自由出勤だからと言って当日欠勤すると最悪罰金取られるから注意

風俗求人を見ていると最近ではほとんどのお店が「完全自由出勤」と書いてあります。
実際に風俗の仕事は普通のアルバイトよりもはるかにシフトの融通がききやすく、自分が働きたい時に働いて休みたい日には休むことができる職業です。
しかし完全自由出勤だからといって、何もかも許されるわけではありません。
この記事では自由出勤の風俗でも気をつけなくてはいけないことや、当日欠勤などをしてしまった時の罰則についてご紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

完全自由出勤ってどういう意味?

自由出勤だからと言って当日欠勤すると最悪罰金取られるから注意ソープやデリヘル、ホテヘルなど多くの風俗店では求人を見てみると必ずと言っていいほど「完全自由出勤」ということをアピールしています。
風俗業でいう完全自由出勤と言うのは、働く日も休む日も女の子が自由に決めることができるということです。
だからといってその日朝起きてから今日仕事するかどうかを決めて良いと言うことではありません。
完全自由出勤とはいっても、1週間や1ヶ月の単位で必ずシフトを提出することになっています。

もちろんどの日に何時間出勤をするのかは女の子が自由に選ぶことができるます。
たくさん働いて稼ぎたい時には出勤を増やすことも出来ますし、遊びの予定があるからお休みしたいのであれば空けておくこともできます。
普通のアルバイトのようにシフトが組まれていて「来週水曜日と木曜日は絶対に出勤」などと決められることはないので、自分の時間が作りやすくなっています。
実際風俗の仕事は普通のアルバイトよりもはるかに稼げるお仕事なので、生活をするために週5回は出勤しなくてはいけないという状況になることは非常に稀です。

だから風俗で働いている女の子の中には、風俗一本で週に2、3日だけ出勤して後は自由に過ごしている女の子がたくさんいます。
毎日のように出勤して仕事にスケジュールを縛られることが嫌だと考えている女性にとっては、非常に働きやすいのが完全自由出勤というシステムなのです。

自由出勤だからといって好き勝手にしていいわけではない

多くの風俗店は完全自由出勤ではありますが、出勤するのかどうかを毎日気分次第で決めて良いと言うわけではありません。
自分が提出したシフトは基本的には絶対に守らなくてはいけません。

在籍している女の子は基本的に全員自由出勤ですので、風俗店としては女の子の人数を調整するのが非常に難しく、たまたま出勤する女の子が少なくなってしまう日もよくあります。
そんな日に遅刻をしてきたり当日欠勤をされてしまうと、女の子の数が足りなくてせっかくお客さんが来たのに接客につけることができず、貴重なお客さんを一人失ってしまうことになるのです。
また、出勤をするとシフトを出したらそれはお店のホームページに掲載されますので、日にちを合わせて指名をしてくるお客さんもいます。
お客さんがせっかく時間とお金を作ってお店に来たのに、当日になって「その子はいません」と言われてしまったら、そのお客さんがそのお店を利用することは二度とないでしょう。

そんなことをしているとお店からの信用がなくなり、干されて行ってしまいます。
遅刻当日欠勤をする子は信用できないと言うだけではなく、お客さんを失ってお店が損害を被る可能性もあるので、いない方がマシという存在になりかねないのです。
それでも何らかの事情で遅刻をしてしまったり当日欠勤をしてしまう可能性は誰にでもあります。
そんなことはお店も良く分かっていますので、普段はしっかりとシフトを守って出勤してくれている女の子であればたまに遅刻してしまったり体調不良でお休みをもらったとしても問題になることはありません。

だから遅刻をする時でも当日欠勤をする時でも、必ず事情をお店に説明して許可をもらうようにしましょう。
何の連絡もなく遅刻をしてくる女の子よりも、しっかりと出勤時間前に電話をしてきて「ちょっと電車が止まっているから遅刻します。すみません。」と一言言える女の子の方がはるかに信頼されます。

特に当日欠勤するときにドタキャンは絶対にやめましょう。
連絡一切なしに当日欠勤されてしまうと、お店に迷惑がかかりますし、何か事件に巻き込まれたのでないかと心配することにもなります。
しっかりと連絡をして事情を説明してから当日欠勤するのであれば少しの罰則で済むこともありますが、ドタキャンの場合にはその場でクビになる可能性すらあります。
ちなみに当日欠勤はだめですが、当日出勤はオッケーにされることもよくあります。

ホテヘルの仕事は完全歩合制ですので、女の子が出勤しただけではお店は給料を支払う必要がないので何も困ることはありません。
逆にたまたまお客さんがたくさん来たタイミングに出勤してくれていればお客さんを付けることができて、女の子もお店も稼げるということになるのです。

遅刻や当日欠勤の罰はどんなものがあるの?

No, Bad実際に遅刻や当日欠勤などをしてしまうと、お店からの信頼がなくなるだけではなく罰則が用意されていることもあります。

日給保証の減額や消滅

日給保証を用意しているお店の場合、日給保証を支払う条件として「当日欠勤をしないこと」や「月に2回以上遅刻をしたら日給保証はなし」などと定めていることがあります。

これらの条件は面接のタイミングで聞くことができるので、必ず守るようにしましょう。

給料のバック率を下げられる

お店によっては遅刻や当日欠勤の回数に応じて、バック率を変動させるお店もあります。
基本的にホテヘルのバック率は50%前後であることが多いのですが、「遅刻をしたらその日は40%」とか「当日欠勤した場合その月のバック率は45%」など厳しく定められていることもあります。
これらの規則がある場合であっても、事前に事情を説明すれば許してもらえることもあるので、遅刻や当日欠勤をする場合には必ずお店に連絡を入れましょう。

フリー客を回してもらえなくなる

規則として定めていなくても遅刻や当日欠勤をした場合、フリー客を回してもらえなくなる可能性があります。
結局風俗嬢にとって一番辛いのはお客さんにつくことができずに稼げないことなので、最も堪えるだと言うことです。

罰金

No, Bad遅刻や当日欠勤の数に応じて罰金を決めているお店もあります。
とはいえ、あまりにも罰金が厳しいお店は悪評が広まってしまい女の子を集めることができなくなってしまうので、最近では一回の遅刻や当日欠勤で罰金を取るようなお店はそれほど多くはありません。

罰金額はお店によって差があり、遅刻なら1000円程度でそれほど厳しいわけではないこともありますが、当日欠勤の場合は1万円などの大金になることもあります。
罰金があるお店の場合、給料からの天引きになることが多く、罰金を返すまではお金を受け取ることができなくなってしまいます。

まとめ

自由出勤の風俗でも気をつけなくてはいけないことや、当日欠勤などをしてしまった時の罰則についてご紹介しました。
完全自由出勤だからといって好き勝手に休んで良いわけではなく、遅刻や当日欠勤をしてしまうとお店からの扱いが悪くなったり罰金を取られる可能性があります。

もし遅刻や当日欠勤をしてしまうような場合であっても、お店に連絡をせずにドタキャンしてしまうとさらに罰が重くなるので、必ずお店に連絡を入れるようにしましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする