デリヘルから箱ヘルに移籍する理由は?やはり安全面?

風俗業界に慣れてくると、他の業種やお店で働いた方が稼げるのではないかと考えることが多くなります。

働く以上は高いお金が受け取れた方が良いでしょうし、仕事に対して真面目に取り組んでいるからこそ高い報酬を要求するのはある意味当然と言えるのではないでしょうか。
しかしデリヘルから箱ヘルに移籍するという女性がいらっしゃるようですが、お客さんに対して行うプレイ内容に違いは当然ございません。
お店のコンセプトによっては若干違いがあったりしますが、基本的にデリヘルと箱ヘルは派遣型か店舗型かという違いしかないように感じられます。
ではデリヘルから箱ヘルに移籍する女性にはどんな理由があるのでしょうか?

今回はそんな移籍事情を調べてみましたので、ご参考下さい。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

デリヘルから箱ヘルに移籍する主な理由

Why早速ではございますが、デリヘル嬢が箱ヘルに移籍する理由に関してご紹介いたします。
真っ先に挙げられるのは安全面です。

デリヘルと箱ヘルではデリヘルの方が圧倒的に身の危険性が高くなります。
近くにお店の方がいてくれることの方が多いですが、店舗内で働くことが出来る箱ヘルと違ってデリヘルはお客さんの自宅まで足を運ばなくてはいけないケースが多いです。
1人暮らしの男性の自宅に向かい、部屋に足を踏み入れたらクローゼットに男性が隠れていたなんていう経験をされた方もいらっしゃるようでしたし、そうではなかったとしても盗撮の被害に遭う可能性も考えられます。
良からぬことを考える男性はたくさんいますので、デリヘルでは無く箱ヘルで働こうという考えになるのは致し方ないと言えるのではないでしょうか。

次に挙げられるのが身バレ対策の点です。
デリヘルはその名の通りデリバリー、派遣型の風俗店です。
利用してくれるお客さんといざ対面したら、学生自体の知り合いだったとか、職場の後輩だったなんていう事態に遭遇する可能性も考えられます。
その点箱ヘルは多くのお店がプレイルームに覗き穴を設けてあります。

中の様子をサービス開始前に確認することが可能となりますし、直接知り合いに性的サービスを行わなくてはいけないなんていうトラブルに見舞わられることはそうそうございません。
また、アリバイ対策が徹底しているお店が多いのも箱ヘルの店舗の特徴として挙げられます。
一般企業を装った電話対応や給与明細の発行などを行ってくれるお店がたくさんございますので、デリヘルよりも風俗嬢に対して親身になってくれる印象を持つ女性が多いのではないでしょうか。
デリヘルでもそういったお店はございますが、箱ヘルよりも少ない傾向にございますので、働きやすさは箱ヘルの方が良さそうです。

もう1つ、一概に良いとは言い切れない部分ではございますが、稼げないから移籍するという女性も多いと思います。
デリヘルは派遣型である関係から、風俗嬢は移動しなくてはいけません。
移動時間に報酬が支払われることはございませんし、往復の時間があるだけで非効率に感じられる女性もいらっしゃると思います。
対して箱ヘルは店舗駐在型となりますので、移動時間は一切無く次から次へと来店されたお客さんの接客をすることが可能となります。

移動時間がある関係から料金はデリヘルの方が高く、その分給料は高くなるイメージがございますが、いつお客さんが利用したいと電話してきても良いように待機している女性も必然的に多くなります。
ソープや箱ヘルは待機場所が接客する部屋であることが多くなりますので、限られたスペースに限られた人数しか待機することが出来ません。
暇を持て余すようになる確率が高いのはデリヘルになるのがご想像頂けるのではないでしょうか。

稼げないから移籍はNG?転々虫にはデメリットがたくさん!

No, Badデリヘルから箱ヘルに移籍する理由として稼げないという点をご紹介いたしましたが、こちらは正直あまりオススメできません。
というのも、1つの店舗で稼げなかったからと言って他の店舗に移籍してしまう女性は、大半の方が移籍先の店舗でも稼げないことになります。
例外として、スタッフの方や店長の個人的な好みで干されるような事態に陥ってしまったり、お店自体の客入りが物凄く悪くて接客するべき相手がいないという点が挙げられますが、そうではなかった場合には稼げない理由は自分の中にございます。

接客レベルが低かったり、努力を怠って工夫を凝らすこともしなかったり、お客さんの満足度やアンケートの内容を全く気にしなかったり。
給料が低いとそれだけでツライと感じ、別の店舗への移籍を検討する女性も多くいらっしゃいますが、移籍したからといって全く同じ仕事への取り組み方ですと結局のところ給料は上がりません。
新人期間の間だけ優先的にフリーのお客さんを回してもらえる関係から稼ぎは大きくなると思いますが、それも数カ月の命です。
新しく新人の風俗嬢が入店してきましたらその女性が優先されることになりますし、顧客を捕まえるテクニックも無く、工夫も努力もしてきていない風俗嬢の方は結果として干されることになります。

お店の方から干されるだけではありません。
指名が取れないという事はお客さんからも干されているのです。
風俗業界で長く働くことが不可能となってしまいますので、しっかりと顧客を獲得するために出来る事を考え、実践し、自己評価と分析を繰り返し行うようにしましょう。
自然と移籍を考えることが無くなると思いますし、移籍を考えなくてはいけないくらいに稼げないという事態に陥ることが無くなることでしょう。

それでもやっぱり箱ヘルが良い!デリヘルから箱ヘルに移籍する際に気を付けたい事

前述致しました要因では無く、単純にデリヘルでは無く箱ヘルの方が身バレ対策の面でも安全面でも優れているという観点から移籍を検討される方もいらっしゃると思います。
稼げないという状況が理由では無い移籍は問題ないと思います。
しかし、デリヘルから箱ヘルに移籍する際には気を付けなくてはいけない事がございます。

それは面接。
面接で聞かれる内容はあらかじめある程度予想しておくようにしましょう。
無難な答えがベストです。
面接人によっては良い風にも悪い風にも捉えられてしまうという回答を用意するのではなく、問題点が感じられない回答を準備してください。

「何故前のお店を辞めたのですか?」という質問が最も多いと思いますが、模範解答は「デリヘルで少し怖い思いをしてしまって、デリヘルでは無く箱ヘルで働きたいと思いました」のような内容になります。
「お店の方と良い関係を築けなくて」という理由だと協調性の無い女性だと感じられますし、「稼げなかったんで」だと風俗嬢としての欠陥を勘ぐられてしまいます。
求人情報を探して応募するだけで満足するのではなく、しっかりと採用してもらえるように面接対策も行うようにして下さい。

まとめ

デリヘルと箱ヘルを比べてみると、安全面以外にも身バレ対策といった大きな要因から移籍を検討される方がいらっしゃるのが分かりました。
デリヘルの方が店舗数が多い関係から採用される可能性が高くなる様に感じられますが、デメリットもその分多くなりますので、最初から働けるなら箱ヘルで働いた方が良いように感じられます。
多くの風俗店の中からなるべく自身の理想に近いと感じられるお店を見つけ出し、面接対策をしっかりと行って採用されるように努力してみて下さい。

採用後も努力を続ければ、きっと稼げる風俗嬢に慣れると思います。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする