箱ヘルには指名のノルマとか出勤のノルマはありますか?

「箱ヘルで働いて稼ごう」と思っても、「自分にできるのだろうか?」と不安になることはあると思います。
「もし働いてもお客さんが付かなかったり、なかなか出勤できなかったりするのではないか?」
そんなマイナス思考が頭をよぎることでしょう。
どの業界にも仕事ができる人、できない人が一定数存在しています。
自分が「できるひと」だったら問題はないのですが、「できない人」である可能性もあるわけです。

それを確かめるには実際に働くしかないのですが、もし自分が「できない人」だったらどうなるのでしょう。
風俗店から怒られたり、責められたりするのでしょうか?
もしくはノルマがあったり、罰金を払わなくてはいけなかったりするのでしょうか?
気持ちよく働くにはそこら辺を確認したほうが良いでしょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

箱ヘルのノルマとその実態について

箱ヘルは風俗の形態の中でも最も立ち寄りやすいシステムであると言われています。
店舗型なのでお客様がふらりと立ち寄りやすく、またソープほど高額ではないので遊びやすいからです。
「では指名ノルマは存在しないの?」と思うかもしれませんが、ある条件においてはノルマはあります。

箱ヘルには指名のノルマとか出勤のノルマはありますか?それは給料に上乗せされた部分です。
例えば箱ヘルだったらある程度の指名を獲得する嬢は個室が与えられます。
風俗店によってその条件は異なりますが、個室待機ができる条件の指名の数は「ノルマ」といえるでしょう。
また保証や祝い金にも条件が付けられていることがあります。

その条件の中には「月○本以上の指名を獲得すること」などがあるのです。
基本的なバックや給料に影響するようなものではなく、風俗嬢のやる気を引き出すためのものと言えるでしょう。
同じようにランカー嬢になれば指名が増えます。
でも、もちろんそのためには多くの指名をとらなくてはいけません。

それもまた「ノルマ」と感じる人には感じるでしょう。
でも厳密に言えば、箱ヘルには「ノルマ」はありません。
上記のそれらは「これを達成すればプラスアルファのお金がもらえるよ」という性質のものです。
達成しないからといってバックが減らされたりすることはないので安心してください。

どうして箱ヘルにはノルマがないのか

ではどうして箱ヘルにはノルマがないといえるのでしょうか。
それは風俗全体にいえることなのですが、基本的に風俗は「歩合制」であるからです。
歩合制とはつまり「1本の仕事をしたら、これだけバックがあるよ」と最初に風俗店と契約することです。
それは時給制で働くことと大きく違います、歩合制で働く場合一人一人が「社長である」と言っていいでしょう。

個人である風俗嬢が、対等な立場である風俗店と結ぶ契約なのです。
その契約に従う限り「ノルマ」や「罰金」なんて存在しません。
そもそも「罰金」というのは、国が個人に制裁として請求するものです。
例えばスピード違反などでお金を払ったりすることを「罰金」といいます。

だから個人である風俗店が、契約している風俗嬢にかける「罰金」など法的には無力です。
同じように「ノルマ」も法的には存在しないと言っていいでしょう。
ただ、営業のうえで風俗嬢にはっぱをかけたり達成感をあたえるために設置しているだけなんです。
達成できないからと言ってあまり深刻になるものではありません。

箱ヘルがノルマを設ける理由

箱ヘルの給料は歩合制ですので「ノルマ」というものは存在しません。
ですが、一部の店舗では嬢にノルマを与えているところもあるようです。
それには箱ヘルなりの事情があるのです。
お金 手箱ヘルは繁華街にあることが多く、当然そのような土地のテナント料は高額です。

経営者は毎月の家賃を払わなくてはいけません。
さらに電気代や水道代など、箱ヘルを経営するにはかなりの出費が必要なのです。
それは聞いたら驚くほどの金額でしょう、だから経営者は売り上げを上げるために必死です。
毎月かかる費用を上回る売り上げを上げなくてはいけません、そのためには仕事をさぼるスタッフなどを排除しないといけません。

なぜなら家賃と同じくらい高額なのは人件費だからです。
箱ヘルでスタッフの教育ができてない店は長続きしません。
自然と体育会のようなノリになる店がほとんどです。
そのような厳しい教育の行き届いた店の中には、嬢とスタッフを同じように接する人もいます。

経営者の売り上げ至上主義を、そのまま風俗嬢に要求してしまうような店長がそうです。
そのような勘違いをしている店は、ノルマや罰金を厳しく要求してくるでしょう。
それはお門違いの要求です。
スタッフと違い、歩合制で働く風俗嬢は店にとって「商品」です。

店が嬢に求めるのは接客やサービスの品質、もしくは遅刻や当欠をしないことなどです。
つまり商品の管理と言っていいでしょう。
経営上の数字のプレッシャーを嬢に回してくるような店は、あまり長居しないほうが良いかもしれません。
「このノルマを達成しなかったらペナルティがあるよ」と言ってくるような店では気持ちよく働けないからです。

歩合制で契約している以上、嬢にノルマを求めることが間違いなのです。

罰金やペナルティがある場合

ただ、店にとってダメージのある事に罰金があるのは仕方ないでしょう。
例えば箱ヘルで本番行為をしてしまったとき。
それは店の信頼を落とし、従業員の人生や生活を傾かせる可能性があることです。

そんな行為には罰金が設けられるのは当たり前と言えます。
また当欠にも同じことが言えます。
お客様の信頼をなくしてしまうことは店のとってダメージがあることです。
だから出勤日には必ず出勤しなくてはいけません、それは社会人としての基本的なルールです。

どうしても出勤できないときは、必ず連絡を入れなくてはいけません。
そのようなことは店の経営にかかわってきますので、罰金があってもしょうがないといえるでしょう。

悪質な店のノルマと罰金

お金風俗求人には「ノルマ、罰金がありません」と書いてあることが多いです。
ですが上記の通り、箱ヘルの営業には高額の費用が必要です。

その費用を賄うために、嬢にノルマや罰金を設ける店もあります。
それらは地雷接客をしたりして、店の信頼を失わせるような女性を排除するには有効でしょう。
ですがノルマや罰金を悪用する風俗店もあります。
新人に「週2本の指名がノルマだから」とプレッシャーをかけ、「それができなかったら罰金」と言ってくるのです。

出勤に関しても「週4で働けないなら、罰金があるから」と強引に働かせようとします。
そんな店はとっととバックレることが一番です。
ですが気の弱い女性や、責任感のある人はその条件を飲んでしまうことがあります。
そのような人にありえない罰金をかぶせて、こき使う店も存在します。

耐えられなくなって「店を辞めたい」といっても「罰金を払うまではダメ」としばりつけてくるのです。
それは違法な行為であり、とっとと逃げることが一番の解決方法です。
たとえこちらの個人情報を握られていても、そのような悪質な請求は犯罪です。
勇気を出して警察に被害を訴えましょう。

まとめ

箱ヘルに指名ノルマや出勤ノルマはありません。
風俗嬢は基本的に歩合制だからです、たとえ売り上げが上がらなくても嬢の責任ではありません。
出勤に関しても同じです、遅刻や当欠でもしない限り怒られることはないでしょう。
でも風俗店の中には「週○本の指名ノルマ」や「週○日出勤のノルマ」をかけてくることもあります。

それは嬢のやる気や達成感を持ってもらうための軽いものがほとんどです。
もし達成しなくても「来月はがんばってね」ぐらいで終わるでしょう。
ですが悪質な店はあり得ないほどの罰金を請求してきます。
一度早退しただけで罰金を請求してきたり、罰金を払わないと店を移らせてくれません。

それらは法的に無効ですし、悪質な店を排除するためにも言うことを聞くのはやめましょう。
とっとと逃げ出してOKです、もし何か言ってきたら警察か弁護士に相談しましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする