ホテヘルのパネル写真撮影ってお店側が負担?自己負担?

風俗のお仕事に興味が無い女性でも風俗嬢は目や口元を手で覆い隠し綺麗な女性の写真が並んでいる光景を1度は見た事があるでしょう。
風俗の世界に飛び込みお店に所属する事で必ずパネルの写真撮影を行います。

デリヘルなどの無店舗型店ではお店のHPの写真が登録されており、ホテヘルや箱ヘルなどのお店を構えて営業している場合はHPに加えアルバムのような冊子を使用して女の子を選ぶのが一般的です。
入店間もない子はno imageとして掲載される事もあるパネル写真ですが、実は風俗のお仕事を行う上で非常に重要なポイントで写真撮影の出来次第で日給、月給にも影響してくる事になるのです。
また同じお店の中でもライバルとの競争がありますので、パネル写真がの位置に掲載されるか、大きさはどうか、お店側からのメッセージはあるかなどでも指名される回数にも大きな差が生じてくる事になるのです。
応募から面接、体験入店を経て本入店までの間にお店側が写真撮影の時間を設けていますので、受動的にただ言われるがままパネル写真の撮影に挑る方がほとんどでしょう。

重要なのは今後自身の顔として掲載される事になるパネル写真について正しい知識を持ち、より多くお客さんからの指名を勝ち取るためには何を心掛ければよいかを理解しておく事です。
これから風俗のお仕事を検討中の女性でも入店する際には必ずパネル写真撮影を行う日が訪れます。
ここではパネル写真撮影に関して綺麗に見えるコツや経費、逆に指名を考えるお客さん心理などを紹介していきますので参考にしてみて下さい。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

パネル写真が与える重要性を理解しよう

写真全国には約13000件以上の風俗店がありソープ、デリヘル、ヘルスなどの業種をはじめお店独自のコンセプトを持たせて営業しています。
お店の規模も大型のチェーン店から小規模なお店までありますが、営業用のHPには必ず本日出勤と記載された数名の風俗嬢がアピールされています。
その数名の中からお客さんは女の子を選ぶ事になりますが、パネル写真の映り方次第でダイレクトに影響がある事を覚えておきましょう。
お店の中には動画撮影で紹介される女の子もいますが数は少なく、多くはたった1枚のパネル写真から選んでもらう事になります。

写真ですので当然性格までは理解する事はできませんし、どういった声なのかなどの内面は写真だけでは伝える事はできません。
また同じお店に在籍する他の女の子たちも同じページ内に掲載されていますので、そこでも競争が生まれ指名される子、されない子が出てくるのです。
パネル写真が与える重要性はズバリ見た目にありお客さんの好みの女性であるのかで指名にも影響が出てくる事になります。
見た目で気に留まった女の子が見つかったら、ようやくプロフィールや出勤情報を参考により女の子の事を知りたいという意識が湧いてきます。

性格やサービスへの対応は二の次に考え、いかに綺麗に写真に納まるかがだけを意識してパネル写真撮影に挑むべきでしょう。

パネル写真はお店ごとに自己負担はお店負担かは異なる

風俗のお仕事ではパネル写真が自身の顔と言える重要な武器となりますのでお店としても力を入れています。
事務所ではなく個室スタジオ内にてプロのカメラマンに自己負担無しで撮影してもらうお店もありますが、経営がしっかりしている大型店やソープの高級店の場合が多いようです。

大衆店や格安店にもなればパネル写真撮影でなく衣装や小物などの雑費が初期経費として必要なお店もありますので注意しておきましょう。
ホテヘルのパネル写真撮影費はどのグレードか、風俗嬢の質、お店の基本料金などの違いがあり、どのお店に所属するかで自己負担なのか、お店持ちなのか変わってきます。
ランジェリーや水着、浴衣などでパネル撮影を行いますので恥ずかしい気持ちもありますが、稼ぎにも直結しますのでリラックスして望みましょう。
次にパネル写真が自己負担だった場合はどうなるのかも見て行きましょう。

まず撮影料金は1~3万円ほどが相場で所要時間は1~2時間を見込んでおいて下さい。
コースごとに5~全カットお渡しとカット数が違ったり、1500円位のオプションで追加カットや背景、ヘアチェンジも利用できますので覚えておくと良いでしょう。

パネマジで指名回数は増えるがデメリットもある事を理解しよう

写真風俗ではパネル写真をみたお客さんが好みの女の子を選ぶことになりますが、業界の中でも当たり前になっているテクニックにパネマジ(パネルマジック)があります。

パネマジとは撮影した写真に加工、修正を加える事で最近ではデジタル技術の進化のおかげであらゆる加工を施す事ができます。
パネマジの魅力は目を大きくできたり顔の輪郭を細くできるだけではなくほくろやタトゥーなども消去できるため、どんな容姿、体型の女性であっても美しく魅せる事ができるのです。
一方でパネル写真を選ぶ男性客からすればどうでしょうか。
薄いモザイクが掛かっている上にパネマジで修正、加工が入っていますので実際に指名しても騙された、想像していたルックスでは無かったと感じます。

そうなればその子を次回は指名する事はまずありませんのでリピーターにつながる事もありません。
見た目はすごく可愛いのにパネマジやモザイクのせいで指名が増えずお店としても何とかしたいと考える女の子も多くいます。
また見た目は今一でも顔出しでパネル写真を掲載する事で指名が多く入る嬢だって存在するのです。
パネル写真の撮影は入店時の初回1回のみのお店もあれば、3か月毎にパネル写真を撮影しなおすお店もありますので写真の中のもう1人の自分がどのように映るべきかを考えてみるといいかも知れませんね。

写真を綺麗に撮られる方法を覚えておこう

これから風俗のお仕事を始めるとなると必ず本入店前にパネル写真撮影を行う事になります。
グラビアやモデルなどの写真撮影でもそうですが、綺麗に写真に取られる方法があり、知っておくだけで活かす事ができますので幾つか紹介します。
①背筋を伸ばす
②肩甲骨を内側に寄せるとバストアピールできる
③立ち、座り、ひざ立ちなどのポーズがある
④腰からお尻を突き出す女性特有のラインでアピール
以上の方法が基本的に綺麗に撮影されるポイントの一例ですが、いくらプロのカメラマンからの指示であっても簡単にこなすのは困難を極めるでしょう。

No, マーク風俗のお店のパネル写真を事前に確認しておく事も参考にする事ができます。
他の女の子がどう撮影されているのかや自身がアピールできるポイントを重視し、バストサイズやウエストのくびれ、脚の長さなどアピールできる為のポーズ練習などを行ってみるのも良いでしょう。

まとめ

風俗のお店のパネル写真費用は高級店、大衆店などお店のグレードや女の子の質、お店の基本料金などの違いにより、お店が負担している場合もあれば自己負担の場合もあるとどこのお店に入店するかで異なる事がお分かり頂けたでしょう。

またパネル写真の出来次第で指名回数にも大きな開きが生じ、利用する男性客は好みの女性であるかの第一印象の見た目で決まる事も理解できたでしょう。
パネル撮影では加工、修正を加えたパネマジが主流のためどんな女性でも綺麗に映る事は出来ますが、加工や修正を入れすぎると男性客からの不満の声も上がり稼ぎにも影響してくる懸念もあるでしょう。
パネル写真で綺麗に撮られるポーズなどを練習したり、自身のアピール部分を写真に納める事ができれば自ずと指名回数も増えます。
パネル写真は自身を映し出すもう1人の自分となりますので、綺麗で可愛いく見えるパネル写真を撮影してもらいましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする