妊娠中でも働ける風俗店はある?お腹に負担が掛かりづらい業種は?

現在の日本では妊娠中であっても風俗で働きたいと言う女性はたくさんいます。
もちろん妊娠中は体を慎重に扱わなくてはいけないため、できればお仕事をせずに過ごすことが理想的ですが、現実的には出産には様々な費用がかかるため風俗で働いていると言う女性も多いのです。
この記事では妊娠中でも働くことができる風俗店についてご紹介します。

妊娠中に仕事選びをするときのポイント

妊娠をすると当然お腹が大きくなってくるという見た目の変化もありますし、女性の体調が普段より不安定になりやすいため、普通のお仕事をすることはとても難しくなってしまいます。
体をあまり激しく動かすことは辛くなってしまいますし、ストレスもお腹の赤ちゃんに負担をかけてしまいます。
だから妊娠中に仕事を探す場合には出来るだけ肉体的負担も精神的負担も少ないお仕事を選ぶようにしましょう
妊娠中に仕事を探す時のポイントには以下の様なものがあります。

勤務時間

b-118.妊娠中でも働ける風俗店はある?お腹に負担が掛かりづらい業種は?妊娠中は急に体調が悪くなってしまうということが頻繁におこります
だから絶対に休めない日があったり、毎日長時間働かなくてはいけないことが決まっている様な職場は避けなくてはいけません。
出来る限り職場が妊娠中の辛さを理解してくれていて、突然出勤できなくなったり勤務時間を短くして欲しいなどと言う妊婦の要望に応えられる職場であることが理想的です。

仕事内容

一番重要なことは激しく動き回るずに出来る限りお腹の赤ちゃんに負担がかからないような仕事であるということです。
ずっと立っていなくてはいけない仕事や、外回りがある営業職などは避けましょう。

通勤

妊婦さんにとって電車などを使った移動はとても負担がかかるものです。
だから出来る限り妊娠中にお仕事を探す場合には移動が少なく、もし電車通勤などをする場合であっても満員電車ではないような環境を見つけることが重要です。

働くタイミング

妊娠には大きく分けて3段階の時期があります

妊娠してから5ヶ月目までは妊娠初期と言われていて、この期間は非常に体調が不安定になりやすく、流産の危険性も高くなっているため出来る限り働かないようにしましょう。
またこの期間は、つわりや吐き気などに悩まされる妊婦も多いため、家の外に出るのも億劫になってしまう方が多いようです。
妊婦であっても働けるのは妊娠5ヶ月目から7か月目くらいの安定期と呼ばれる期間です。
この期間であれば比較的体調が安定してきて、吐き気つわりもおさまってきますし、においなどに対する不快感も減ってきます。

この安定期については人によって差があるため、5ヶ月目に入ったからといって必ずしも働いて良いと言うわけではありません
妊娠初期と比べて明らかに体調が良くなってきますので自覚できると思いますが、働きたい場合には産婦人科などの専門家としっかり相談をしてから働き始めましょう。
だいたい妊娠8か月目以降からは妊娠後期と呼ばれていて、この期間も体調は比較的安定しています。
しかし妊娠10ヶ月目の臨月になると、いつ赤ちゃんが産まれてもおかしくないという状況にはなりますので自分の体調をしっかりと見極めてから働くようにしてください。

中絶する場合には専門家に相談を

時計なお、望まない妊娠であったり、旦那や彼氏との男女問題がうまく解決できずに中絶をすることを選択する場合には、出来る限り相手の男性と相談をして費用の負担などをしてもらいましょう。
また、まだ結婚をしていない彼氏彼女の関係である場合には、結婚するのかどうかについてもしっかりと話し合いましょう。
どうしても相手が責任を取ってくれなかったりお金を払ってくれない場合には、男女問題専門の弁護士もたくさんいますので、そういう専門家に相談することによってトラブルを解決できることもあるので覚えておいて下さい

妊娠中に風俗で働くなら「妊婦専門店」にしましょう

上で説明した通り妊娠中に働くためには様々な条件が整っている職場ではないと難しいと言うのが現実です。
だから妊娠中に風俗で働きたい場合、残念ながら普通の風俗店で働くことはほぼ難しいと言えます。
しかし、様々な種類がある風俗店の中には妊婦に適したお店もあります。

それは妊婦専門店と呼ばれるお店で、その名の通り妊婦の女性が働く風俗です。
そういうお店があるということは、もちろん男性の中に妊婦フェチの人がいるということです。
なかなか普段は耳にする事が無いお店ですが、妊娠中に風俗で働きたい場合には最もおすすめと言えます
なぜなら妊婦専門店と言っているだけあって、当然お店は妊婦の女性に働いてもらうことに慣れていますし、突然の体調不良など妊婦に起こりがちなトラブルについての知識があり対応できることが多いからです。

妊婦専門店についてその特徴などをご説明します。

仕事内容は?

主な仕事内容は通常のデリヘルと変わりません
当然ですが本番はなく、最終的に手や口でヌクのがお仕事です。

ただし妊婦であることはお客様もわかっているため、素股などの激しい動きについては求められることも少ないですし、断りやすいという特徴もあります。

お給料は?

医者お給料は通常のデリヘルよりもやや高いくらいです。
なぜなら妊婦として働ける期間は長くても半年程度なので、通常のデリヘルで働く女性よりも希少性が高いからです。

変なお客さんにあたったりしない?

妊婦専門店に来るお客さんは、比較的マナーが良いお客さんが多いと言われています。
かなり特殊な性癖ではありますが、妊婦に対する知識もありやってはいけないことなどもしっかりと理解してくれているお客さんが多いのです。
ただし、普通の風俗と同じように中にはおかしなお客さんも存在します

妊婦専門店だからといって100%全てのお客さんが良い人というわけではないので、無理を言ってくるようなお客さんであればすぐにスタッフに相談しましょう。
そのようなお客さんに対しても妊婦の体を優先にしてしっかりと対応してくれると言うのが妊婦専門店の良いところです。

流産の危険性はないの?

当然ですが、家で安静にしているよりは流産の危険性は高まってしまいます。

とはいえそれについては風俗に限らず妊娠中に働いている全ての女性に対して言えることですので、妊婦専門店だからといって特別に警戒をする必要はありません。
ただし、やはりいい男性と体を接触させてする仕事ですのでお腹に強い負担がかかる様な行為は絶対に避けましょう

勤務時間は?

妊婦専門店は、妊娠中の女性の体調についても理解が深いため、勤務時間や勤務日時について非常に柔軟に対応してくれます。

週1回や月1回でも問題ありませんし、勤務予定だった日に体調が悪くなったとしても正直にお店に連絡をすればお休みをもらえる可能性は高いでしょう。
もちろん何でもありというわけではありませんので、出来る限りをお店と約束した出勤日時は守った上で、自分の体調を最優先にお仕事をしましょう

いつまで働けるの?

妊娠中に働ける期間は人によってかなり差があります。

一般的には妊娠5ヶ月目以降の安定期から働き始めることができて、臨月が近くなってくるほど働きにくくなります。
どのタイミングでお仕事を辞めるのかは自分次第ですが、比較的体調が安定している方であれば臨月の前月くらいまでは働くこともできます
また、出産をした後にもまた風俗店で働きたいと言う女性も多いと思いますが、その場合には母乳専門店を探すことをお勧めします。
母乳専門店は、母乳が出る女性専門の風俗店です

お金母乳フェチの男性も沢山いますが、こちらも妊婦と同じように働ける期間に区切りがあるお仕事ですので希少性が高く通常のデリヘルよりもややお給料が高くなっています

まとめ

妊娠中でも働きやすい風俗店である妊婦専門店についてご紹介しました。
妊娠中和装でない時期と比べて体調の変化が大きく普通の仕事をするのはとても大変ですが、妊婦専門店はお店やお客さんも妊婦に対する理解があることが多いため妊婦であっても働きやすい環境と言えます

妊娠中は自分自身とお腹の赤ちゃんのことが最優先であることを絶対に忘れず、しっかりと体調を確認した上で働くようにしてください。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする