箱ヘルと一緒に掛け持ちで働くオススメの風俗バイトはありますか?

最近では、箱ヘルなどの風俗関係の仕事をしている人は、昼職と掛け持ちしながら働く人も少なくなく、昼職以外にお小遣い稼ぎの程度で、風俗で働いていますが、中には、風俗店の掛け持ちをして働いている人もいます。
1つのお店だけの稼ぎでは少なく、掛け持ちすることでより多くのお金を稼ぎたいと掛け持ちをしています。
そこで今回は、箱ヘルで働いている風俗嬢が掛け持ちをするならどのような風俗店がオススメなのかをご紹介していきます。

風俗店の掛け持ちはタブー?

箱ヘルと一緒に掛け持ちで働くオススメの風俗バイトはありますか?箱ヘルと掛け持ちをするのにオススメの風俗店をご紹介する前に、多くの風俗店では、「昼職と風俗店」の掛け持ちはOKですが、「風俗店と風俗店」の掛け持ちは原則として禁止しているお店が多いです。
求人広告などに「掛け持ちOK」と、記載していても風俗店同士の掛け持ちは許可していないお店が多いのです。
なぜ、風俗店同士の掛け持ちがダメなのかは、その風俗嬢に指名しているお客さんが流出してしまったり、そのお店以外にも会えることから、お店の価値が下がったり、スタッフの引き抜きなどが起こる場合もあるため、風俗嬢が掛け持ちしながら働くことでお店にメリットが少ないため許可しないのです。

中には、女の子の数を確保するために、掛け持ちを許可しているお店もあるみたいです。
このように多くの風俗店では、掛け持ちを許可していないので、お店にバレると、トラブルの原因にもなるので、それでも掛け持ちをしたい場合は、掛け持ちをするための前準備をしっかりしておきましょう。

掛け持ちするなら業種を変える

同じような風俗店で働くと、同じような出勤時間になるので、初めのうちは上手く曜日を変えて出勤出来ていても、いつかは重なってしまったり、別のお店で会ったお客さんと違うお店で出くわす可能性もあるのです。

そのようなことを避けるためにも、業種を変えて掛け持ちすることをお勧めします。
では、箱ヘルと掛け持ちするのであればどのような風俗店が良いのでしょうか。
箱ヘルは、利用料が安く、短い時間で満足したいお客さんや、仕事の合間に利用するサラリーマンが多いため、お客の入りが多い時間帯が基本的に昼間になるため、夜に働けるデリヘルなどをオススメします。
夜にも箱ヘルを利用するお客さんは多いですが、デリヘルの方がお客の入りが多いため、夜の時間帯にデリヘルで働くほうが稼ぐことが出来るのです。

朝から夕方まで箱ヘルで働き、夜からはデリヘルで働くことが1日箱ヘルで働くより稼ぐことが出来るのです。

箱ヘルとデリヘルの掛け持ちのメリット

禁止 マーク箱ヘルとデリヘルを掛け持ちすることで、上記でも言いましたが、お客さんが被る心配がなくなります。
さらに、掛け持ちすることで常にお店にいないことがわかれば、お客さんからすれば希少価値が上がり、出勤しているときに指名を貰える可能性が多くなるのです。

掛け持ちすることで一番いいことは、どちらかで稼げなくてもどちらかで稼げばいいと保険にすることが出来ます。
箱ヘルでは、女の子の数が増えてしまうと出勤日数を削られたりするため、その場合には、デリヘルで稼ぐことが出来れば収入源はなくなることはありませんので、今月は稼ぎが少ないから生活が困るという心配も軽減できます。

掛け持ちをする準備はしっかりと

掛け持ちしていることがお店にバレた場合にトラブルになると言いましたが、そのお店で働けなくなるだけならまだ他のお店を探せばいいですが、最悪の場合は、お店側から契約違反だとお金を要求されたり、風俗業界で働けなくなる可能性もあります。

そうならないためにも、掛け持ちをする場合には、しっかりと前準備をしましょう。
どのようなことをすればいいのかと言いますと、お店ごとに時間帯を決めて働きましょう。
箱ヘルなら昼間が稼ぎ時なので昼だけ。
そして、夜はデリヘルと働く時間を初めから分けておきましょう。

次に、宣材写真などの写真は同じものを利用しないでください。
顔の一部だけの写真を撮ってもらうようにして、他のお店と同じ顔の部位が出ないようにしましょう。
どれだけ注意していてもバレるときは一瞬でバレてしまうので、少しでもバレそうと思うことは辞めましょう。

別人のように働く

掛け持ちするうえで気を付けることはまだまだあり、お店などでの写メ日記は投稿しないようにしてください。
気を付けていても、疲れていたりするとお客さんの名前を間違えたりする可能性があります。
働く上では、源氏名をわけて働くようにしてください。
分けてしまうほうが間違えてしまうのでは?と思う人もいるかと思いますが、同じ名前で働いているほうが似たような名前と目をつけられてしまいますし、自分の名前なんて挨拶の時ぐらいしか言わないのであまり間違える心配もありません。
名前の他に変えるのは、身体のスリーサイズも全て変えるようにしてください。
そして、顧客やお店の女の子に連絡先などを教えるのは避けてください。
どこから情報が流出するのかわからないので気を付けるようにしてください。

このように禁止とされている風俗店同士の掛け持ちをする場合は、別人のようにして働くように心掛けましょう。

お店に確認するのがいい

Ok, Good掛け持ちをしたいが、お店にバレるのが怖いという方は、面接の時などに掛け持ちをしていいのか聞いてみるのが一番いいかもしれません。
そこで許可されなければ、そのお店1本で頑張ろうという気になれるかもしれませんし、なによりお店側とのトラブルを避けるためには一番いい方法です。

また、どうしても箱ヘルだけの収入では生活できないと困っているのであれば、ソープで働くことをオススメします。
ソープはヘルスに比べて、バックの金額も高いので、掛け持ちしなくても1本だけでもかなりの額を稼ぐことが出来ます。
掛け持ちすることで対応するのではなく、職種を変えてみてもいいかもしれません。

無理せず掛け持ち

掛け持ちせずに1本だけで絞って働くほうが、身体への負担も少ないですが、なかなか思うように指名が取れずに稼げなくて困っている人も多いですよね。
そのため、掛け持ちしてまで働く人が増えてきているのです。
たしかに、ランキング上位にいるような風俗嬢になるためには多大なる努力が必要ですし、入店仕立てからランキングに入れるような女の子はなかなかいません。
なので、身体がきついとわかっていても掛け持ちして腹きますよね。

ただ、無理をしすぎてしまうと、全く仕事を出来なくて収入が得られなくなるため、体調管理には十分に気を付けましょう。
また、箱ヘルとデリヘルを掛け持ちする場合にはお客の入りがピークになる時間帯に出勤するようにして、それ以外の時間はゆっくりできる時間を作ることで少しは、身体への負担も軽減できます。
このように、無駄な時間に出勤するのではなく、出勤時間を上手に使い、賢く稼いでいくようにしましょう。

まとめ

今回は、箱ヘルとの掛け持ちをするのにオススメの風俗店をご紹介していきましたが、箱へルやソープなどは午前中から昼間の時間にお客さんが利用することが多い職種なので、掛け持ちする場合は、夜に多くのお客さんが訪問するようなお店だと上手く掛け持ちすることが出来、稼ぐことが出来ます。
このように、自分の働く時間帯にお客さんの集客率がピークの時間帯に出勤することが掛け持ちするコツです。
そして、風俗業界では風俗店同士の掛け持ちはタブーということをしっかりと理解しつつ、ご紹介したような前準備をしっかりして働いてください。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする