人気のホテヘルでは出勤制限とか掛けるお店も多い

ホテヘルで働いている女性は、なるべく短期で効率良くたくさん稼ぎたいと希望しているでしょう。
ところが、お店から「今日は予約が無いので休んでください」と連絡が来ることもあります。

今日も頑張ろう!!と意気込んでいるところにそんな連絡が来ると、途端にやる気が無くなってしまいますよね。
人気のホテヘル店では、出勤制限を掛けている場合も多いのもです。
では、他のお店はどうなのでしょうか?
ここでは、風俗店の出勤制限について検証してみました。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

出勤制限とは?

人気のホテヘルでは出勤制限とか掛けるお店も多いホテヘルなど風俗店に勤めていると「出勤制限」という言葉を良く聞きます。
では、出勤制限とは何なのでしょうか?
出勤制限は、在籍している風俗嬢が月や週に出勤出来る日数が決められてしまう事を指します。

出勤調整とも言われます。
頑張ってたくさん働きたくても、その日数以上は出勤できないのです。
このような出勤制限は、待機室の広さやプレイの部屋数が限られている店舗型の風俗店に多いのですが、ホテヘルでもありえます。
出勤制限は割とどの風俗店でもあるようですが、中でも予約の取れない風俗嬢に対して多く実行される場合が多いです。

例えば、本来であればAさんが出勤予定でBさんが休みの予定でしたが、Bさんの予約が2件入ったとします。
そうすると、お店側はAさんを休みにしてBさんに出勤依頼をした方が得なのです。
また、全体的にお客様が少ない日は、より多くの指名客を呼べるBさんの方を待機させておきたいのです。
そのため、予約の多い風俗嬢には基本的に出勤制限をしないのが事実です。

また、新人保証が付いている場合は、出勤制限や調整をしない場合が多いです。
新人保証は働いても働かなくても付く場合が多いので、お店側としてはなるべく働かせた方がお得なのです。

出勤制限を受けないようにするには・・・

新人や指名返りの悪い女性でも、出勤制限をなるべく受けずに働きたいものです。

では、どうすれば出勤制限を少しでも免れることができるのでしょうか?
それには、まず遅刻や欠勤をしないことが最重要となります。
遅刻や欠勤をして、通常8時間勤務のところ、6時間しか働かなかった場合、2時間分の時間が無駄になります。
その間に1件仕事がこなせるかも知れないので、お店にとっても女性にとっても勿体無いことです。

また、当日欠勤をされると急には空いた穴を埋められません。
予約も断らなくてはなりません。
そのため、遅刻、欠勤の多い子から出勤制限をかけていくお店が多いのです。
どうしてもの時は仕方ないにしろ、頻繁に遅刻や欠勤をしていると、お店からの信用も無くなりますので注意が必要です。

また、アンケート評価も良い方がお得です。
指名が思うように取れていなくても、印象やサービスの良い子を優先して働かせたいと考えます。

連休などを狙う

カレンダーホテヘル嬢が出勤制限の対象にならないようにするためには、他の女性が休みを取りたがる日に予め出勤予定をしておくこともポイントです。

大型連休やお盆、正月、クリスマスや夏祭りなどのイベントの日は、働く女性が少なくなる傾向が有り、シフトに入りやすいのです。
逆に他の女性が出勤したがる日を休みにすると上手にシフトに入り続けることが出来ます。
また、春先やお金の必要になる年末付近は新人が増える傾向にあります。
その時期は出勤制限がされやすくなります。

勤務時間帯も工夫すると更に良いでしょう。
やはり学生や昼間の仕事を掛け持ちする女性が多いホテヘルは、昼間の方が働けるお店もあります。
また、万が一急にシフト変更を依頼された際も、出来るだけ快く応じましょう。
特に急に出て欲しいと言う場合はなるべく引き受けましょう。

お店に便利に使われると思うと腹が立ちますが、そうやって、地道な信用を得ていく事で出勤制限を避けることができます。

人気店や有名店は制限がある

風俗店の出勤制限は、やはり在籍する女性が多い人気店や有名店で行うことが多い様です。
近年では、一度に15人を超える女性が待機している状態は多い、無駄だと言われています。

どんなに有名なお店でも、一度に15名以上のお客様が入ることは少ないので、それ以下で回す事が可能です。
そのため、お店の規模により、待機人数と来客数を照らし合わせて一日の出勤人数を決めます。
概ね15名を超える場合は出勤制限を設けるお店が多く、20人も居るとお茶引きの女性が出てしまいがちです。
お店側からすると、1人も付けずに待機する女性のモチベーション低下を防ぐためにも出勤制限を設けたいのです。

面接時には「週5で出勤できますよ」と言われていても、数か月後から週3日に減らされることも多くあります。
客入りの状況や女性の数で仕方が無いことなので、ある程度の理解と覚悟は必要です。

予約を無理矢理断る店もある

ホテヘルなどの風俗店で出勤制限が有る場合、出勤制限をした女性の予約を無理矢理断るお店もあります。

特に新人保証付きの新人が多く居る場合は、その新人を優先的に回そうとするため、別の女性を予約しようとしたお客様に「その女性は完売ですので、新しく入店した女性をおススメします」と新人をすすめます。
このやり方は、悪徳店に多い様です。
自分の知らない所でそういう事をしているお店もあるので、要注意です。
このような事態を避ける為には、プライベート用の携帯電話とは別に営業用の携帯電話を持ち、お客様と直接連絡を取る事で出勤日を確認してもらい、確実に予約できるようにすると良いでしょう。

また、シフト担当が変わったタイミングで出勤制限が掛けられる事も有ります。
そういった場合は、贔屓などが関係している場合もあります。

お店を変えることも・・・

Change元々出勤のシフトになっているのに、急に休んでもらいたいと連絡が来たりするようなことが頻繁に起こる場合は、お店自体も客入りが悪くて暇な状態です。

また、様々な理由を付けて徐々に出勤が制限されている場合、自然と「干されているのかな?」と感じるようになります。
お店側も少しずつ分からない程度に制限を掛けていきますが、気付けば殆どシフトに入ることが出来ない女性も居ます。
出勤調整をされ嫌な思いをするくらいなら、いっそのことお店を変えてみても良いかも知れません。

中には風俗店の掛けもちを考える女性も居るかも知れませんが、風俗店の掛け持ちはおススメしません。
同業なら掛け持ち情報はある程度分かってしまいますし、両方が中途半端になり思うように稼げないからです。
もし、思うように働けず、一向に稼げないというのであれば、そもそもそのお店のコンセプトに合わないのかも知れません。
思い切って移籍してみるのも手でしょう。

まとめ

ホテヘルには出勤制限のあるお店があります。
女性が居ない時には鬼出勤を頼まれ、女性が多い時期は出勤制限を頼まれることがあります。
お店からしてみれば、使い勝手の良い駒に過ぎないのかも知れませんが、使い捨てにされないように、ある程度自分の意思も持つ事が大切です。

中には、出勤制限や調整があるとすぐに移籍を考える女性も多いものです。
出勤制限を受けない為には、多くの指名客を呼ぶ人気嬢になることが必要になります。
しかし、働く女性が多いお店では、フリーのお客様に付けず、お客様を獲得することもできません。
そんな時には、思い切って、他のお店へ移る事も考えても良いかも知れませんね。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする