言ってしまうと機嫌を損ねてしまい指名を失う可能性もありますが、自分が性病に感染して何週間も仕事を休むことに比べればたいした問題ではありません。

ペニスを清潔にする

ペニスになんだかの症状が現れていない場合であっても性病の可能性はあります。

だからどんなお客さんであっても、ペニスの見た目におかしな部分がなくても、お客さんのペニスを可能な限り清潔にしておきましょう。
箱ヘルの場合プレイの前にお客さんと一緒にシャワーを浴びる時間がありますが、その際にはお客さんが体を洗うのをお客さん任せにせず自分がしっかりとボディソープを泡立てて隅々まで綺麗にしてあげましょう。
お客さんの中には体を洗うのが下手くそだったり面倒くさがりの方もいて、自分で体を洗うと適当にお湯で流すだけの方もいます。
風俗嬢がお客さんの体を洗ってあげるのはサービスの一環でもあり、お客さんも非常に喜びます。

それをすることによって性病に感染するリスクも下げることができるのですから、お客さんの体は洗ってあげるサービスは絶対にやりましょう。
なお、包茎のお客さんの場合には皮を剥いてから亀頭の裏側までしっかり洗うことを忘れないでください。

性病検査はしっかり受ける

歯ブラシお店によって様々ですが箱ヘルの場合性病検査を義務付けていることが多いと思います。
実は何らかの性病にかかっている場合体の免疫力が下がりますので、他の性病にかかる可能性も高くなってしまいます。

もし自覚症状がない状態で性病にかかっており、それでも仕事を続けているとお客さんに性病をうつしてしまう可能性があるばかりか、自分も更なる性病を併発する可能性があるということです。
だから定期的に性病検査をすることは自分の体を守る意味では非常に重要です。
また、もし口や性器などに異常を感じた場合にはお店から義務付けられているタイミングではなくても病院に行って検査をしましょう。

まとめ

箱ヘルでは生フェラが必須なのか、ゴム着指定にしても大丈夫なのかということについてご説明しました。

箱ヘルでは基本的に生フェラは必須で、NGにすることはできません。
それでもお客さんと交渉をして生フェラを避けたり、ゴム着フェラだけをする場合には、お客さんから指名を取れる可能性が非常に低くなります。
ですから、箱ヘルで働いて稼ぎたいという意思があるのであれば生フェラをすることは覚悟して、性病に感染しないための予防策をしっかりやることを意識しましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする