デリヘルの日給はあくまで目安でお客さんの本数で全然違う

風俗店でもらえる日給は歩合制になっています。
一部ピンサロ店では時給制を採用していますがほぼほぼ歩合制です。

ウエイトレスやコンビニバイトであればお客さんが来なくても時給はかわりませんが、風俗店ではお客さんがつくことではじめてお金が発生します。
よく風俗求人情報をみると日給3~10万円!日給保証○万円!などと書かれていますが、これらは本当でもあり、ウソでもあるのです。
なぜならひとりも接客できなかった場合、日給は0円になるからです。
風俗求人サイトでこれらの情報をみて「簡単に稼げるんだ」と思って働く女の子がまず陥るのがこの手の日給情報です。

風俗はたくさん稼げることができる職業ですが、楽に稼げるという意味ではないので注意してください。
お客さんがつけば額面通り稼ぐことができますが、全く稼げずフェードアウトしていく女の子もまた多いのです。
適切なお店選びと適切なサービスをすることさえできればきちんと稼ぐことが出来るので、今回はデリヘルの日給と注意点について解説しましょう。

デリヘルの日給のウソホント

デリヘルの日給はあくまで目安でお客さんの本数で全然違うまずはデリヘルの日給について解説しましょう。
デリヘルはコース料金60分で20000円、バック率が50%の店舗であれば、ひとり接客すると10000円が手元に戻ってくる計算になります。
これに本指名料やオプション料金が加算されたりするのですが、平均するとひとり接客して10000円をもらえるのが全国のデリヘル相場となります。

つまりデリヘルの日給を計算するのであれば、お客さんの人数×1万円で算出できます。
たとえば8時間勤務して5人に接客すれば約5万円が日給となり、1人しか接客できなかったら1万円となります。
だいたい都内におけるデリヘルの平均日給が6万円、地方では4万円が平均日給と言われていますので、あながち求人情報の「3万円」の見出しは間違ってはいないのかもしれません。
ただしあくまで目安にすぎません。

最終的に稼げるか稼げないかはあなた次第、お客さんを何人接客できるかにかかっています。
デリヘルで働こうとした場合、まず気にするべきは日給がいくらもらえるかよりも、体験入店をしてそのお店がどのくらい繁盛しているかを気にするようにしましょう。
お客さんの絶対数が多いお店で働いたほうが、あなたの日給を底上げしてくれるからです。

オプションをたくさんこなして日給UP!

日給にはお客さんがコース料金のほかに、キャストを指名するともらえる本指名料と、様々なオプションサービスをこなすことでもらえるオプション代が含まれます。
オプション料や本指名料やはキャストの手柄なのでほとんどのお店が全額を女の子にバックしてくれます。
中にはロングコースやオプションを大量に入れてくるお客さんもいるので、そうした太客相手に頑張ると給料をガッツリ増やすことができます。

お客さんがなかなかとれない女の子は、ハードなオプションをこなすことでファンが増え、指名も増えるので、NGを出さずになんでもやるようにしましょう。
もちろん気持ちが悪かったり、嫌だったりする気持ちはわかりますが、容姿やスタイルが周りより優れていない場合、お客さんを満足させる接客ができないと指名を増やすことができません。
あなたが嫌だと思えばおもうほど、そのオプションは周りの女の子も嫌がっています。
逆に率先してそれらのプレイを頑張ることで、周りのキャストと差別化できる上に、オプション料金で日給が増えていくのです。

そしてハードなオプションをこなすとお店も好感を持つのでフリー客をたくさん回してくれるようになります。
たとえあなたの容姿が優れていなくても、ハードなプレイをこなすことでフリー客も本指名客も増やせるアドバンテージを持つことが出来るのです。
中には指名をふやすためAF(アナルファック)や本番行為を平気でするデリヘル嬢もいるほどです。
もちろんどうしてもダメなオプションはNGにできるのでその点は安心です。

デリヘルの日給のカギはお客さんの本数が最も大事、その次にオプションや指名料が大事、そうおぼえておきましょう。

確実に日給が保証される日給保証はオススメ!?

お金 木初心者の頃はリピーターも少なく自分が想像していたように稼げないデリヘル嬢が多いでしょう。

客入りのいいお店ならまだしも、お客さんが少ない店だとどうしても期待した以上にお客さんが回ってきません。
いざ接客しても緊張して満足なサービスをすることができず、せっかくのお客さんを逃がしてしまうことも多いです。
やはりデリヘル嬢の収入を安定させるのは常連客がカギなので、満足なサービスもできない最初の頃は稼ぐ金額も少なく、やる気を失ってしまう女の子もいます。
そこで風俗店では日給を保証することで安心して働ける環境を整えています。

日給保証=楽に稼げる!?

風俗店の中には日給保証をつけて働ける店舗があります。
デリヘルよりヘルスにおおく、無店舗型より店舗型のお店に多いです。

日給保証があることで、たとえお客さんが0人だったとしても、日給を貰うことができ、精神的に安定して出勤ができるのが最大のメリットです。
ただし「保証があるなら適当に接客しても大丈夫だね」と思ってしまう女の子もいるため、お店はある程度条件をつけます。
Ok, Good1月に○日以上、オーラス出勤
2写メ日記を定期的更新
3入店後○ヶ月まで
4雑誌・HPに顔だしをする
5無断欠勤をしない
6月に本指名客○人以上獲得する

このように厳しい条件をつけて働くことでやっと日給保証をつけてもらうことができます。
楽して稼げるというわけではないので注意が必要です。
お店によって条件はまちまちなので、必ずしもこれらすべての条件をクリアする必要はありませんが面接で条件を聞いてみましょう。
お店も利益を出さなくてはいけないので、地雷接客などをされないようにちょっと厳しめに条件を出してきます。

しかしあなたが抜群の容姿であったり、以前別の風俗店で働いていて太客を何人も持っている、となると話が別です。
そのような女性はお店側もどんな待遇をしてでも働かせたいのです。
アイドル級の容姿であれば客寄せ効果は抜群で、固定客をたくさん抱えた女性ならサービスの質がいいという折り紙つきです。
日給保証10万円、雑費0、寮費、送迎無料などありえない待遇をして迎えてくれます。

このような高待遇のキャストをみると「なんだ、私って全然期待されてないじゃん」と下を向いてしまいがちですが、そもそも保証は「それ以上稼げる」と思われた女性に付けることがほとんどなので気にする必要はありません。
むしろ保証だけをあてにして働くのは全くオススメできません。
その理由はサービスの質がいつまでたってもあがらないからです。
それよりも無保証でひとりひとりに接客を尽くし「指名を何としても返してもらう」と必至になれるデリヘル嬢のほうが日給保証にすがる女の子より稼ぐようになります。

あると安心の日給保証ですが、本当に稼げる風俗嬢は、それに依存しなくても十分稼ぐことができるのです。

まとめ

いかがでしょうか。

このようにデリヘル嬢の日給はお客さんの数によって全く違うものになります。
日給を増やせるかどうかはあなたのサービスの質にかかっています。
とにかくお客さんを返すことだけにフォーカスして、サービスを尽くしましょう。
あなたが指名を増やすことでお店も潤い、待遇もよくなり、稼げる日給も増えていくのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする