デリヘル嬢リアルな収入を公開!働き方によってこんなに違いが…

デリヘルという職業は風俗の中で最も店舗数が多いですが、安定して稼げるかといわれたらそうでもありません。
給料は年齢や容姿による商品価値と働くお店によって大きくかわります。

お店によっては厳しいノルマを科しているのにもかかわらず、安いバック率で働かせていることも少なくありません。
給料はお客さんがついた人数によって変動する歩合制なので、大きく稼ぐにはランキング上位のナンバー嬢になって指名客を増やし、オプションをこなしていく必要があるのです。
デリヘル嬢は雑費の他にも衣装代やエステ代、ヘアメイク代など出て行くお金もおおいので収入は見た目以上に少ないのです。
安定した職業とはとても言えず、社会保障もなければ、いつ性病にかかるかわからない、常に収入を失うリスクと背中合わせの大変な職業なのです。

今回はデリヘル嬢のリアルな収入について現役風俗嬢に話を伺ってみましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

働き方によってまるで違うリアルなデリヘル嬢の収入公開

お金デリヘル嬢の給料は働き方によって激しく上下します。
シフトや地域やこなすオプションによって全く違う収入になります。

具体的にどれくらい違うのでしょうか?
稼げるデリヘル嬢は月100万は稼いでしまいますが、指名が増えないデリヘル嬢はその半分すら稼げません。
ではどのように勤務して、どの程度給料を稼いでいるのでしょうか。
勤務実態と月収を現役デリヘル嬢に匿名で伺ってみました。

名古屋デリヘル20歳

「都内で週5で月20回、月収80万円くらいかな」
名古屋の店舗で勤務するAさんは将来自分のショップを持つために20歳の現在デリヘル嬢として働いています。
容姿はあまり優れていない彼女ですが、持ち前の愛嬌とお客さんに尽くすサービス精神でお店に欠かせない存在です。

目標金額に到達したらスパっとやめる予定のため、体が動くうちは待機時間8時間以上の鬼出勤モードで稼ぎます。
週5回という過酷な日程ですが、生理の日以外はなるべく出勤し、たまに旅行に出かけるときだけ大きく休みを取っています。
日給換算ではおよそ4万円、平均的な風俗嬢の日給ラインを稼いでいます。

四国デリヘルぽちゃ26歳

「四国のデリ、週5で月20回で40万円です」
一方Bさんは四国のデリヘルで働いています。
週5勤務、待機時間8時間と条件的にはAさんとかわりません。
しかし同じ時間働いてもその2分の1程度しか稼ぐことができません。

彼女はちょいぽちゃ系デリヘル嬢のため、コース料金やバックが低いのです。
また、働くエリアによっても給料が変わり、都心部は高め、人口の少ない地方にいけばいくほど給料は少なくなります。
風俗の場合歩合制なので待機時間は給料にカウントされず、働く地域、働く店舗によってここまで差が出てしまうのです。
Bさんの場合、ハードなオプションをこなすことで指名客がじょじょに増えてきますが、平均の水準に達するのはなかなか難しいようです。

大阪人妻デリ38歳

お金「あたしは月17日で月収48万円、昼職と子供いるからこれ以上は無理です」
大阪在住Cさんは昼職の傍ら人妻デリヘル嬢として月に17回接客します。
自宅待機で一日2、3人を接客し、まったくお客さんがつかないときをあわせて平均して一日3万円弱稼いでるということです。

子供がいるのでこれ以上稼ぐことは厳しいですが、昼職があるので収入は安定しています。
無理なペースで働いて身体を酷使するより、これくらいのほうが彼女にとっては万全な体調でサービスを尽くせるのです。
貧困だった彼女も夜の仕事をすることで大きく生活が楽になりました。
48万円は昼職で稼ぐ収入の二倍以上の金額なので、子供の教育費を貯蓄して、好きな旅行を楽しめる十分すぎる収入ということです。

九州人妻本デリ32歳

「本デリですが週末勤務で月8日でだいたい月収48万くらいです」
一方Dさんは同じ48万円をわずか8日で稼いでしまいます。
2児のシングルマザーであるDさんは九州の本デリで働いているので大幅に稼ぎを増やすことが可能なのです。

本デリ(DC)とはデリヘルにいわゆる本番行為が含まれるサービスのことで、本番行為は当然コース料金も高くなり、少ない日数で大きく稼ぐことができます。
しかし本番行為は性病のリスクを跳ね上げ、法律的にも推奨できず、グレーゾーンの状況で働かないといけません。
(摘発されることもあるので、通常のデリヘルで本デリサービスを要求されたら断ってかまいません。

週2,3回出勤で50万を超える金額を稼げるのは非常に魅力的なのですが、お客さんによってはNS(ゴム無し)サービスを強要してくることもあり、なにかと気苦労がたえないので、もらえる金額ほど楽ではないかもしれません。

鶯谷格安デリ42歳

「5時間出勤を月10回で6万・・・昼職のほうが給料高い」
熟女系格安店に勤めるEさんのケースです。

だいたい一回の出勤で6000円が日給となり、時給換算にすると1200円という状態です。
彼女が若い時代はヘルスでナンバー嬢をつとめていましたが、浪費癖があったことで稼いだ額を貯蓄できず、だらだらと風俗の仕事を続けてしまいました。
やがて歳をとることで指名が減っていき、昼職をはじめたもののそれだけでは安定できず、片手間で熟女デリヘルで生活費を稼いでいます。
アラフォーとなったいまでも現役で頑張る姿は立派ですが、出勤しても二日に一度はお茶だったりと先行きは芳しくありません。

ダラダラ風俗を続けていても幸せになれないので、若い頃から計画的な目標を立てることで、風俗に頼らなくても生活できる生活基盤を整えましょう。

六本木高級デリヘル20歳

大阪「高級デリ月収250万5時間出勤を月9回」
一方将来アナウンサーになるのが夢のFさんは学業の傍らで都内の高級デリヘルで働いています。

街で出歩けば芸能事務所やモデルにスカウトがかかるくらい容姿が優れている彼女は、高級デリヘルでもプレミア級のナンバー嬢として君臨しています。
高級デリヘルは客層が大衆的な通常店とは違い、経営者などの裕福層相手に店を構えてるため、店や女の子によっては一人150000円オーバーを稼ぐことが可能です。
所属する現役セクシー女優やモデル、キャビンアテンダントの中には一晩で百万オーバーを稼いでしまう女の子もいるほどです。
一回のサービス料金を高く設定しても利用する常連客がいるため、他のデリヘル嬢とは桁が違う金額を稼ぐことができています。

採用率は一流企業のそれよりも厳しく、容姿がよほど優れた風俗嬢ではないとまず採用してもらえませんが、年収にすると1000万オーバーを超える非常に夢がある世界です。
もしあなたが自分の容姿とプロポーションに自信があるのなら、まずは高級デリヘルから面接に行ってみてもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。

全国のデリヘルで様々な条件で働くデリヘル嬢のリアルな収入でした。
年収にしたら1000万オーバーを稼ぐことも可能ですが、一方でパートアルバイトなみの時給しか稼げない女性もいます。
同じ時間待機したところで、働くエリア、働くお店、女の子によってこれほど稼ぐ金額が変わってきます。
稼ぎが少ないと「客入りが悪いから」とお店を批判したくなりますが、稼いでる女の子たちは自分の努力によってお客さんを満足させています。

優れた容姿の女性でもサービスが悪ければすぐにお茶になってしまいますので、まずはお客さんにリピートしてもらうためにサービスを尽くしましょう。
それでも稼げず割の合わないお店で働いてると感じたら、働き方を見直すいい機会ではないでしょうか。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする