初心者から経験者まで役に立つホテヘルのすべて

風俗店には様々な種類があるので、風俗業界で働いてみたいという女性であっても。
自分がどの業種でお仕事を始めれば良いのか悩んでしまうことが多いようです。
それぞれの職種の仕事の内容やメリットデメリットについて把握することによって、自分に合ったお店を選びやすくなります。
すでに風俗業界で働いたことがあるという方でも、実は職種ごとのメリットやデメリットをしっかりと把握していないこともあります。

そこでこの記事では初心者から経験者まで役に立つホテヘルの全てをご紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ホテヘルの仕事内容とは

Faqホテヘルとはホテルヘルスの略で「派遣型」と呼ばれるタイプのヘルス店です。
まず仕事内容は、ヘルスですので本番行為は基本的に禁止されています。
挿入がないのでソープよりは仕事内容はソフトですが、キスやディープキス、クンニやフェラ、素股などサービスをお客さんに行います。

ホテヘルはその名前の通りホテルでサービスを行うことになっています。
お店の中ではなく外でサービスを行うという点では、デリヘルと似ていますが大きな違いが2つあります。
デリヘルの場合お客さんが指定をすれば自宅でもラブホテルでもどちらでもサービスを受けることができます。
しかしホテヘルの場合は自宅への派遣はほとんどの店で行っていません。

ホテヘルでは受付がある店舗の近くにあるいくつかのラブホテルの中からお客さんが選んで、その中でサービスを行います。
デリヘルのように移動時間が1時間かかる様な場所に派遣されることもありません。
またホテヘルはデリヘルと違ってインターネットの予約だけで女の子が派遣されるわけではありません。
お客さんがホテヘルを利用するためには必ず繁華街などにあるホテヘルの受付に行かなくてはいけません。

受付で女の子の写真を見て自分のタイプの子がいれば指名をして、お店から一緒に近くのラブホテルまで移動するというのがホテヘルの流れです。
ホテヘルの料金はデリヘルとほぼ同じくらいになっています。
ただしお店によってはあらかじめ提携しているラブホテルを決めていて、ホテルの利用料金まで含めてお客さんに提示していることもあります。
ホテヘルは近隣のラブホテルと提携していて少しホテル代が割引になっていることもあるため、お客さんにとっては完全に自分でホテルを用意しなくてはいけないデリヘルより割安になることがあるのです。

ホテヘルの給料体系は、ソープやデリヘルなどと同じように基本的には完全歩合制になっています。
完全歩合制ですのでお店に出勤して待機しているだけでは給料は発生しません。
お客さんにつくことができれば、お客さんがお店に支払った金額の中から50%程度が風俗嬢へのバックになります。
例えば都内の標準的なホテヘルであれば利用料金は60分で15,000円から2万円程度になります。

ですからお客さん一人につくことができれば風俗嬢は7,500円から1万円程度のお給料を受け取れるという事です。
それ以外にも指名料金とオプション料金のバックもあります。
指名料金は1,000円から3,000円程度の店が多く、バック率は50%から100%とお店によって差があります。
オプションとは、聖水プレイや目隠しプレイ、コスプレなど通常のサービス範囲内に含まれない比較的ハードなプレイのことです。

お客さんはオプションごとに設定された利用料金を支払います。
そしてその金額の中から50%から100%程度が風俗嬢にバックされます。
指名料金とオプション料金もばかにならない金額になりますので、自分が働くお店のバック率については面接の時にしっかりと確認しておきましょう。
指名料金もオプション料金も100%風俗嬢にバックされるお店も少なくありませんので、そういうお店であれば指名をたくさんとってオプションを使ってもらうほど稼げるようになるということです。

ホテヘルで働くことのメリット

ここでは具体的にホテヘルで働くことのメリットを同じヘルス系のお店と比較しながらご紹介します。
ホテヘルで働くメリットは、安全性とお給料のバランスが良いということです。
天秤風俗で働く女性にとって最も気になることのひとつが、お客さんから何らかの危害を加えられる心配がないだろうかということです。
いわゆるヘルス系に分類されるお店の中で最も安全なのは箱ヘルです。

箱ヘルとは店舗内でお客さんにサービスを行うタイプのお店のことで、ファッションヘルスなどが該当します。
箱ヘルであればもしお客さんが本番強要をしてきたり暴力を振るったりしても、すぐ近くに店員がいるので助けを呼ぶことができます。
それに比べるとデリヘルやホテヘルはお客さんと個室で1対1になってしまい周囲にスタッフもいないため、いざという時には自分の力で安全を確保しなくてはいけません。
ただし同じ派遣型であってもデリヘルの場合は、お客さんはお店の受付に行くことなくインターネットだけで予約をすることができます。

一方でホテヘルの場合はお客さんは必ずお店の受付に一度行かなくてはいけないため、お店のスタッフと顔を合わせていますし受付にある監視カメラで顔の映像も残っています。
スタッフと一度顔合わせていたりお店の映像に残っていたりするということだけでもお客さんの迷惑行為に対する抑止効果があります。
だからデリヘルよりもホテヘルの方がお客さんから本番強要されたり危険なトラブルに巻き込まれたりする可能性が低いのです。
ヘルス系のお店は危険性が高いほどお給料も高くなる傾向があります。

ですから最も稼ぎやすいのはデリヘルで、その次に稼ぎやすいのがホテヘルです。
そして最も安全性が高いホテヘルはその分給料も稼ぎにくいのです。
つまりデリヘルほど危険ではないし、箱ヘルよりも稼ぎやすいというバランスが、ホテヘルで働くことのメリットなのです。

ホテヘルのデメリット

ホテヘルで働くことのデメリットはメリットの裏返しとも言えます。

つまりデリヘルよりは稼ぎにくいという事です。
デリヘルは自宅に派遣されることも多いのですが、自宅に風俗嬢を呼ぶお客さんは長時間コースを選ぶことが多く指名を繰り返してくれる傾向があります。
それに比べるとホテヘルに来るお客さんは日常的にお店に来るわけではなく、たまたまその近くでお酒を飲んでいたからホテヘルに来たという一過性のお客さんも少なくないのです。
その分デリヘルよりも数をこなして稼ぐ事になります。

また、デリヘルよりは危険性が少ないといっても、それでもお客さんから本番強要をされたり危険なトラブルに巻き込まれる可能性はあります。
もしプレイ中にお客さんから危険な目にあわされそうになったら、まずは自分の身の安全を最優先にして速やかにお店に連絡を取るようにしましょう。
電話また、ホテヘルはデリヘルや箱ヘルよりも店舗数が少ないため、地方だとそもそも近くホテヘルがない場合もあります。
都内や大阪などの繁華街であればホテヘルも大量にありますが、それ以外の地域ではホテヘルで働きたくてもお店がない可能性があるというデメリットもあります。

まとめ

初心者から経験者まで役に立つホテヘルの全てをご紹介しました。
ホテヘルは日本で最も多いヘルス系の風俗店のひとつで、その中でもお給料と安全性のバランスが良いというメリットがあります。
ヘルス系のお店でとにかく稼ぎたいのであればデリヘルの方が良いですし、安全性を最重視したいのならば箱ヘルの方がお勧めです。
給料と安全性のバランスをとって働きたいという方にはホテヘルが最も適しているお店だと言えるでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする