風俗の体験入店で本当に嫌だと思ったら本入店の拒否できますか?

風俗の面接に行けば、きっと体験入店を進められるでしょう。
店にとっては働いてくれる女性を確保することは大事な仕事なので、体験入店はとても大切なことだからです。
仕事内容を言葉やDVDなどでどんなに説明しても、実際に働く以上の情報は伝えられません。
店の雰囲気や仕事の流れ、そのようなものを知ってもらうのにぜひやってほしいと思っています。
ですが面接を受ける側にとっては「体験入店までしたら、もう後戻りできないかも」と不安に思うでしょう。
面接の時間や手間を相手にかけさせてしまい、さらには仕事の流れを説明させてしまって相手に悪いと感じる女性もいます。

つまりそこには「断れない空気」があるでしょう。
実際に断ることが苦手な女性もいるので、それは店にとっての戦略とも言えます。
ですがもちろん本入店を拒否することは当然の権利です。
そのための断り文句や、なぜ断っていいのかを知っておいたほうがいいでしょう。
そうすることで気おくれなく面接に迎えますし、有利に働くことができるからです。

一度開いた勇気を見逃さないために

女性にとって風俗の面接を受けるのは大変勇気のいることでしょう。
特に経験したことのない人だったら、考えた末の決断だと思います。
風俗店としては働く女性の確保は重要な仕事ですので、そのような決断を尊重したいと考えてます。
採用基準さえ満たせばとにかく働いてほしいのです、それは週に1度でも構いません。
なので面接が終わって「じゃあよろしく」と女性を返す店はないでしょう、ほとんどの店で体験入店を進めてくるはずです。
なぜなら一度開いたその勇気は、何かの拍子でしぼんでしまうことがあるからです。

店にとって「面接は受けたけど、やっぱり怖いからやめようかな?」と入店を断られることがとても痛いんです。
だから仕事の流れや空気だけでも掴んでもらい「これなら出来そうだな」と感じてもらうことが店の狙いです。
なので求人の体験入店に特典を付けたりして、より多くの働き手を確保しようとしています。
DVD女性を怖がらせないように店の外で面接したり、講習に経験者の女性やDVDを用意したりする店もあります。
その時間や手間をかければかけるほど、気弱な女性は「なんか断りにくいな」と感じるのかもしれません。
「私のために時間を割いて、そして体験入店までしてもらったのだから・・・」
本入店はしたくないけど断れない人もいるでしょう。
でも、もちろん断っていいんです。

やりたくないことをやっても長続きしない

もし体験入店して「ここはちょっと働けそうにないな・・・」と感じたらきちんと断りましょう。
面接や体入のための時間や手間は店にとっては必要な費用です、入店を拒否しても問題ありません。
むしろ「ここまでしてもらって、断るの悪いな」と無理して働くほうが危険で迷惑が掛かります。
風俗はハードな仕事ですので、無理に働いたら体と精神を病んでしまうでしょう。
そうなるとシフトに穴が開いたり、お客さんに迷惑をかけてしまうかもしれません。
それは結局店の信用につながりますし、せっかく入店した店に迷惑をかけてしまうのです。

メンヘラになってしまったら、回復するのにかなりの時間と費用が掛かります。
そんなことは誰も望んでいないことです、女性には健全に働いてガッツリ稼いでほしいと風俗店は願っています。
店にとって基準を満たす女性に働いてほしいのはもっともなのですが、病んでまで働いてほしいとは思ってません。
だから詳しく仕事内容を説明しますし、体験入店を進めるのです。
面接や講習もきっちりとやって、なるべく女性に仕事について理解してほしいと願っています。
その店側の頑張りが、かえってプレッシャーになってしまうこともあります。
断ったら店の人を傷つけてしまうかも?と考えてしまうかもしれません。
確かに店によっては断りにくい雰囲気をつくって、勇気の後押しをする演出という面もあるでしょう。
あと一歩が踏み出せなくて、だれかに背中を押してもらいたいということがあるはずです。

それは強制ではいけません、あくまで女性の意思で踏み出してほしいのです。
つまり店は「うちで働いてください、お願いします」とは言いません。
そんなことをしても長くは続かないからです。
つらいことがあったら「お願いされたからやったけど、やっぱり無理です」と言われてしまうからです。
店にとっては女性に「自分の意志で入店したことだから、頑張ります」と言ってほしいと思っています。
あくまでも自分の意志で決定してもらうことで、頑張って働く気になるからです。
だからそのために必死で環境を整え後押しします。
デリヘルだったら面接に割ける場所や人はかなり限られますが、それでも面接した後は体入を勧めます。

手間と費用をかけて入店する意思を引き出そうとするでしょう。
体験入店の特別手当や、日給を用意する店もあります。
そこまでする価値がそこにあるからです。
頑張って働いてくれる女性は、その店にとってなによりの存在になります。
ただ、さぼって店の評判を落としかねない女性も来るのでそれを見分けなくてはいけません。

体験入店を狙うベテラン嬢

働く女性を確保したいのはどの風俗店も同じです。
ですが同じくらい「働かない女性を排除したい」と思っています。
風俗嬢の中には、風俗求人の特典を狙いに来る人もいます。
旅行 女性そのような人は割り増しされた日給や保証をもらうだけもらい、それが無くなるとさっさと店を辞めてしまいます。
当然接客も手抜きですし、店の信用も下がってしまうのです。

なのでそのような目的で来る女性を見抜かなければいけません。
そのためにはどうすればいいのでしょうか?
風俗店にとって情報は面接で得られるものだけです。
なのでしっかりと女性の話を聞き、どんな人なのかを知ろうとします。
そこで「この人は体入特典ねらいかな?」と見分けるのです。
そのことを知らない女性にとっては、そのようなことがプレッシャーに感じることもあるでしょう。

本入店を拒否するために

本入店を拒否することは当然の権利です。
無理だと思ったらちゃんと断りましょう。
相手に悪いと思っているのなら、なるべく負担をかけないことです。
例えば面接にはちゃんと時間通りに行く。
写真付きの身分証明書(免許証など)を用意する。
化粧をあまりしない。
そうすることで向こうの負担を減らすことができ、断るときも心理的な負担は少なくなります。
そして入店を拒否するときも正直に答えましょう。

相手に悪いと思って下手な言い訳をするのは逆効果です。
むしろ自分の心の負担になるのでウソはつかないほうが無難なのです。
ストレートに「体験入店して、やはり無理だと思いました」と伝えればいいのです。
もし向こうが食い下がってきても、正直に答えれば問題ありません。
例えば「働く時間がなくなってしまって」と断ったら「月1回出勤でもいいから」と提案されるはずです。
もしくは「うちがダメなら系列店ならどう?」と他の店を進めてくるでしょう。
そんな時にきちんと面接を受けて、正直に答えて置けば問題ありません。
後ろめたさがないからです。
拒否とにかく無理です」とちゃんと拒否することができるでしょう。

まとめ

体験入店をすすめてくるのは、風俗店の常識的な行為です。
面接までやってきた女性の勢いを殺さずに、仕事の流れまで見てもらうのはお互いにとってメリット言えるでしょう。
ただ、そのようにやりすぎると女性にとって「断りにくい」雰囲気になることがあります。
それは店にとっても狙いなのですが、ここで自分の意思を出さないとずるずると入店してしまうことになります。

しっかりと断っていいんです、何も悪いことはありません。
相手にとって面接や体験入店を勧めるのは仕事ですから、断られることは給料に入っているのです。
例えば電話営業の相手に「断るの悪いな」と感じるでしょうか?
きっと感じないと思います、いきなり電話をかけてきたのですから。
向こうも断られるのが仕事なので傷つくことはないでしょう、風俗店の店長だって同じです。
働き手が欲しいのはわかりますが、誰だってできる仕事ではないというのもわかっています。
だから正直に答えましょう「ごめんなさい、無理です」とシンプルに伝えればいいんです。
きっとそれでわかってくれますし、それでも食い下がるような店だったらむしろ働かないほうがいいでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする