ホテヘルなどで雑費が引かれる事あるけど厚生費って正直なに?

風俗の給料から「雑費」というものが引かれていませんか?
実は風俗も一般の仕事と同じように、すべて働いた分が手取りになるわけではなく
「控除」される項目があります。

風俗嬢の給料は「手取り額=給料(バック)ー雑費」で成り立っています。
雑費が低い方が、当然ながら貰える金額が大きいので出来るだけ雑費は抑えたいところです。
お店によっては雑費ではなく、厚生費と呼ぶところもあります。
風俗初心者にとっては、何の目的でどういった内容が引かれるのか気になりますよね。

求人を見ても雑費なしを売りにして、女の子を募集している風俗店があります。
コレってやっぱお得!と飛びつく人も居ますし、そもそも雑費って引かれる必要あるのか?と疑問を抱く人も少なからず居ると思います。
今回は風俗の給料から差し引かれる「雑費」とは何か、ホテヘルの場合について説明したいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ホテヘルの雑費って何?

質問風俗でいう「雑費」とは、女の子が業務で使用する備品など諸々にかかる経費のことです。
ホテヘルでは、以下が雑費の対象として天引きされます。
これらは仕事をする上で、女の子の必要最低限の備品です。
・タオル代
・イソジン代や消毒液代
・ローション代
・大人のオモチャ代
・コスプレなどの衣装代
・衣装のクリーニング代
・お茶代
このほかにもホテヘルのような無店舗型風俗店の場合、「部屋代」が引かれることもあります。
お店が所有していない近くのラブホテルやプレイルームを利用することになるので、維持費ではなくレンタル代として徴収されるケースが稀にあります。

デリヘルではドライバーの送り代に加えて、ガソリン代なども掛かってきます。
ちなみにソープランドでは「月ボーナス」という特有の雑費が引かれます。
唯一ソープランドだけに存在する雑費の項目で、昔からの習わしで存在しているものです。
こう見るとホテヘルは、さまざまなジャンルの風俗店の中でもわりと引かれモノが少ない方と言えるでしょう。

お茶代はデリヘルなどでも女の子が負担することになっていて、必要経費として引かれます。
雑費とは女の子が風俗店で働くうえで必要になる「道具」や「場所」を、お店が代わりに用意してくれることにかかる費用です。
ちなみに風俗嬢は、お店の従業員という立場で働いていません。
女の子とお店は雇用関係を結んでおらず、業務委託として仕事を請け負っています。

あくまでも風俗嬢は個人事業主であって、お店は事業主一人一人に給料を支払っています。
雇用契約を結んでいない立場の相手に、無料で備品を貸出したり物資をサービスするのは
ちょっとおかしいですよね?
タオルや消毒液などは、女の子自身が仕事で必要になる物ですので、各自で負担してくださいね、というスタンスなのです。

風俗店は女の子に働く環境を提供しているだけで、それ以外の待遇については関与しないことが基本とされています。
たまにお店の備品を無料で使わせてもらえてラッキー!と思っている子もいますが、ちゃっかり雑費という名前で取り立てられているんですよ。
ですが自分で一式揃えるよりも、はるかに安い金額ですべて用意してもらえるのは有難いことです。
どんなに繁盛しているお店であっても、在籍している女の子一人ずつからちょっとした費用を負担してもらわないと厳しいのかもしれません。

雑費の相場はどれくらい?

棒グラフ雑費は風俗店によって徴収の仕方が違うので、引かれる金額も変わってきます。
では具体的に、どんな計算方法で雑費は算出されるのでしょうか?
ホテヘルは一人当たりの接客時間が短めで、デリヘルに比べるとバックは低めです。

雑費を引きすぎてしまうと、女の子の手取りが少なくなってしまうので、接客人数に応じた天引きが採用されることが多いです。
一人接客するごとに500円または1,000円引くのが相場です。
お客さんの入りにも波があるので、一人しか接客できなかった日は雑費が0円で、二人目以降から2,000円~と変動する仕組みを採用しているお店もあります。
良心的なホテヘルでは、1日1,000円や2,000円などと決まった額を引くところもあります。

老舗店や個人で運営しているお店などは、昔ながらの固定方式で雑費を徴収する傾向があります。
高級ホテヘルになると、基本料金も高めに設定されているので女の子のバックも良いです。
手取りの多いソープランドなどで採用しているパターンですが、その日に稼いだ売り上げに対して5%~10%くらいを引くお店があります。
稼げる女の子にとっては、高収入になればなるほど引かれる額が増えるシステムとなります。

このようにさまざまな徴収方法がありますが、どれがお得かは働き方次第で変わってきます。
以上が相場となりますので、もっと引かれている女の子は悪質店にボったくられているかもしれません。
高収入の風俗バイトでも、雑費で引かれる額を換算したら大きなものになりますので
いま一度確認してみてくださいね。

雑費とバック率の関係について

天秤ホテヘルの求人を見ていると、女の子の給料から雑費を引かないお店も増えてきています。
少しでも多く稼ぎたい女の子にとって、「雑費なし」はとても魅力的ですよね。
確かにキャバクラなど夜の仕事をしていて、雑費の存在を知っている子はすぐに注目します。
風俗店もたくさんの女の子に応募してもらいたいから、給料から引きものを無くすことを大きな売りとしているのです。
ただここで注目したいのは、雑費を無くすとその分は給料が増えるのか?ということです。
求人は雑費を引きませんと言っていますが、バック率を低く設定しているお店もあります。

給料から何も引かれないことは一見すると超優良店に見えますが、結局は雑費を引いた額と同じ給料を貰っている場合が多いのです。
良いことばかり載っている求人を見て、すべてを把握するのは難しいです。
気になるお店があったら、給料システムを電話で確認することも大切ですし、雑費があるお店と比較して最終的な手取りを計算してみてください。
ちょっとケチくさい話かもしれませんが、バック率と同様に雑費も収入に直結する内容です。

たくさん稼げる女の子になればなるほど、思っていた金額より雑費が引かれてしまっている
パターンは珍しくありませんので、事前のリサーチが重要となるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

風俗の求人には誇大広告も多いので、ホテヘルのお店選びは慎重に行いましょう。
自分に合ったコンセプトのお店を選ぶことをはじめ、みんなが気になる給料については
雑費にも注目して探してみてくださいね。
繰り返しになりますが、雑費の引かれ方によっては、もらえる給料が変動してくるのでしっかり確認することが大切です。
どんなシステムがお得であるかは、女の子の稼ぎ方によって違ってきます。
OLの副業などで週末のみ働いている子にとっては、売上の5%~10%引かれた方がお得ですし、レギュラー出勤している子にとっては、上限が一律に設定されているお店で働いた方がお得です。
こればかりは働くスタイルや、どれだけ稼げるかによって違ってくるので、不明な点は直接ホテヘルへ聞いてみましょう。

信頼できる大手の求人を見て、そのお店のスタッフが丁寧に対応してくれるようであれば、悪質店でないことが分かります。
常識外れのとんでもない雑費を引くような風俗店に入店してしまうと、一生懸命働いた意味がなくなってしまいますので気を付けましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする