箱ヘルで写真指名はとれるけど本指名につながらない…

箱ヘルに入店してからのお客さんは、受付店員の力によるものになります。
受付店員がフリー客を優先的に回してくれるようになるのです。
あとは箱ヘル嬢の問題で、どれだけフリー客に気に入られるかによってリピートにつなげ本指名になってくれるかになるのです。
ネットの写真指名は、写真の写りかたにより左右され、たくさんある風俗店のなかから店を選び、そのなかから写真で指名になるので、お客さんから指名というのはかなり確率として低くなります。

いずれにせよ、いったんあなたについたお客さんが本指名に繋がらないといけないのです。
つなげるにはどうすればいいか?見ていきましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

箱ヘル本指名をとるためにはどうすればいいのか?

フリー客を増やす

箱ヘルで写真指名はとれるけど本指名につながらない…本指名というのは、あなたの勤めている箱ヘル店に来店して、パネル写真をみることなくあなたを直接指名する。
お客さんのお気に入りの女性のことになります。
会ったこともないお客さんがあなたを本指名することは、100%近くありえません。

まずは、フリー客(通りすがりのお客さん)をあなたが接客することで、あなたの接客に満足して、また指名したいと思って何度かリピートすることで、あなたの虜になって本指名になるのです。
フリー客から本指名にしようと、あなたが頑張ってもすべてのフリー客がリピート・本指名につながることはありません。
だれかは、別の風俗店に流れる・同僚箱ヘル嬢にとられるということはあります。
努力ではどうすることもできない、相性というものもあるので、これは仕方ありません。

本指名してくれるお客さんであっても、いつかはあなたのもとを離れていくことになります。
理由は飽きてくるからになります。
だから、あなたはフリー客をたくさんさばいていき、そのなかで本指名にかえす確率をあげる努力をすることになるのです。
フリー客はできるだけ増やして対応することがポイントになります。

数こなすことで、本指名に一部はなっていくことになります。

写真指名を増やす

フリー客は、新人期間までは箱ヘル店側が優先して回してくれるようになりますが、それ以降はあなたの力でなんとかしないといけません。
そのためには、写真指名をふやすしかないのです。

受付店員が別の箱ヘル嬢を提案する前に、あなたの写真を見たお客さんの口から「この子にしたい」といわせるしかないのです。
写真を見て選んでくれたフリー客は、見た目はあなたが好みのタイプということになります。
会ってあなたの顔を見て全く実物と一致しない、パネマジになったりするとリピートは厳しくなります。
写真写りをよくして、お客さんに写真で指名してもらうことは大切なのですが、お客さんを騙すような行為はしないほうがいいでしょう。

それより、あなたの写真写りを工夫してパネマジにならないで、お客さんに指名される写真にするようにしてください。
プロフィールはあなたが基本的に伝えたことをスタッフがデフォルメして記載するようになり、年齢は見た目年齢になっています。
年齢が違いすぎるのはまずいと考えるのではなく、年齢をごまかすことでもお客さんの写真指名がとれる女性になることが大切になります。
ここは風俗業界では当たり前にしていることで、お客さんが性的プレイをしたいと感じる年齢は20代になっているのです。

馬鹿正直に写メ日記で40になりました・35になりましたとアップすることはしてはいけません。
そのようなことをしたら、どんどんお客さんの指名がへることにもなるのです。

接客から指名

恋愛あなたが満足できるサービスを提供しても、あなたの評価はお客さんがします。

あなたがなんとしても次の指名につなげたいなら、箱ヘル店と話し合ってあなた独自のキャンペーンを作りましょう。
フリー客のサービスが終了したところで、予約指名してもらう提案をするのです。
例えば、キャンペーンで次回指名を50%割引にして、あなたはバックを箱ヘル店からもらわないで、営業経費として見る方法などは使える方法だと思います。
それでも、フリー客が本指名に返すことができない場合はどうしたらいいか見ていきましょう。

どうしたらお客さんの気持ちがむくようにできる

手抜きになっていないか

お客さんは、あなたにどう扱われているのか、部屋に入った時から帰るまで見ています。
会ってから笑顔であいさつ・部屋に入った後の靴・シャワーを浴びる時に脱いだ服の扱い・シャワーの内容・シャワー後のからだを拭くとき・ベッドへの移動・ベッドでのプレイ・プレイ途中の休憩など、すべて接客として大切なことになるのです。

あなたがお客さんを手抜きして扱うと、すぐにわかってしまうものです。
箱ヘル店は、サービス時間が短く高回転になり、お客さんが多いのですが、それでもあなたは手抜きがないようにサービスをしないといけないのです。

清潔感

恋愛あなたにあってはじめて、あなたの人となりがお客さんは確認できるようになります。

女性として身だしなみはどうかという前に清潔感がないと、お客さんは、これからサービスを受ける気持ちに水を差すことになるのです。
トーンダウンするのです。
お客さんは、箱ヘル店の箱ヘル嬢としてみているのではなく女性としてみているのです。
髪の毛・肌・毛の処理・歯の色・爪・口臭・体臭・局部のニオイや毛の処理・ウエストがないスタイルはダメで体型コントロールについてはとても大切なことで、エチケットになります。

お客さんは清潔感がなくても、あなたはいつも清潔感がある女性としないといけません。

プレイテクニック

箱ヘル店のプレイは、基本サービスで、ディープキス・全身リップ・キンタマ舐め・アナル舐め・シックイナイン・クンニ・生フェラチオなどになります。
オプションはあなたが出来る内容になります。

基本にあるプレイは、お客さんが求めるプレイにしてあげることが大切になります。
お客さんが優しく丁寧にして欲しいタイプなのか、それとも濃厚に何度も発射したいタイプなのか、お客さんにひとつずつ確認しながら満足のいくプレイをすることが重要になるのです。
あなたが覚えているやりかたがベストではなく、お客さんがしてもらいたいことがベストになるのです。

お客さんとの接触率をあげる

一般の仕事であっても、お客さんと信頼関係を築く上では接触率を高めることが大切だと言われています。
お客さんの前に何度も何度も現れて、忘れられない存在になることになります。
箱ヘル嬢は、はじめてのフリー客と何度も会うためには、サービス時間内で、どれだけお客さんにボディタッチをして接触回数を増やすかになるのです。
あなたの手でお客さんのからだに触れる機会をふやしていくのです。

お客さんが部屋からでるときに、着ている服の乱れがないかチェックしてあげて、最後のソフトキスからディープキスして、「また会いたい」と一言伝えるようにするのです。

ネット上本指名を返す女性の特徴

シャワーヘッド・どうしても本指名が返せなかったら、オプションプレイを出来るだけ多くできるようにします。
オプションすべてがOKになると本指名されやすくなります。

・お客さんの名前と顔は必ず覚えて、お客さんと情報交換して連絡がとれるようにすると、来店しなくてもやりとりができるので、次も指名してくれるようになります。
・お客さんの来店記録・会話した内容などを記録して、つきに来店した時に必ず前回のときのことを話してからサービスするようにしています。
印象に残ることが大切だと思う。
・プレイで一番大切なのは、発射と考える女性が多いのですが、ディープキスがとても大切になります。
ディープキスがきちんとできたら本指名につなげることができます。
どの内容も試す価値があるものばかりになります。

まとめ

箱ヘル嬢が本指名を返すポイントは、お客さんの満足であってあなたのしたいことではありません。

ご参考にしてください。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする