箱ヘル勤務で感染する可能性がある性病一覧と対処法

ファッションヘルス、いわゆる箱ヘルは男性が気軽に風俗を利用できる人気の店舗型ヘルス店ですが、風俗の他の業種とは違って特化したサービスがあります。
そんな箱ヘルでかかりやすい性病とはどういったものがあるのでしょうか?
気を付けたい性感染症について考えてみましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

箱ヘルでかかりやすい性病一覧

箱ヘル勤務で感染する可能性がある性病一覧と対処法ソープでは本番OKですが、ヘルスでは本番行為は禁止されています。
しかしそれ以外はほとんどOKとされていますので、行為次第で様々な性病に感染する可能性があります。

クラミジア

代表的な性病の一つです。

この次の項目でも説明しますが、感染源の特定は難しくいつの間にか感染し蔓延している性感染症です。
クラミジアは性器と咽頭に感染するため、お客さんにフェラをしてお客さんの性器に感染させ、お客さんと素股をすることで自分の性器に戻ってきてしまう相互感染が起こります。
風俗店では一度感染が起こると移し合いをしてしまうことで爆発的に広がっていきます。

咽頭クラミジア

文字通り咽頭の粘膜に感染する性病です。

「喉に性病?まさか」と思っている人も多く、お客さんも風俗嬢も初期は自覚症状がないためいつの間にか移しあっている可能性があります。
感染経路は主にオーラルセックスです。
相手の唾液が侵入するようなディープキスやフェラ、前身リップなどで感染します。

クンニやアナル舐めでも感染するため、もはや感染源に男女の比はなく、感染源の特定は難しい性病です。

尖圭コンジローマ

尖圭という文字のとおり尖ったイボが性器の周りにできる性病です。
ヒトパピローマウイルスが原因となることからHPVとも呼ばれます。
このウイルスには良性と悪性があり、基本的には自然治癒となるためあまり重要視されてきませんでした。

しかし体が弱っていたり免疫力が低下してくると尖圭コンジローマを発症します。
必ずではないですが油断してはいけません。
感染経路は性行為や性器の接触、オーラルセックスで皮膚、粘膜、傷などにウイルスが移ることで感染します。
本番がなくてもほとんどのプレイで可能性があります。

女性の場合はクラミジアに同時に感染する場合もあるので検査を早めに受けましょう。

毛じらみ

毛じらみは他の感染症とは違って寄生虫の一種です。
昆虫類であるため、ダニやノミのようなものと考えて下さい。
毛じらみは陰毛に寄生し、かゆみを引き起こします。

毛の周辺にフケのようなものが見つかりますが、良く見ると1~2mmの毛じらみを肉眼で発見出来ます。
陰毛にくっついて吸血し、陰毛の根元に黒い卵を産み付けます。
昆虫であるため毛じらみが移動するチャンスがあれば感染します。
性行為でも感染しますが、毛じらみがついたタオルを使いまわすことでも起こります。

性行為だけではありませんが、素股も性器周辺をこすりつけるので、十分に気を付けなくてはいけません。
陰毛が感染源となりますので、陰毛を全て剃らないと治療は難しいと言われています。
またコンドームではカバーできないためガードしながらのプレイは無理であると認識しましょう。

梅毒

抗生物質が出来る前は世界中で恐れられた性感染症です。

初期症状は感染した皮膚や粘膜に5mm~20mmの赤いしこりができます。
かゆみなどはなく、男性は性器周辺にできても発見しやすいですが、女性は性器内にできるとほとんど気付きません。
リンパも腫れますが、ほとんど自覚症状がありません。
数か月経つと全身にイボができてくるので、誰でも気付くことが出来ます。

この時点で3か月は経っているため、実は進行していることに気付きます。
お客さんが感染していても気付くことが出来るでしょう。
梅毒は血液の接触で感染を起こします。
唇に傷がある状態でのフェラやキスでも感染します。

傷がなくてもディープキスで感染しますので、定期的な検査が必要です。

淋病

男性の感染者が多い性病の一つです。
男性のほとんどに症状が出ます。
ペニスの先端が赤く腫れたり勃起時に痛みが出るため、自分で気付くことが出来ます。

しかし不調でも無理矢理箱ヘルに来てしまうようなお客さんもいないとも限りません。
ペニスに異常が見られたら疑ってみて下さい。
黄色くてドロッとした膿が出るのが淋病の大きな特徴です。
クラミジアも男性の感染者が多いですが、膿が少なく決定的な違いとなります。

男性への感染は、女性側の咽頭に淋菌が感染し、フェラをすることで男性へ感染するというものです。
女性は感染してもほとんど症状が出ません。
そのため治療されないことが一番の問題です。
性交痛や不正出血、オリモノの異常があれば必ず検査を受けましょう。

黄色い膿のようなオリモノが出る場合もあります。
淋菌は子宮頸管に好んで感染し、子宮頸管炎を発症させます。
膀胱炎を発症する場合もあります。
クラミジアとのダブル感染に要注意です。

性病の感染率を下げる方法とは?

ウイルス性感染症は目に見えません。
箱ヘルのお仕事では対策も万全とはいいがたいですが、自分なりに対策をするべきです。
咽頭と性器の相互感染が多いため、フェラの時にコンドームを着用するのがベストでしょう。

しかしこれはお仕事上NGであることが多いため、せめて即尺は避けた方が望ましいと言えます。
アナル舐めは大腸菌なども存在するためリスクの高いプレイです。
NGにしておいた方が安心と言えます。
アナル舐めの翌日に喉が痛くなった経験があるのなら要注意です。

コンドームは本来避妊具ではなく性感染症予防具として広まりました。
S着OKのお店であれば性感染症に対しては他よりも安心です。
性器同士の接触で感染が起こってしまうので、素股でもコンドームを付けるのがベストなのです。
性感染症=HIVと思っている人も多いですが、ヘルスであれば本番はないので、むしろその他の性感染症を気を付けなくてはいけません。

お店から提供されるうがい薬をしっかり使用して咽頭感染の確率を下げましょう。
もちろんお客さんにもちゃんと使ってもらいましょう。
さらに可能であればお客さんが帰った後にもう一度体を洗うなどして、自分を守るように意識しましょう。
本番がなければ感染しないというのは大間違いです。

必ず定期的に検査を行い、なるべく風俗嬢OKの婦人科やかかりつけの病院で調べてもらいましょう。
調べても感染していれば休まなくてはいけませんし、既にお客さんには感染している可能性があります。
移し合いを防ぐためにも、きちんと検査を行いましょう。

検査する項目は?

検査性感染症はたくさんの種類がありますが、もし検査を受けるなら「HIVウイルス」「梅毒」「クラミジア」「淋病」を最も優先して検査を受けて下さい。
どれも重症になりやすく感染力が強いもので、長期の治療を必要とする感染症です。
加えて「ヘルペス」「咽頭クラミジア」「咽頭淋菌」も検査しましょう。
最優先ではありませんが、口の周辺や咽頭に感染するものです。

フェラを必ず行う箱ヘルでは咽頭の感染症も必ずチェックしたいところです。
ヘルペスは疲れている時などにも症状が出ますが、ヘルスのお仕事は体力勝負でもあるため、感染源は特定しにくいのです。
あらゆる感染ルートを疑って検査を行うと良いでしょう。

まとめ

性感染症について考えてみました。
風俗のお仕事はどの業種でも性病リスクは付いて回ります。
特に箱ヘルは身体の密着が多いためリスクは低いとは言えません。
本番以外の行為はOKなのでリスクは高く感染源も多数あります。

こうなると感染症から自分を守れるのは自分だけであると言えます。
目に見えないものは怖いですが、お仕事を続けるためにも早めの定期的な検査で安全に働けるように意識を高めましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする