箱ヘルに出戻りしても歓迎される?経験者は優遇される?

風俗業界から卒業することを「上がる」と言ったりしますが、一度は風俗嬢を上がっていたとしても何かしらの理由からまた出戻りたいと考える方もいらっしゃると思います。
過去に働いた経験があることから稼げるという事実に魅力を感じるのはある意味当然と言えますし、金銭的な面以外にもメリットがたくさんあるのが風俗業界の良いところだと思います。

しかし実際箱ヘルで働いたことがある方が出戻りしたいと考えた場合、歓迎してもらえるのかどうか不安に感じてしまうこともあるかと思います。
基本的にどんな職業であろうと経験者は優遇されるものですが、風俗業界は完全未経験の女性が優遇されるという特殊性を孕んでもおりますので、不透明に感じられる方も多いのではないでしょうか。
今回はそんな箱ヘルへの出戻りに関して、考えられる様々な疑問点を解消していきたいと思います。

箱ヘル経験者は歓迎される!しかし注意点がございます

箱ヘルに出戻りしても歓迎される?経験者は優遇される?一度は箱ヘルで働いた経験がある場合、同じ店舗であろうとなかろうと歓迎されるケースの方が圧倒的に多くなります。
完全未経験と違って仕事の勝手が分かっていますし、人によってはお客さんを抱えた状態で出戻りをするくらい短期間の卒業になってしまう方もいらっしゃいます。
ともあれ、出戻りという形を取る風俗嬢の方はご自身が心配しているほど受け入れてもらえるかどうかを不安に感じる必要は無さそうです。
実に風俗嬢を上がった女性の半数以上が出戻る可能性があるとのことでしたので、自身が想像している以上に出戻りで働いている風俗嬢の方は多いのではないでしょうか。

風俗業界全体はいつでも人手不足ですし、それは風俗求人サイトが常に働く女性を募集しているという背景からもお分かりいただけると思います。
しかし、いくらそういった背景があるとはいえ注意点もございます。
気にするべき点は「辞めかた」です。
飛んでしまっていた場合、円満に退職した方と比べると数倍出戻りしづらくなると思います。

お店の方は正直あまり気にされないと思いますし、飛んでしまう風俗嬢の方は山ほど見てきていると思いますので、面接時に軽く注意するくらいでまた働かせてくれることでしょう。
ただ、不誠実な形で辞めてしまうと勤務先の候補として自身が考えられるお店が一つ減ることになってしまいますので、辞めたいと考えた際にはしっかりと筋を通して辞めるようにして下さい。

出戻りしたいと考える理由

では何故そこまでして多くの風俗嬢の方は出戻りしたいと考えるのでしょうか。

まず第一に理由として挙げられるのが、生活水準を下げられない点です。
風俗を上がった女性の多くは昼職で働き始めることになると思います。
結婚を機に家庭に入る方もいらっしゃると思いますが、それでも風俗嬢として働いていた頃と同じくらいの金銭感覚で過ごせるはずがございません。
昼職で毎日コツコツと働いて月給20万円貰ったとしても、人気の箱ヘル嬢でしたら月にその何倍もの金額を稼ぐことが出来るようになります。

当然いきなり給料が数分の一になったとしても対応できる女性はあまりいらっしゃいません。
金欠になり本業に加えて副業で出戻りを果たし、結局は効率の面や金銭面を考えて昼職を辞めてまた風俗一本に・・・なんていう女性がたくさんいらっしゃるのが現実の様です。
一概に悪いとは言いませんが、一度真っ当な理由で辞めた以上はそのセカンドキャリアを大切にした方が良いのではないかと思います。
通常の昼職、例えば事務の仕事で月収70万円を稼ぐことはほぼ不可能です。

注意 マークしかし風俗嬢として働けば可能となります。
風俗の仕事は決して楽ではございませんが、誰でも努力すればそれだけの高収入を実現出来るというのはある意味楽だと言えるのではないでしょうか。
どれだけ頑張っても事務職で月収70万は無理がございます。
それを簡単に叶えてしまう風俗嬢という仕事を選んでしまうと、楽な道を選んでいる様な感覚を抱くのではないでしょうか。

必ずしも大変な道を選んだ方が良いという訳でもございませんが、ある程度「昼職なんだから月給なんてこんなもんだ」という感覚を持ちつつ、普通の金銭感覚を取り戻すことを優先するようにして下さい。
次に出戻りする理由として考えられるのが、時間の面です。
大体の風俗店は自由出勤の制度を用いています。
それはソープであろうとデリヘルであろうと変わりありません。

対して昼職で自由出勤の職場を見つけるのは至難の業です。
私は今まで企業したりしない限りは求人情報で自由出勤の企業を見たことはございません。
時間に縛られるのは働く上では仕方のないことだと思いますが、風俗嬢はその縛られる時間を自分で自由に設定することが出来ます。
遊びたい時に遊んで、休みたい時に休み、お金が無くなってきたなと感じたら働く。

そんな自由なライフスタイルを送っていた頃を思い出し、また戻りたいと考えるのは想像に難くないと思います。
それ自体は悪いことではございませんし、ストレスを感じない働き方だと思いますが、頑張った就職活動の上昼職を見つけることが出来たのだとするならば、多少は息苦しく感じてもその地位を捨てるのはいささか勿体無いようにも感じます。
学歴や経験の壁がないのも風俗業界の良いところだと思いますが、広い世界を体感しながら風俗だけで生きていくのではなく、自身の可能性を広げるという意味でも昼職に対して前向きなイメージを持つようにしましょう。
最後にもう1つ出戻りをする理由をご紹介いたします。

給料の支払い制度です。
お金 木一般企業に勤めた場合、日払いで給料を手渡してくれる企業はございません。
月の決められた日に決められた金額が銀行口座に振り込まれることになると思いますが、風俗業界は真逆です。
その日に働いて自身が稼いだ金額を日払いで手渡してもらえるのが風俗業界です。

当然直近でお金が無いのにも関わらず予定が入ったとしても、すぐに稼ぐことが可能となります。
その給料におけるサイクルが風俗側に慣れてしまうと、一般企業からの給料日が待ちきれなくなってしまう可能性が考えられます。
そして「お金が無いなら出稼ぎでも・・・」なんて考えたりして昼職の給料に頼ることなく風俗で副業をしてしまうと、もうその頃には昼職へ対する興味は無くしてしまっていることでしょう。
便利な制度だとは思いますが、決して良いことばかりではございませんので、生活水準同様に計画的にお金を使うという事を身体に覚えさせるようにした方が良いでしょう。

まとめ

恐らくこちらの記事をここまでご覧いただきましたらもうお分かりだと思いますが、私は風俗への出戻りは反対派の意見を持っています。
一度上がることが出来たのです。
それはあなたが「上がりたい」と思って起こした行動の結果だと思います。

その努力と結果を、自身の抑えきれない習慣のせいで棒に振ってしまうのはあまりにも勿体無いと思います。
昼職をしている女性が偉いとは言いません。
風俗嬢がダメとも思いません。
しかし、社会的な地位や認識を考えると昼職で働きたいと思った以上は昼職にこだわった方が良いでしょう。

一度昼職の仕事を手放してしまうと、出戻りすることなんて不可能となります。
風俗業界とは違いますので、また戻りたいと考えたら一からやり直しです。
目下のお金が無いからという理由や、風俗の方が稼げるからという安直な考えで決めるのではなく、将来的に自分がどうなりたいかというビジョンを見据えた上で勤務先を決めるようにして下さい。
きっと理想的な働き方が見つかると思います。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする