バレたくない!風俗店のアリバイ対策と自分でできる身バレ対策

会社員に政治家、既婚者の浮気など、「なるべくなら秘密のままにしておきたい」ようなことや、「絶対に誰にも知られたくない」ことなどを、人それぞれ持っているかと思います。
風俗で働く風俗嬢やAV女優の方などの場合、芸能関係で上を目指してばんばん顔出し名前出しをしている方がおられる反面、いろいろな事情から絶対秘密で働いている方もたくさんおられるかと思います。
ここでは、絶対身バレしない方法や、そのためのアリバイ対策などをご紹介していきます。

兼業副業の風俗嬢が多くなっている?

いまの風俗嬢の事情

風俗店は都市圏を中心に星の数ほどたくさん存在し、お店の数の数倍から数十倍の風俗嬢がいる、といわれています。
正確なデータはないものの、風俗嬢専門、いわゆる専業でやっておられる方と、会社員やほかのアルバイトの副業を含めて、兼業で風俗に関わっておられる方は、それほど大きく変わらない割合で存在しているのではないでしょうか。

ひと昔前の1997年頃、「東電OL殺人事件」という結構話題になった事件があったのですが、この事件では、東京電力の幹部、かつ大卒のエリートな社員とされる女性が、東京は渋谷の円山町という、かつて「路上で勧誘するお姉さんがたくさんいるところ」といわれていた場所に立って仕事をしていた、なんてことが話題になりましたが、これも典型的な副業風俗嬢の例として、いまもたまにメディアの話題になっているところです。

アリバイ対策は可能なのか

バレたくない!風俗店のアリバイ対策と自分でできる身バレ対策東電の例でも、会社員との兼業であったにもかかわらず、事件が発覚するまでは周囲にはバレてはおらず、事件が明るみに出て周囲ばかりか世間にも大きな衝撃を与えることになったように、実は本人が大声で触れ回ったり、運悪く関係者に出くわしでもしない限りは、そうそう家族や会社にバレるようなことはないもの、と考えられます
とはいうものの、周囲にばれないようにするために、アリバイ対策や、万一の際に追及された場合のシミュレーション等も万全にしておきたいところです。

風俗店の場合、通常の副業と比較して、身バレや顔バレした場合の影響が大きいことから、アリバイ対策を完璧に用意しているところも少なくありません
このあたりは働く風俗嬢にとっても、心強いところですね。

アリバイ専門の会社もある

お店がとってくれるアリバイ対策については、程度の差こそあれ、ある程度は期待できるようです(具体的には後述します)。

とはいえお店によって程度はまちまちで、事前に確認したり、口コミやネット掲示板などで実際に確かめておいた方がよさそうです。
バレることを避けたい相手としては、本業の会社やバイト先をはじめとして、家族、彼氏、友人などが考えられると思いますが、それぞれ確認ポイントや疑われる領域が異なるので、個別に対策してくれるようお店に相談しておけば万全でしょう。
それでも心配な方は、かつてはなかったアリバイ専門会社なんてものも、今は存在しているようです。
アリバイ専門会社と聞くと、大変目新しいもののように思えますが、風俗以外の一般企業や事務職の仕事などでは昔から存在していて、電話番や名刺、場合によっては各種書類など、目くらましのダミー処置のようなものは普通にありますし、今もそういったシステムは継続しているかと思われます。

具体的なアリバイ対策

本業の会社、バイト先にバレないよう方法

アリバイ対策が必要な対象として、まずは本業の会社やバイト先から考えていきます
実はこの領域は、それほど簡単にバレるものではありませんので、下手に小細工をしない方が無難かもしれません。

ヒミツバレることを避けるのであれば、とにかく人には話さないことです。
人に話すと、どこから漏れるかわかりませんので、この領域では特に「自制心」が重要になってきます。

家族にバレるときはどんなとき?

次に、家族にバレないようなアリバイ対策を考えてみますと、家族にバレそうなとき、または家族が疑った時に取りそうな行動を考えて、その行動に対して先手を打つ、ということが、そのままアリバイ工作になります。

例えば親御さんが、「どんな仕事をしているのか心配」になって、場合によっては勤め先の場所まで見に行ってみたり、さらに心配性の場合には、連絡先を調べて電話をするようなこともあるかもしれません。
こういった行動に対処するためのアリバイ対策として、会社の名刺を作っておくことは結構有効です。
一般企業の名刺が存在していた場合、親や家族の安心に対する効果は絶大です。
このときの会社の名前は、実在しているに越したことはありませんが、親御さんを信用させること以外に名刺を使ってしまうと問題ですので、使用方法や管理方法には注意が必要です。

彼氏対策もほぼ同様

一般企業の名刺は、家族と同様に、彼氏対策としても有効です。
あまりにもチープな名刺では逆に疑いがかかってしまうので、それなりのクオリティにしておく必要があります。
また、名刺である以上、電話番号やメールアドレスの記載は必須となってくるのですが、普通に考えれば会社のメールアドレスにメールを送ってくるようなことは、まずないと考えられます。

しかし、電話のほうは、場合によっては実際にかけるようなケースが考えられます
なので、アリバイ対策としては、実在する電話番号にしておいて、自動応答をセットしておくか、在籍確認された場合の応対についても、口裏を合わせた応対をしてもらうための事前ネゴが必要です。
メールアドレスにしても、万一の際に備えて、実際に使えるものにしておいた方がより安全です
今どきは、超大手企業でも、GOOGLEのGMAILやセールスフォースなどのクラウドシステムを使っていることが多いので、ドメインの名称さえしっかり押さえて末尾を「.jp」のものを取得にしておけば問題ないでしょう。

さらに上級アリバイ対策としては、給与明細を用意しておく、社員証を発行する、なんて方法もあります。
しかしここまでいくと、使い方を一歩間違えば、ただのアリバイ対策ではなくなってしまう(場合によっては違法行為にもなりかねません)ので、アリバイ対策にのみ使うようにしましょう。

まとめ

風俗店におけるアリバイ対策は、かつてとは比較にならないほど進んでいますが、家族や彼氏のITリテラシーが異様に高かったり、異常に心配性であった場合には、一歩踏み込んだ行動に出られてしまう可能性があります。

ヒミツこういったことに対応するための対策がアリバイ対策となりますが、いまどきは名刺から始まって、電話応対やメールアドレス、さらには給与明細や社員証など、相当手の込んだアリバイ対策が可能になってきていて、在籍するお店の対応が不十分であった場合には、アリバイ専門会社なるものも存在していますので、やろうと思えばかなり凝った対策が可能ではあります。
しかしこれらはあくまでも「家族や彼氏、身内にバレないようにする対策」であり、使い方を間違えてしまう、つまり「身バレ対策以外の用途で使ってしまう」と、場合によっては罪に問われますし、そもそも公的文書としては使用できませんので、そのあたりには十分注意することが重要です。
いずれにせよ、風俗店やキャバクラなどの水商売界隈のアリバイ対策は、SNSやメール、ネットなど、世の中のITリテラシー全体の向上と並行する形でどんどん進んでいますので、たくさん存在している情報の中から取捨選択をして、今おかれている状況とニーズに合ったアリバイ対策を採用していくのが良いでしょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする