60代還暦女性が働けるホテヘルは体力的にも厳しい…

60代にもなってホテヘルで風俗嬢として働こうとなるととても大変で、体力的に持たないでしょう。
1日に何本もの仕事が出来ないため給料は低く、余裕がある生活を送るためのお金は稼げません。
それでもホテヘルを始めとするデリヘルや、ソープで働く還暦の女性がなぜ存在するのでしょうか。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

働いても稼げない

60代以上でも需要はある

60代還暦女性が働けるホテヘルは体力的にも厳しい…風俗に60代以上の風俗嬢がいる理由は、お客さんからの指名があるからです。
つまり、多少の需要はあるためお店に採用されるのでしょう。

現に、インターネットで「還暦風俗店」と調べて下さい。
意外にも数多くの還暦熟女専門店がヒットすると思います。
それほど需要があるということなのです。
驚くことに東京都の熟女専門店には、80歳以上の風俗嬢が在籍しているお店もあります。

果たして指名があるのかは不明ですが、60歳以上の風俗嬢は一定のジャンルとして人気があるのです。
少しお小遣いを稼げるちょっとしたバイト、という感覚なのでしょうか。
60歳以上は超熟と呼ばれるらしく、中には超熟専門店もあるほど。
この年齢になると人妻で働いている人はほとんどいませんが、長年風俗で働いてきた女性がそのまま流れて着いてくるそうです。

採用されてもあまり稼げない

お金を稼ぐためにお店に採用してもらいます。
お店によってはたとえ何歳だろうと採用してくれますが、そもそも体力的に働くのは難しいでしょう。
特に本番があるソープは大変で、デリヘルやソフトサービス店に比べるとハードルが高いです。

お客さんも高齢であるパターンがほとんどのためお互いに体力勝負だと思います。
超熟専門店に採用されるためには、風俗嬢として長年働いていなければ難しいです。
未経験で採用されたとしても技術がないためお客さんから指名されません。
60歳近くになりいきなり風俗で働こう、という考えは捨てて下さい。

たとえ採用されたとしてもバックが低いかつ、体力があまりなく仕事をこなせないため稼ぎは低いです。
風俗嬢=稼げる、という考えは若いうちだけになります。
一般的な仕事は歳をとると少しずつ給料は上がりますが、歳をとればとるほど稼げなくなるのが風俗なのです。
超熟女で稼げる風俗嬢は、最高でも月に6万円程度となります。

とても1ヶ月の生活費にはなりません。
年金と合わせるとギリギリ生活可能な額になるでしょう。
とはいえ、将来は年金が貰えなくなる可能性もあるので何とも言えません。

熟女専門店の現状

人気嬢の特徴

Ok, Good60代以上で人気がある風俗嬢の特徴を紹介します。
ただ何となく仕事をしているようでは人気は出ず、ほとんど稼げずに終わるでしょう。
せっかく風俗嬢として働くのであれば稼ぐためのテクニックを身に付けて下さい。

まず、サービスが良い人は何歳だろうと人気があります。
どういうことかと言うと、性的サービスの質が高い風俗嬢で、キスやフェラなどお客さんが喜ぶサービスを提供出来る人は人気があるのです。
これらのサービスはどうしても雑になりがちで仕事に対してのやる気が分かります。
適当にさっさと済まそうという風俗嬢の気持ちはすぐお客さんに伝わり、今後指名されなくなるのです。

60歳以上の風俗嬢になろうと性的サービスは丁寧かつ、一生懸命にして下さい。
続いて人気があるタイプは、接客態度が良い風俗嬢です。
60歳以上は特に、ホステスのような接客が出来る嬢に人気があり、話術で盛り上げられると指名は増えます。
いわゆる高級と呼ばれる風俗店で求められるテクニックで、接客が上手い風俗嬢はどこのお店でも重宝されるでしょう。

また、60代以上の風俗嬢を指名するお客さんは年配になるため、会話を重視したサービスの方に人気があるのだと思います。

熟女専門店による客集め

一見あまり需要がなさそうな60代以上の風俗嬢を取り揃えているお店は、他の熟女専門店と差を付けるためにわざわざ超熟を採用しているのです。
10年ほど前に熟女ブームが起こってから熟女専門店はかなりの数になり、お客さんの奪い合いが起きるようになりました。

人気があるお店はどんどん客入りが良くなり安定するようになりましたが、そうでない風俗店は毎日客集めに必死です。
そこで、30代や40代だけの風俗嬢だけではなく50代以上の女性も集める風俗店が出てきました。
他のお店にはないサービスを、と考えた結果が超熟と呼ばれる風俗嬢なのでしょう。
実際に需要があるのかというと、そこまでたくさんの人に需要があるわけではありません。

あくまでも一部の人たちに人気があるだけです。
それでも、60代以上になっても風俗嬢として働く、という選択肢が選べるようになったことは良かったのではないでしょうか。
風俗以外に働き方を知らない女性にとって居場所があることに意味があると思います。
1人だけで寂しくいるよりは、同じような境遇の人たちと一緒に居られる方が為になるはずです。

60代以上になってもなぜ風俗嬢として働くのか

60代以上になっても風俗嬢として働く理由は何なのでしょう。
その歳になってまでわざわざ自分の身体を売って稼ごうとは思いませんよね。
ハードな仕事の割には若い風俗嬢ほど稼げるわけでもなく、年金や生活保護で細々と生活をした方がいいように思えます。

不景気で生活費が足りないから

チェックリスト日本はバブルが弾けてからずっと不景気で、一向に景気が良くなるようには見えません。
昔は入社した会社で長年働き続ければ自動的に給料は上がっていましたが、今はほとんど給料は上がらず税金ばかりが引かれます。
そのため生きていくだけで精一杯であまり無駄な出費はせず、貯金をする若者が増えました。

高齢者はというと、昔は多くの年金をもらえましたが今はそこまで多くありません。
その割に物価は上がり、税金も上がり生活に苦しむようになりました。
そのため、貯金がない高齢者は年金だけでは食べていけず働くしかないのです。
60歳を超えて働こうとしてもあまり働き口はないでしょう。

あったとしても今までの仕事を生かしたものか、資格がいるようなものになります。
風俗1本で食べてきた女性は結局風俗嬢を続けなればならず、超熟として風俗嬢としてデリヘルやソープで働くのです。

世間話をするため

生活費のために風俗嬢として働いていることも理由の1つですが、同じような境遇の人と世間話をするため、というのも嬢として働きている理由になります。

1人だけの生活は寂しいもので、どうしても他人のぬくもりが欲しいと思いますよね。
風俗嬢になれば待機室で世間話が出来るので助かるのでしょう。
ある意味、孤独な高齢者のためになっているのです。
お店によっては待機室に飲み物やお菓子を用意しています。

あまりお金がない高齢者にとっては有難く、少ない雑費で多少は飲み食い出来るので助かっているのではないでしょうか。

まとめ

還暦を超えても風俗嬢として働こうとなると体力的にかなり辛く、指名の少なさからそこまでお金は稼げません。
月に6万円も稼げればマシな方で、ほとんどはその半分くらいでしょう。

少しの生活費にしかなりませんが、同じような境遇の嬢と集まれるため助けになっています。
また、お客さんとも同じような年齢となるので気持ちを共有出来るのでしょう。
少子高齢化の日本は、今以上に熟女のジャンルは人気が出ると思います。
60代以上の風俗嬢もどんどん増えていくはずです。

波に逆らわず長年風俗嬢として働き続けるか、それとも貯金を元に風俗嬢を辞めるか真剣に考えて下さい。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする