風俗の出稼ぎにいくなら保証金額や宿泊・交通費もチェックしよう

風俗業界で働こうと考えた時に、候補となる働き方のひとつが「出稼ぎ風俗」です。
名前を聞いたことがある人もいるでしょう。
しかし、この働き方がどういったものなのかを、確信を持って言える人はそれほど多くないと思います。
この出稼ぎ風俗もメリットが無ければ、メジャーになってはいないはずです。
もちろんメリットがあれば対となるデメリットもあるでしょう。
本文では、出稼ぎ風俗という働き方の詳細や利点や注意点などをまとめていきます。

風俗の出稼ぎとは?

電車出稼ぎ風俗とは読んで字のごとく、住んでいる場所とは離れた遠方にある風俗業界の店舗で働くことです。
通いではなく、遠方の土地に住み込みで風俗のバイトとして働きますが、主にどこに勤めるのでしょうか?
もちろん中には、東京などの都市部から地方の風俗店へ出稼ぎに行くこともあります。
しかし、今回は地方から関東エリア、特に東京などの都市部に働きに行くことを中心に出稼ぎ風俗を説明することにします。
例外的に関東を始めとした都市部に知り合いがいるときは、そのエリアの出稼ぎを避けることがあります。
その場合は観光地の繁華街なども出稼ぎ風俗を行いやすいエリアです。
主に何らかの理由でお金が欲しく、かつ遠方で働きたい女性向けの働き方ですが、中には「都市部へ観光や遊びに行く、そのついでに出稼ぎをする」という考え方の人もいるでしょう。
事実このような求人の出し方をしているところもあります。

もっとも、この考え方ですと、気をつけないと散財してしまいお給料が残らないという自体になりかねません。
最悪な場合、ホスト遊び等にハマってしまうと致命傷になってしまいます。
出稼ぎ先での出費には気をつけましょう。

本題に戻します。
お店によりけりですが、1泊2日あるいは2泊3日からなど、かなり短期間の出稼ぎでも雇ってくれるお店があります。
お店の形態はデリヘルやファッションヘルスなどの風俗店が多いです。
どこかで宿を取り、1夜、2夜働くことになります。

地方よりも都市部の方が高収入の可能性が高いのは、基本どんな職業でも共通しているでしょう。
遠方の出稼ぎ風俗バイトも稼げるから選んでいるのでしょうが、他にもこのような理由で出稼ぎを考えるのではないでしょうか。

・地元にはお客さんがいない(=稼げない)
・風俗で働いていることを知られたくない
・旅行がてら、観光がてら
・地元で働けない
・短期高収入、保証付き

以上が風俗バイトを考える理由やメリットです。
実際これらの要素について、真偽や周辺事情を次の項にまとめていきます。

出稼ぎ風俗の給料事情

お金出稼ぎ風俗で働く動機はやはりお金が強いです。
しかし、短期のバイトでいくら稼げるのか、疑問に思う人もいるでしょう。
風俗のお仕事の最大の特徴は、出来高に依存する部分が多いことです。
働いている仕事の内容によりますが、完全出来高制の場合はお客さんがつかなければ収入にならないこともあり得ます。

場所によっては、ドレスなどの費用もかかり赤字になることもあるかもしれません。
もっとも日常的に収入がないのに、余計な雑費で赤字になるようなところは辞めてしまうのが一番ではあります。

特に出稼ぎ風俗のバイトにおいて、収入がまるっきりないのでは単純に損(宿泊費など)しかありません。
もちろん、その可能性があれば出稼ぎで働きになどは来ないでしょうから、出稼ぎ風俗には保証が付けられています。
特に都市部などでは風俗店は他店との競争を繰り返しています。
いきなり飛び込んで、お客さんがついて収入を得られるかはわかりません。
しかし、保証があるおかげで、その日のお給料については出勤すれば間違いなく保証されるようになっています。
最低限の給料を確保できることから、ある程度の安定した収入を計算できます。
目標額があって、風俗でバイトをして稼ぎたい場合でも計算しやすく、おすすめかもしれません。

仮に保証金額が2万5千円であった場合は、10日間出勤するなら25万円の保証金が得られる待遇が保証されています。
ちなみにこの相場は~5万くらいまでです。
もっとも、回転率が高く忙しいお店でバイトをするなら、保証以上にお客さんがつくので、もっと高収入も目指せます。
さらに、地元の風俗店で働き完全歩合制だったときを考えます。
何もなくお店で待機している間に食事をしたら自腹です。
更になにもなかったら無駄に交通費をかけたことになります。
また、決められた制服がない場合は自腹で服を買うでしょうが、お客さんがつかなければ無駄な出費になります。

このように当たり前に店舗で働けば、歩合制に頭を抱えるかもしれません。
一方、出稼ぎ風俗バイトの待遇は保証があり安心です。

出稼ぎ風俗の経費

出稼ぎした場合の出費としては、宿泊費や交通費、食事代などがあります。
お店側で負担してくれる部分もありますが、完全免除はありません。

宿泊に関してはお店の寮(主にマンションの一室)や、ビジネスホテルが利用できます。
この時は一部が自己負担となるのが常です。
このときの相場としては3000円から4000円くらいでしょう。
特にホテルですが、日用品は自己負担になる可能性が高いため、持参する必要があるのかを確認しなければいけません。
寮の場合は1人部屋か複数人の部屋なのかも確認しておきましょう。

交通費は実際に働いた日は、一部出してもらえるでしょう。
働いた日は全額というお店と片道分を支給というお店、それ以外の制度を取るお店と様々です。
こちらは領収書が必要です。
もちろん出来れば、全額支給がベストです。
面接時に注意しましょう。

宿泊代や交通費などは、以前の出稼ぎでお店に気に入られているような場合には格安になる場合があります。
珍しい話ですが、完全免除になる人もいますので、一度限りの出稼ぎでない場合は愛想よくした方がいいでしょう。
そして、これはもう風俗店の仕組みとしか言いようがないのですが、お給料から雑費が引かれるときがあります。

この数字はお店の仕組みに依存するので(ドレスの貸出など)、ゼロ円であったり、5%であったりとお店ごとに違います。
気になる場合は面接時に確認するといいでしょう。

出稼ぎ風俗の向き不向き

No, Yes今までの出稼ぎ風俗の特徴をまとめ、どんな人に向いているかというと以下の通りです。
・お給料がきちんとは欲しい人
・まとまったお金が必要な人
・風俗で働いていることをばれたくない人
上2つは出稼ぎ風俗の求人には保証金額があるからクリアしています。
また遠方で働くことで身バレも対策できます。

逆に向いていない人は体調が優れない人です。
そもそもお金を得るには、実際にお店に出なければなりません。
そうでなければ、最低限の保証金さえ入ってきませんので、出稼ぎ先で体調を崩すわけにはいきません。
どうしてもお金が必要であれば、短期から試してみると良いでしょう。
できれば知り合いと一緒に行く方法もあります。
一緒のお店に行かなくても向かうエリアが重なっていれば、助けになるでしょう。

出稼ぎ風俗は保証が魅力的

風俗の出稼ぎは遠方の風俗店にバイトに行くことです。
この時は最低限の収入が保証されます。
お店によって補償金額が違うので、バイトの求人をよく読む必要があるでしょう。
また出稼ぎ風俗では、自分の地元では働かないため、風俗で働いている事を周囲に知られないメリットがあります。
まとまったお給料が欲しいけれど、風俗で働いていることを知られたくない」という場合には、最適な方法かもしれません。

しかし、出稼ぎ時には宿泊費や交通費がかかります。
これらはお店で一部負担してくれることがありますので、面接や求人等できちんと確認するようにしましょう。
さらに、もしお店側に気に入られると、次回以降格安で宿泊施設などを利用できることもあります。
一度きりのバイトだと思わず、愛想よくお店の人やお客さんと接するべきかもしれません。
出稼ぎの最大の魅力はお店に保証された収入にあります。
短期間でどれくらい稼げるのかがわかるのは、出稼ぎ風俗という働き方の最大の強みではないでしょうか。
特に目標金額がある方は是非検討してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする