風俗の面接で不採用になっても落ち込まなくても良い理由とは?

人間関係において、こちらから先方へアプローチした結果、断られたり拒絶されたりすると、結構落ち込んでしまうものです。
これは、男女間の関係然り、結婚の申し込み然り、はたまた企業の面接や、会議における提案や多数決の結果然りで、結果というものは、個人が思うようにはなかなか進まないものです。
これには明確な理由があります。

風俗店の面接においても、採用不採用という結果は、個人の思いではコントロールしきれないところではあります。
面接の良し悪しというものは、実はあまり気にしなくていいものではないか、という仮説をもとに、風俗の面接において、不採用になっても落ち込まないで良い理由を考えてみましょう。

神のみぞ知る「面接の行方」

風俗求人が提示されるまでの動き

そもそも求人というものは、風俗に限らず、ニーズと狙いがあってこそ、アクションとして起こされるものです。
例えば、お店の規模に見合わない人数になったとか、営業方針として目標を上方修正して、営業を拡大するために求人をかけるとか、交通の便や住宅地、新規マンションの建設などで環境が変わり、急激にニーズが増加した、または増加が見込まれるとか、そもそもお店のコンセプトを一新して、違ったジャンルのお店に変えるなど、あくまでも「雇い主の都合」によっておこなわれます。
風俗の面接で不採用になっても落ち込まなくても良い理由とは?今どきは、フリーの求人誌やネットによって求人がかけられるのですが、その背景にある雇い主側の思惑は、求人広告の内容や、応募における文言からは、なかなかうかがい知ることはできません
これらの思惑があって、初めて求人がなされるわけです。

応募者はあくまでも自分の思惑で応募する

求人が雇い主の都合によって行われることに対して、応募者のほうは、これまたあくまでも「自己都合」によって応募をします。
理由としては、急にお金が必要になったとか、長期的な人生設計を見直して、少しずつ上方修正していく方針にしたとか、なんとなく勤め先を変えたいとか、引っ越したとか、その理由は雇い主同様にさまざまです。
求人に対する応募者が採用に至るまでの間には、書類選考があり、面接があり、風俗店や水商売の場合には体験入店があったり、一般企業の場合にはインターンや見習い期間、試用期間といった一種の「お見合い期間」があったりと、雇い主と応募者が、お互いにアクションをとったからといって、すぐ機械的に繋がるわけではありません。

両者の思惑が一致してこそ、採用に至るわけですから、そこには必然性というよりも、むしろ偶然の要素のほうが大きい、ともいえるような状況なのです。
風俗求人の場合は、雇い主は営業拡大、応募者も収入拡大というように、お互いにお金の問題を目的としていることが多いので、最終的な到達点においては、成約確率は高い、というように見えます。

趣味や価値観の相違が生じる可能性もある

しかし、目的は同じでも、そこに至るまでの「目的を達成するための独自の工夫」という領域においては、必ずしも雇い主と応募者の思惑は一致しません。

パソコンなぜならば、雇い主のほうには「儲けるために考えたコンセプト」がありますし、応募者のほうには「人間的な好み、価値観」という、それぞれの尺度の違いというものがあるからです。
そこはいかんともしがたいところで、企業対個人であるとはいえ、人間同士である以上、相違が発生して然るべき、というところです。
特に、芸能界や水商売、キャバクラ、ソープやデリヘルなどの風俗店の場合、基本的に「見た目のきれいさ」や「スタイルの良さ」など、容姿の最大公約数的なところを狙うケースも多く(これはいわゆる「高級店」において顕著に現れやすいものです)、書類選考を経て面接に至ったとしても、そこで決裂するようなケースも珍しくありません。
風俗店の面接後の採用不採用というものは、まさに「神のみぞ知る」、という領域なのです。

多彩なニーズがあることを意識する

ロングテール現象を逆手に取る

現代は、あらゆる経済活動の領域において、「ロングテール現象」というものが発生しています。
これは、日本の場合でいうと、かつてのように、人口の大半が中産階級(いわゆる「中流家庭」との自覚を持っている層)で、最大公約数さえ狙えば、多くのお客を獲得できた時代とは違い、人口は減少傾向で、少子高齢化に見られるような老人の増加、若年層の減少が起こり、数少なくなった「お金を使う層」の価値観が、必ずしも一方向ではなくなったことを、端的に示しています。

今の時代は、価値観別に各領域にちらばったお客さんを、価値観別に洗練したコンセプトを掲げて、それぞれの領域で獲得していくような時代なのです。
こういった視点に立って、「風俗店の面接で不採用になった」という事実を考えてみれば、なんら落ち込まないといけないような要素は見つからない、といえるのではないでしょうか。
自分の価値観において見つけたお店に面接に行って、たまたま不採用になったとしても、それはお店側のコンセプトが合わなかっただけで、一般企業の状況と同じくロングテール状態の風俗業界では、「他のお店にあたれば採用になる」可能性は非常に高い、と思われます。

容姿やスタイルに原因を求めるのは間違い

お金応募者である女性が陥りやすい、よくある「不採用の理由」として、容姿やスタイル、年齢などがあげられます。
これらは一見的を得ているようにも見えますが、例えば芸能界にいる女優や芸人、歌手やアーティストを見てみると、必ずしも美女やスタイル抜群、かつ年齢が若い女性ばかりではないことは一目瞭然です。
この状況が示していることは、「(数の大小はともかく)多彩なニーズが広く存在していて、その事実を信じて活動しているものが生き残っている」、という事実です。
一般企業への入社試験においても、何社か受けてどれも落選したからといって、応募者個人のニーズがなくなっているわけではない、ということです。

これだけ多彩なニーズがある現代ですから、チャレンジを続けていけば、然るべきコンセプトを持つお店にあたることは、ほぼ確実である、と言い切れるのではないでしょうか。
端的にいえば、容姿やスタイル、年齢をベースに、採用不採用という結果に対する落としどころを考えるというアプローチは、ロングテール現象下にある現代においては、間違いである、と言い切れるものです。

まとめ

風俗店における採用不採用は、ややもするとステレオタイプの理由(容姿やスタイルや年齢といった、一般的なイメージ)であると思い込んでしまって、その後メンタルが負のスパイラルに陥ってしまったり、不必要に落ち込んだ結果、次アクションをとるタイミングを逸してしまったりと、なにもいいことがなく、生産的な何かを生み出すこともありません

このような状況は、個人にとっても風俗業界にとっても、ひいては日本全体の経済状況にとっても、マイナスになることこそあっても、プラスになることは、ほぼありません
風俗の面接で、不採用という結果にあったり、そのような結果が何度か続いてしまったとしても、なんら落ち込むことはありません。
単なるミスマッチ、または好みの違いくらいの感覚で気持ちを整理して、さっさと次のアクションに取り組めばよいのです。
そういったメンタルで過ごしていけば、そのうちマッチするお店も見つかりますし、不必要に悩んだり悔んだりするようなことも少なくなり、個人もお店も、ウィンウィンな状況になっていくこと請け合いです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする