ホテヘルの写メ面接ってどんな写真が採用され易いとかあるの?

ホテヘルで働く場合には、お店に面接に行く必要があります。
面接を受けた上で、採用されれば働けます。
働きたい希望があれば誰でも働けるわけではありません。

面接に出向いても必ず採用される訳ではありませんが、面接合格する事が最初の関門となります。
近年では、来店して行う面接の他に、写メ面接という手軽な面接をよく耳にするようになりました。
では、写メ面接とは一体どんなものなのでしょうか?
ここでは、写メ面接の内容と、受かりやすい条件をご紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

写メ面接とは?

ホテヘルの写メ面接ってどんな写真が採用され易いとかあるの?ホテヘルなどの風俗店で働く際に、自宅に居ながら手軽に面接が受けられる「写メ面接」というものがあります。
これは写メを撮影し送るだけの簡単なものなので、風俗嬢の間でも手軽で便利と評判です。
写メ面接の仕組みは、お店から指定される写メを撮り、お店に送るだけです。

これですぐに合否が分かります。
お店の指定する写メとは、どのお店でも大体、顔写真と身体全体写真です。
身体全体が写る写真においては、風俗業界では、下着姿でと言う指定があることが多いです。
合否の結果も即日出る事が多いので、すぐに働きたい場合にも便利です。

また、地方からの出稼ぎをしたい場合も、写メ面接は効率的です。
遠方まで面接のためだけに足を延ばせないので、写メ面接を活用する女性が多いのです。

写メ面接のメリット・デメリット

写メ面接にはメリットとデメリットがあります。

まず、メリットを見てみると、お店へいちいち足を運ぶ事も無く効率的であること、余計な時間が掛からないこと、手軽に応募出来ること、履歴書を書く手間が省けること、電車代などの移動費も掛からないことなどが挙げられます。
中でも一番のメリットは、不採用の時のショックが少なく済むという点です。
わざわざ遠方から足を運んだにも関わらず、面接で不採用になってしまった場合、立ち直れない程のショックを受けます。
「自分には魅力が無い」と言われたような気持になることもあります。

でも、写メ面接であれば、実際に言葉を交わす訳ではありませんし、写真だけの判断なので「魅力が伝わり切らなかった」と思えば救われた気持ちになります。
反対に、デメリットとなるのは、まず、撮り方で合否が変わるということです。
実物は可愛かったり美人であっても、写真映りが悪いと損ですし、お店側も「写メ=実物の1.3~1.5倍ほど」と綺麗に映るものだと思っています。
そのため、がんばっても実物の0.8倍位にしか撮れない人は受かりにくくなり損なのです。

また、写メ面接だけでは、お店の雰囲気や立地がよく分からないものです。
実際に訪れて「こんな所では働けない」と感じる事も有るかも知れません。
ヘルスだと思っていたらソープだったなどという事も有り得ます。

写メ面接用写真の撮り方

写真写メ面接用に使う写真を取るためには、幾つかコツがあります。
写真を撮る前に、大前提として本人であることが最重要です。
別人の写真を送っても意味がありません。
また、写真加工もしないことです。
近頃の写真加工では、別人レベルに変身するものもあります。
もし、加工写真で写メ面接に受かっても、働くのためにはお店に出向く事が必要になります。
その際に別人がお店に来たら、即不採用になるでしょう。

要は盛ってもすぐバレるのです。
写メを撮影する際は、ポーズを取ったりウインクなどをする必要はありません。
また、顔が隠れる撮り方はNGです。
とにかく普通に顔が分かる状態で撮影しましょう。

また、身体全体の写真もプリクラなどはNGです。
ポージングで体型を大きく誤魔化すことも避けましょう。
綺麗に可愛く映りたい気持ちは分かりますが、大きく誤魔化しても働けません。
奇跡的に撮れた素晴らしい一枚ではなく、いつもの状態で応募してみましょう。

加工せずに美肌を強調するには、朝日の当たる白い壁の前や電気屋の照明器具売場などがオススメです。
下着姿を撮影するのは難しいですが、顔写真を取るには是非活用してみましょう。

あくまで外見判断用

写メ面接とは言え、写メを送るだけで即採用されるわけではありません。

写メ自体は、あくまで外見判断用に使われます。
お店側が求めているレベルに達しているかどうかを写メだけで判断するのです。
求人を出すと、やはりお店のコンセプトに合わない女性からも多数の応募があります。
その中でお店の求めている女性を取捨選択しなくてはなりません。

審査の結果、求めているタイプでなければ、足を運んで貰うことなくお断りできるため、風俗店側から見ても非常に便利なシステムです。
様々な角度から本人を確認をしたいため、数枚の写真を送るよう依頼している風俗店もあります。

写メ面接でトラブルになることも・・・

ホテヘルなど風俗店の写メ面接で合格になっても、実際に来店した際に不合格になるというトラブルは、実は頻繁に起きているものです。

女性側も働けると信じてお店に行くため、実際に会ってから断られると非常にがっかりします。
また、無事に働けても、お店から事前に説明されている勤務条件と異なる場合もあり得ます。
例えば、写メ面接では5万円の日給保証と言われていたのに、来店して面談した際に3万円と言われたりします。
これは、お店が期待していた程では無かったと言うのが本当の所です。

期待値よりも低いレベルの場合は、給与面の待遇も悪くなります。
反対に条件が良くなる場合は、期待以上の女性だったということになります。
写真映りが悪い女性は、実際に来店した方が印象が良くなる傾向にあります。

写メ面接だけで採用が決まる事はない

写真写メ面接を行っている風俗店でも、写メ面接だけで採用を決めている訳ではありません。
写メ面接は採用を決めるのではなく、どちらかというと不採用を決める手段なのです。
例えば、若いギャルをメインにしているお店に、突然40代の主婦が応募してきても働けませんし、清楚系をウリにしているお店に金髪ギャルが来ても働けません。
そのように、お店のコンセプトやカラーに合わない女性を不採用にするための手段なのです。

近年では不況から、多くの女性が風俗業界に働き口を求めて来ます。
有名なお店では、週に20人強もの女性が面接に来るそうです。
その中でも実際に面接に受かり働けるのは2~3人程度です。
そんな時に、写メ面接を便利に利用すれば、お店と女性の双方に無駄がなくなるのです。

まとめ

ホテヘルなど風俗店では、写メ面接を実施しているところも多くあります。
写メ面接は写メを自撮りなどで撮影し、お店へ送るだけで合否が分かり非常にスピーディーで便利なものです。
しかし、写真撮影のコツを押さえて撮影をしないと良い印象を与えられません。

写メと言われているのにプリクラを利用したり、ぼやけて鮮明に映っていない写真、加工が酷い写真を送られると採用の前に常識を疑われてしまいます。
よく分からない写真を送った場合は、撮り直し&送り直しを依頼されることがありますが、送っても必ず採用になるものではありません。
余計に手間がかかるだけなので、はじめから顔や身体が鮮明に映る普段通りの写真を送るようにしましょう。
また、写メ面接だけで確実に働ける訳ではありません。

働く前には一度必ずお店へ行く事が必要になります。
お店で面談したらやはり不採用ということも有り得ますので、その覚悟は必要です。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする