箱ヘルでは客入りの良い時期と悪い時期がありますか?

風俗は大変な仕事です。
なので限界を超えて頑張りすぎると心が病んでしまうことがあります。
たまには休むことが大切です、良く働くには良く休まなくてはいけません。

でもいつ休めばいいのでしょうか?
それはどの仕事でもいえることですが「忙しくないとき」が休み時といえるでしょう。
特にガッツリとお金を稼ぎたいなら、繁忙期と閑散期を把握しておくことが重要です。
たとえばお客さんがまったくいない時期に「よし、がんばるぞ」と気合を入れても空回りしてしまいます。

そんなエネルギーは忙しい時にこそ使うべきで、暇すぎる時期には休むかほかの仕事を入れたほうが得策なんです。
特に箱ヘルは客入りの良い時期と悪い時期がはっきりしていますので注意しましょう。
休むべき時期にしっかりと休むことで、稼ぐときにガッツリと稼ぐことができるのです。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

頑張り時はいつ?箱ヘルの繁忙期について

箱ヘルでは客入りの良い時期と悪い時期がありますか?箱ヘルで稼ぐには、いつ頑張ればいいのでしょうか?
やはりお客さんが多い時に、なるべく出勤したほうが稼げるのは間違いありません。
では箱ヘルの繁忙期はいつなのでしょう?
それは「いつ、箱ヘルの需要が高まるか?」を考えれば判明してくるでしょう。
箱ヘルは風俗業界の中でも、もっとも立ち寄りやすい形態であるといえます。
男性にとって箱ヘルは低料金で待ち時間も少なく、気軽に利用できる風俗です。
なので多くの店は繁華街にあることがほとんどです。

繁華街には飲食店があり、そこでは多くの人がお酒を飲みます。
そして男性は酒が入ると女性が恋しくなる性質があります。
だから2次会としてスナックやクラブが存在するのですが、その延長として箱ヘルがあるといっていいでしょう。
もちろん性欲を満足させたいだけのお客さんも来るのですが、週末の夜などはお酒の入ったお客さんがほとんどです。

箱ヘルは酔っぱらって本能に逆らえなくなった男性客が多いのです。
なので忙しくなるのは「繁華街が賑わう時期」とシンクロしているといえます。
年末年始などはフリー客がつきっぱなしになるほど忙しくなります。
ボーナス期なども懐が温かくなったサラリーマンが増えますので、箱ヘルは忙しくなるといえるでしょう。

4月も新生活や人の入れ替わりが激しい時期です、繁華街もにぎわって箱ヘルにも人が流れてきます。
また8月も忙しい時期です。
夏休みアルバイトでお金を稼いだ学生がやってきますし、観光地にある店舗でしたら観光客で忙しくなるはずです。
ゴールデンウィークなどの連休も経済が活発になるので客入りが期待できます。

まとめると1月、4月、5月、6月、7月、8月、そして12月が忙しい時期と言えるでしょう。
ガッツリ稼ぎたいなら、これらの月に出勤を入れましょう。
そしてそれ以外の時期もやるべきことがあります。

客入りの悪い時期を把握しよう

カレンダー箱ヘルの客入りが悪いのは2月と3月、そして9月から11月までです。

これらの時期は頑張ってもあまり稼げないかもしれません。
なので風俗店としてもこの時期はイベントなどで集客に力を入れてきます。
その分バックが低くなったり、手取りが下がったりするかもしれません。
ですので思い切って長期の休みを入れるのも一つの方法です。

お客さんを掴むために働き続けるのは大切なことですが、頑張りすぎても病んでしまいます。
ハードな仕事内容の風俗ですが、中でも箱ヘルは体も心も消耗しやすい業種と言えます。
その代表的な例として肌へのダメージがあります。
箱ヘルでは回転数が大切なので、1日に何度もシャワーを浴びることになります。

そうなると肌が常に洗い流され、潤いが失われてしまいます。
肌へのダメージはどの風俗ジャンルよりも多いと言えるでしょう。
そして毎回違う男性に接客することはメンタルを消耗してしまうでしょう。
女性の本能として「一人の男性と連れ添う」ものがあると言われています。

なので毎日知らない男性と触れ合うことは、知らないうちに精神的なダメージを蓄積していることがあるのです。
だから休むことは大切なのです。
「この時期は暇過ぎるな」と思ったら、一度リフレッシュしてみましょう。
そうすることで病むことなく働き続けることができるのです。

それは一時的に頑張るよりも、長期的により多く稼ぐことになります。
特に2月は年末年始でお金を使い切ったお客さんが風俗に来なくなる時期と言われています。
こんな時は絶好の休み時と言えます。
長期の休みを入れることができるのも、風俗の仕事の良い所です。

趣味や旅行に没頭したり、好きなことを好きなだけすることがいいでしょう。
その為にも閑散期を把握することは重要なのです。

「暇なのは自分のせい」と思いすぎないこと

閑散期を把握することで、精神のバランスを保つことができます。
この時期にお茶をしても「まあこの時期は暇だしな」と思えるからです。

頑張りすぎて病んでしまう人というのは、お茶を引くことに耐性がありません。
「お客さんが来ないのは、すべて自分のせい」と思い込んでしまいがちです。
閑散期にもっと頑張ろうとするので、限界を超えて働いてしまうのです。
そうなるとウツになったりして心を病んでしまうことにつながります。

だから閑散期を把握して、休めるときには思い切って休むことが大切なんです。
「どうせこの時期に頑張っても」とあきらめておけば、自分で自分を責めることもありません。

閑散期にやるべきこと

客入りが悪い時期でも「べつに休まなくて大丈夫」という人は、常連を作ることに注力しましょう。
お客さんが少ないからこそ、自分目当てに店にやって来る人を捕まえるべきです。

一人一人の客をよく観察し「どうすれば自分にハマってくれるかな?」と考えるのです。
それは忙しい時にはできないかもしれません、ですが時間に余裕があればできるはずです。
そのお客さんの感じるツボやあいさつ、笑顔などを研究してみましょう。

忙しい時は仕事をこなすだけで大変ですから、気づかなかったコツをつかむことができるかもしれません。
店長や店のスタッフ、仲の良い嬢に聞いてサービスのレベルを上げることができるのもこの時期なのです。
そして上手く常連を掴むことができれば「閑散期」自体が無くなるでしょう。

レベルの高い店の面接を狙える繁忙期

チェックもし「もっとバックの良い高級店で働きたいけど、容姿の基準がムリそう・・・」とあきらめているなら繁忙期を狙ってみましょう。

実は人手の足りなくなる繁忙期には、高級店でも面接の基準が緩くなる傾向にあります。
なぜでしょうか?
それは経営者の心理を考えるとわかります。
経営者としてはお客さんがひっきりなしにやってくる時期に売り上げをできるだけ上げたいのです。

繁忙期にどんどんお客さんが来ても、働く女性がいなければ商売になりません。
「いまは女の子が少なくて・・」と仕事が回せなくなるのはとても痛いことなのです。
だからたとえ高級店の基準に達していなくても「いまは人手不足だから」と採用される確率が上がります。
一度採用されれば、あとは頑張るだけです。

人並みに頑張ることができれば「もう忙しくなくなったから」と解雇されることはないでしょう。
なので高級店への本入店を狙っているなら繁忙期がおススメです。

まとめ

どんな商売にも繁忙期と閑散期の波があります。
その波を読み切ることが仕事をするうえでとても重要なのです。

例えばアイスクリーム屋が冬に気合を入れるでしょうか?
そんなことはありません、ヒマな時期はどうしたって暇なのです。
それは風俗も同じで、どうしたって閑散期は存在します。
特に箱ヘルの場合、フリー客は繁華街の賑わいに左右されるでしょう。

だから暇な時期はサービスを磨くか、休むかしましょう。
そして忙しい時期になったら頑張って働けるように準備をするのです。
その時期にガッツリ稼ぐために、客入りの波を読めるようになるべきなのです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする